2020年01月31日

ポーン・ロボット/YAだというけれどとてもよくできたSFで感嘆!引っかかるところの全くない無駄のない自然な設定にも感動!

私(母)が地域の図書館で見かけて借りてきた。新刊本のコーナーにあった。2019年3月、初版1刷だ。あらすじを書くだけでもネタバレになりそうなので、何も書けない!どうしよう?!

何も知らずに手に取って読めたことに感謝しているくらいだもの。これを読もうとする皆さんにも是非、先行意識ゼロで読んでほしいと思ってしまう。

子には「これ、面白かったわ」と一言言って手渡した。

ちなみに、内容が濃いわりに結構あっという間に読めた。内容がとても濃かったので「あっという間に読めた」という感じがまったくなくてものすごい重厚な読了感。

開成社の公式HPによるあらすじ
ある日、主人公の宇喜多千明は、全身黒でおおわれた奇妙なランナーを夜の町で見かける。翌日、千明のクラスメートが、家族とともに蒸発した。 夏休みに入り、千明は商店街を歩いていて、万引きしている青い髪の少女を目撃する。そこで千明は自分に異様な力があることに気づくが、そこで気を失ってしまう。意識がもどった千明が帰宅すると、そこに家はなく、両親も行方不明になっていた……。
町になにかがおきている! 千明は、妹の理央と救護施設で知り合った田丸と3人で、原因究明に乗りだす。

著者略歴
森川成美(もりかわしげみ)
東京都在住。大分県出身。東京大学法学部卒業。2009年「アオダイショウの日々」で、第18回小川未明文学賞優秀賞受賞。作品に、『くもの ちゅいえこ』、共著に『ちょーコワ!最凶怪談』、『こわい!闇玉』、『プリンセスがいっぱい 5つのお話』などがある。日本児童文学者協会、日本児童文芸家協会会員、『季節風』同人。

田中達之
1965年福岡県生まれ。アニメーション監督、イラストレーター。映画『AKIRA』の原画、ゲーム『リンダキューブ』キャラクターデザイン(CANNABIS名義)、映画『Genius Party Beyond「陶人キット」』では、監督・作画・美術監督を担当した。近年では数多くの書籍の装画なども手がける。京都精華大学講師。
この著者の書籍一覧を見る


ポーン・ロボット

新品価格¥1,320から(2020/1/30 14:23時点)

中古価格¥376から(2020/1/30 14:23時点)


開成社公式HP → こちら




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

星新一 ショートショート1001/好きが高じてとうとう全集に手を付けた、広辞苑かと思うような巨大な本を借りてきた!


星新一 ショートショート1001
星 新一
1998/12/1
新潮社

広辞苑かと見間違うようなぶっとい本を借りてきた。星新一を探したらこんなのが3冊分冊で置いてあったのだそうだ。そのうちの1巻目を借りたのだった。中身はほぼ新品。誰も読んだ形跡がなかったよ。子に言うと、子もそのことを気にしていた。気持ちが良いと言えば気持ちよいけれど。

全集のようなものかなと思いながらアマゾンを調べてみたところ、
「星新一氏の文庫本39冊にわたる全短編、さらに文庫未収録ショートショートを加え、全1048編を収録。第1巻「1961‐1968」、第2巻「1968‐1973」、第3巻「1974‐1997」の3巻構成。」
とのこと。

しかもレビューのよいこと、よいこと。これを家に置いて何度も読むのだそうだ。子もいずれ大人買いして繰り返し読みそうな勢いである。

子も「どれを読んでどれが未読か、わからなくなった」と言っていたが、レビューにも同じ記載がある。年代順に並んでいるこういうのを順番に読んだほうがいろんな意味で良いのは確かだ。が、持ち歩き用ではないな(笑)。

ちなみに、子が見せてくれた本は表紙がほぼ真っ白だった。アマゾンを見ると紫色だったのでびっくりした。経年劣化だろうか。としたら、この本は?と思ったら初版本だった。1998年に購入されて以来、だれも読まなかったということ?これはこれで、センスと才能があればホラー短編の1本でもひねり出せそうな設定だなぁ(笑)(笑)(笑)。

収録作品、第1巻
ボッコちゃん
ようこそ地球さん
悪魔のいる天国
ボンボンと悪夢
宇宙のあいさつ
妖精配給会社
おせっかいな神々
ノックの音が
エヌ氏の遊園地
きまぐれロボット
妄想銀行
盗賊会社
マイ国家

ここから第2〜3巻
午後の恐竜
白い服の男
ひとにぎりの未来
おみそれ社会
だれかさんの悪夢
未来いそっぷ
なりそこない王子
さまざまな迷路
ちぐはぐな部品
おかしな先祖
殿さまの日
城のなかの人
かぼちゃの馬車
ごたごた気流
夜のかくれんぼ
おのぞみの結末
たくさんのタブー
どこかの事件
安全のカード
ご依頼の件
地球から来た男
ありふれた手法
凶夢など30
どんぐり民話館
これからの出来事
つねならぬ話
文庫未収録ショートショート

星新一 ショートショート1001

新品価格¥34,560から(2019/7/20 12:07時点)

中古価格¥29,800から(2019/7/20 12:07時点)






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:全集 SF 星新一
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

YAセレクションきつね小僧・ゆきとどいた生活/5月から学校で読んでいる本は星新一、とにかく大好き


星新一YAセレクション 全10巻
9 きつね小僧 2009/12/1
3 ゆきとどいた生活 2008/12/1
著者 星新一
イラスト 和田 誠
理論社

学校の図書館がまだ使えない。5月ももう下旬になろうとしているし、学校では読書を推進しているのにのんびりしたものだ。が、こんなものだろうか?ということで4月は家にあった「ほらふき男爵(これはもともと大好き、何度も読んでいる)。や「怪盗ルパン(これは古典なので中古で買ってあたのだが、子によるといまいちだったらしい、私は大昔友人に勧められて読んだが挫折しているm(__)m)などを持って行ったりしていたが、5月からは公立図書館から借りてきた星新一を持って行って読んでいる。五月の連休明けから2冊のペースだ。読むのがどんどん速くなってるかも。

星新一はとにかく、面白いのだと子が力説する

どちらもものすごく面白いそうだ。なかでも、「ゆきとどいた生活」の中の表題の「ゆきとどいた生活」がぞぞっとしてものすごい充実感だったらしい。

あらすじを教えてくれたのだが、大昔に読んだ記憶が蘇ってきた。

ネタバレするけれど、今考えるとリスク回避対策は万全になされているはずなのでこういうことは起きないだろうなぁ。けれど、例えばリスクヘッジなどと言う言葉が日常用語になったのはいつ頃だったんだろう。そのように考えると、子のようにまだまだリスクヘッジにまで考えの及ばない世代にとって、この小説の意味はとても深いだろうなぁ。


9 きつね小僧

1、港の事件
2、背中のやつ
3、海岸のさわぎ
4、頭のいい子
5、きつね小僧
6、タロベエの紹介
7、カード
8、企業の秘密
9、特殊な能力
10、先輩にならって


3 ゆきとどいた生活

1、ゆきとどいた生活
2、愛用の時計
3、白い記憶
4、水音
5、蛍
6、悪をのろおう
7、ごうまんな客
8、探検隊
9、最高の作戦
11、顔のうえの軌道
12、椅子
13、善良な市民同盟
14、闇の眼
15、むだな時間
16、流行の鞄


20190521_1.jpg

きつね小僧 (星新一YAセレクション)

新品価格¥1,512から(2019/5/21 18:52時点)

中古価格¥3,024から(2019/5/21 18:52時点)

20190521_2.jpg

ゆきとどいた生活 (星新一YAセレクション)

新品価格¥1,512から(2019/5/21 18:54時点)

中古価格¥639から(2019/5/21 18:54時点)



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:星新一
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

リスト★星新一YAセレクション 全10巻中星6冊/新中1春休みまとめ読み〜親はもう子のスピードにまったくついていけないm(__)m


星新一YAセレクション 全10巻
著者 星新一
イラスト 和田 誠
理論社
2013/4/1
1 死体ばんざい 2008.08 
2 殺し屋ですのよ 2008.10 ← ここまでえぐくしなくてもいいのに(子の感想)。
4 夜の侵入者 2009.02   ← ものすごく面白かった!(子の感想)。
5 あいつが来る 2009.03
6 あるスパイの物語 2009.06 ← ものすごく面白かった!おすすめ!(子の感想)。
8 不吉な地点 2009.10

図書館の本棚に並んでいたものを全部借りてきた。つまりは星新一ならばと手あたり次第に借りた。6冊借りたのに2日で読んでしまった。1日2〜4冊のペースだった。食事と睡眠以外は読書である。どの1冊もすべて面白い!と言っていた。

怖いのも多いらしい。「おお怖っ!」と叫びながら読み続けていた(笑)。とにかくとりつかれたように読みふけっていた。私だって忙しくなければ一緒に読むのに。学校の変わる春は忙しすぎる。

時々子が印象的だったものを音読してくれる。たまに覚えているものがある。覚えていると言っても、文章を読んで自分の頭の中に描いた風景がデジャブなのだ。昔もこれと同じ風景を頭の中に描いたことがある!って、思い出すのだ。そのことを子に言うと、面白そうに目を輝かせて聞いてくれた。

以下、理論社の公式ホームページとアマゾンから整理整頓してみた。

1 死体ばんざい 2008.08 
霊柩車で搬送中の死体が、荷台からそっくり姿を消した! いったい何処にいったのか? そこには、思いもかけないストーリーが 。1巻に収録された「死体ばんざい」をはじめ、ユーモアとウィットに富んだショートショートが満載! 充実のラインナップ。

影絵
ある休日の午後
来訪者たち
才能
こころよい人生
想像のなか
なにかの縁
あれ
ひとつのタブー
品種改良
勝負
死体ばんざい

2 殺し屋ですのよ 2008.10
ある別荘地の朝。会社の経営者,N氏の前に若い女性があらわれた。彼女はライバル会社の社長を殺してくれるという。どうやって?

すばらしい星
ツキ計画
殺し屋ですのよ
暑さ
猫と鼠
生活維持省
年賀の客
冬の蝶

処刑
弱点
不満
宇宙からの客
霧の星で
小さな十字架

4 夜の侵入者 2009.02 
夜,ひとり暮らしの女のもとに,見ず知らずの男がたずねてきた。女の職業は映画の撮影所に勤めるメイク係。そして男の頼みとは?

夜の侵入者
鋭い目の男
転機
再認識
年間最悪の日
模型と実物
組織
儀式
夜の嵐
ちがい
逃げる男
首輪
対策
不景気
公園の男
となりの住人

5 あいつが来る 2009.03
「あいつが来る」と叫び,やがてキミョウな死に方をする,そんな不可解な事件が多発している。しかも調べていたルポライターまで…。

その夜
治療
タイムボックス
適当な方法
タバコ

美の神
ひとりじめ
奇妙な社員
古代の秘法
死の舞台
マスコット
隊員たち
夜の声
夜の道で
あいつが来る

6 あるスパイの物語 2009.06 
R国に潜入し,同志に重要な書類を届けるという任務を負ったスパイ。ところが,R国で秘密警察にとらわれてしまって…。短編集。

機会
権利金
魅力的な薬
夜の事件
愛の指輪
天罰
あるスパイの物語
住宅問題
信念
美味の秘密
陰謀団ミダス
海のハープ
ねらった弱味
お願い
ミドンさん

8 不吉な地点 2009.10
猟にやってきた男、遊んでいた女、不審な二人組…雪の降る季節に不吉な出来事がおこる場所とは? 表題作を含む12編収録。

黒い服の男
自信
不吉な地点
一家心中
つきまとう男たち
背中の音
違和感
悪の組織
おかしな青年
逃亡の部屋
勧誘
車の客


星新一YAセレクション 全10巻
著者 星新一
イラスト 和田 誠
理論社
2013/4/1

霊柩車で搬送中の死体が、荷台からそっくり姿を消した! いったい何処にいったのか? そこには、思いもかけないストーリーが 。1巻に収録された「死体ばんざい」をはじめ、ユーモアとウィットに富んだショートショートが満載! 充実のラインナップ。

1 死体ばんざい 2008/8/1
2 殺し屋ですのよ 2008/10/1
3 ゆきとどいた生活 2008/12/1
4 夜の侵入者 2009/2/1
5 あいつが来る 2009/3/1
6 あるスパイの物語 2009/6/24
7 妄想銀行 2009/8/1
8 不吉な地点 2009/10/1
9 きつね小僧 2009/12/1
10 うらめしや 2010/2/1


20190405_1.jpg

死体ばんざい (星新一YAセレクション)

新品価格¥1,512から(2019/4/5 19:03時点)

中古価格¥308から(2019/4/5 19:03時点)



20190406_1.jpg

星新一YAセレクション【全10巻セット)

新品価格¥15,120から(2019/4/5 19:07時点)

中古価格¥12,800から(2019/4/5 19:07時点)


理論社、星新一YAセレクション(全10巻セット)公式HP → こちら
アマゾン「星新一YAセレクション」検索HP → こちら



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:星新一
posted by kaho at 00:00 | Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

宇宙のあいさつ(星新一ちょっと長めのショートショート1)/小学校から借りてきた最後の本、親子で同じ本を読み続けた小学校生活が終わる最後の3冊の中の1冊その3


ちょっと長めのショートショート1
宇宙のあいさつ
作者 星新一
画家 和田誠
2005年8月初版
2006年4月第三刷
理論社

1、華やかな三つの願い
2、夜の流れ
3、宇宙のあいさつ
4、契約時代
5、興信所
6、振興策
7、願望
8、期待
9、理想的販売法
10、名判決

星新一を続けて読んだら、題名と内容が一致しなくなる。どこかに簡単なあらすじの一覧表があればいいのに。ネタバレでよいから。

題名に書いたようにこの本で、子の小学校図書館生活は終了である。たくさんの本を借りてきた。1冊残らず、かならず私に手渡してくれ、読んだかどうかを確認してから返却していた。読書体験を親子で共有できたのは本当に幸せなことだったと、心から思う。

テレビも映画も同様に一緒に見た。学校の話もその合間にたくさん聞いた。友達もたくさん連れてくるので、楽しかった。子のとても楽しい小学校生活を、一緒に楽しませてもらった。

私の友人に勧めてもらった童話館の配本とCTP絵本を子を膝の上にのせて読み続けたことの延長上に、こんなに豊かな子育て生活が待っているとは、全然想像していなかった。子を持てたことも幸せなら、育てることができたことも幸せ。メディアの共有体験は幸せをさらに深く豊かなものにしてくれた。

すべてのお子さんが本を好むとは限らない。読み聞かせが良いのは一般的に言われていることではあるけれど、膝の上でじーっと聴くことをしない赤ちゃんもいると思う。共有する体験は本である必要はない。さらに言うと体験を共有することそのものに固執することもない。お子さんの視線の先にあるものを追ってみる。手にしているものを一緒に触ってみるだけでも十分と思う。何もしないお子さんであればお子さんをじーっと見ていてあげることも大切な時間だろう。親子といっても、大人と赤ん坊ではあっても、究極的には人と人とのかかわりだ。相性が良くない場合はそれなりの距離の取り方を模索してお互いが可能な限り幸せでいられる空間を作ることが必要かもしれない。子育ての中身は十人十色。本当にしみじみとそう思う。




星新一ちょっと長めのショートショート〈1〉宇宙のあいさつ (星新一ちょっと長めのショートショート (1))

新品価格¥1,512から(2019/3/2 16:10時点)

中古価格¥600から(2019/3/2 16:10時点)


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:星新一
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

重要な任務(星新一ショートショートセレクション10)/最後の3冊の中の1冊その2、表題の「重要な任務」最高


ショートショートセレクション10
重要な任務
作者 星新一
画家 和田誠
2003年3月初版
2004年7月第四刷
理論社

1、重要な任務
2、ホンを求めて
3、街
4、小鬼
5、過渡期の混乱
6、しあわせなやつ
7、目撃者
8、みつけたもの
9、出口
10、三段式
11、買収に応じます
12、樹
13、大洪水
14、新しい遊び
15、どんぐり民話館


私的には一番最初の「重要な任務」が最高に面白かった。あとは少しバタバタしている感じがしたのだけれど、前記事にも書いたように星新一のショートショートは好みがものすごく分かれる。子もそのことがわかってきたのか、「この本の中でどれが一番面白かった?」と聞いても素直に答えてくれなくなった。


20190302_2.jpg

星新一ショートショートセレクション〈10〉重要な任務

新品価格¥1,404から(2019/3/2 15:56時点)

中古価格¥759から(2019/3/2 15:56時点)





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:星新一
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

奇妙な旅行(星新一ショートショートセレクション4)/小学校最後に借りた3冊のうちの1冊、級友たちと盛り上がっているらしい


ショートショートセレクション
奇妙な旅行
作者 星新一
画家 和田誠
2002年2月初版
2003年11月第八刷
理論社

1、宇宙の英雄
2、魔法の大金
3、人間的
4、博士と殿さま
5、小さな世界
6、とんでもないやつ
7、笑い顔の神
8、魔法使い
9、奇妙な旅行
10、出来心
11、非常ベル
12、税金ぎらい
13、指紋
14、保護色
15、箱
16、未知の星へ
17、重要なシーン

今どきの学校の図書館は新作をたくさん購入していると思う。私が初めて星新一を読んだころ、SFやミステリー、時代モノの本は友人同士で貸し借りしていた。当時は貸してくれた友達に感想を言うのが当時の巷での礼儀(?!)というか作法(?!)だったのだが、星新一のショートショートほど好みが分散する物語もなかった。

私的には、この本に集められている物語は超好みである。

この本も、ところどころ記憶にあるシーンが脳裏に現れる。初出は50年以上前だったりするんだなぁ。半世紀というと隔世の感があるのだが物語そのものは新鮮そのもの。とても新しく感じる。

20190302_1.jpg

星新一ショートショートセレクション〈4〉奇妙な旅行

新品価格¥1,404から(2019/3/2 15:46時点)

中古価格¥384から(2019/3/2 15:46時点)





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:星新一
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

長編リスト★とんとん拍子(星新一ちょっと長めのショートショート4)/文章が本当に素晴らしい、長め好きにはものすごく楽しかった、長編を読んでみたいと思った


ちょっと長めのショートショート4
とんとん拍子
作家 星新一
画家 和田誠
2006年1月初版
2006年7月第三刷
理論社


1、重なった情景
2、とんとん拍子
3、ほられた男
4、まわれ右
5、西部に生きる男
6、追跡
7、最後の事業
8、条件
9、宇宙通信

どれも怖い。が、理論的に切れの良いものは多少は怖さが軽減する(のか)?(笑)。

「明日返すんだから読んでよ」とせかされて急いで読んだ。読んだ記憶がところどころにある。物語を覚えているのではなく、読んだ時に脳裏に思い浮かぶ光景に見覚え(?!)があるのだ。これだけ具体的な光景を頭の中に思い浮かべるのだから、ものすごい文章力なんだなと改めて感動する。星新一の長編を読んでみたいなぁと、この本を読んで思った。調べてみたら数編あるみたいだ。子に頼んでみようかな。あるといいな。

長編はフィクションでは

気まぐれ指数
夢魔の標的
ブランコの向こうで
声の網(短編連作)

ノンフィクションでも

人民は弱し、官吏は強し
祖父・小金井良精の記
明治・父・アメリカ

明治の人物誌
夜明けあと

ほかにもエッセーが多数あるみたいだ。私は昔から短編は好まない。世界観に入ったと思ったら終わってしまうというのが大きな理由だ。

星新一といえばショートショートしか思い浮かばなかったが、中編を読んではっとした。本当に文章が素晴らしい。そもそもこんなに具体的に順番どおりに情景が頭の中に浮かぶなんてすごいことだ。私こそ書写して多少でも近づけるようにしたいと思った。

そうそう、Wikipedia みてなるほどと思ったのだけれど、大伯父に森鴎外が。血縁に作家、歌人、研究者多数。お父様もものすごい人だったんだなぁ。若いころにもそのようなことを見聞したことはあった。が、こんなこと、若いころにはまったく気にならなかった。

20190301_7.jpg

星新一ちょっと長めのショートショート〈4〉とんとん拍子 (星新一ちょっと長めのショートショート (4))

新品価格¥1,512から(2019/3/1 16:04時点)

中古価格¥446から(2019/3/1 16:04時点)






星新一 Wikipedia  → こちら
星新一、長編 → こちら






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:星新一
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

ボタン星からの贈り物(星新一ショートショートセレクション14)/すばらしい文章!書写すると勉強になるかも?内容はブラックすぎ?!(笑)


星新一ショートショートセレクション(14)
ボタン星からの贈り物
作家 星新一
画家 和田誠
2004年1月1日 初版
2004年4月15日 第四刷
理論社

2冊一度に学校の図書館から借りてきた。そのうちの1冊を私に貸してくれて(又貸し?、笑)、もう1冊は毎日学校まで持っていく。少しずつ進んでいるらしい。隙間時間に読んでいるらしい。けどもうすでに1週間経過しているのだから、全然進んでいないともいえる。間に地域の図書館から借りてきた本を家では挟んでいるのだから、進むわけないのだけれど。けど、それでも星新一は面白い。

私は大昔に読んだ記憶のあるものが時々ある。この本の中には特にそれが多かった。とてもブラックな1冊だ。その中で「マッチ」だけは、流されてうまくいった!という私の大好きな方向に進む話で気持ち良い。表題の「ボタン星」はあまりにもブラック。最後の「午後の恐竜」も無意識になぞ解きをしているうちにぞくっとする結論に至るというブラックさ。

子がなかなか子の分を読み終わらないので、こちらが読み終わっても交換できないm(__)m。

それにしても、文章が上手だ。文章の練習に書き写すの、ありかもしれない。

もくじ
1、おみやげを持って
2、指導
3、夏の夜
4、マッチ
5、ひとつの装置
6、宝船
7、すばらしい星
8、分工場
9、輸送中
10、友だち
11、ボタン星からの贈り物
12、終末の日
13、午後の恐竜



20190301_1.jpg

星新一ショートショートセレクション〈14〉ボタン星からの贈り物

新品価格¥1,404から(2019/2/27 16:12時点)

中古価格¥88から(2019/2/27 16:12時点)


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:星新一
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

さもないと(星新一ショートショートセレクション9)/受験後の最初の1冊は星新一!(読後追記あり!)


ショートショートセレクション9
さもないと
星新一
和田誠 絵
2003年1月 初版
2004年7月 第四刷
理論社

遊ぶのに忙しすぎる。なので本を借りてきてもなかなか読めないらしい。が、少しずつ読んでいるらしくて学校に持って行ってしまうのだ。なので、親は読むことができない。私は私で公立図書館で借りるからメモ代わりにと声をかけて写真を撮って記録代わりにしている。

星新一が面白くて仕方がないという。

私も嫌いではなかったけれど子ほどではなかった。私の場合は、子同様に星新一が大好きだった友人が全部貸してくれた。

本の貸し借りといえば、誰が何を貸してくれたのか、覚えている本もあれば記憶にないものもちらほらある。読書記録として一冊のノートにまとめておけばよかったなぁと今頃になって思う。記憶力に何の疑問もない間は記録の大切さに思い至らないのも確かで、子も記録をしたがらない。それでも時々、私のとっておいた写真を当てにすることがある。やっぱり記録って大切じゃんね。


もくじ

1、ある一日
2、書斎の効用
3、川の水
4、印象
5、生きていれば
6、捕獲した生物
7、お寺の伝説 (←追記、子のお気に入り)
8、小さなお堂
9、ふしぎな犬
10、双眼鏡 (←追記、私のお気に入り)
11、音色 (←追記、私、昔読んだ記憶よみがえる〜)
12、さもないと
13、領主の館
14、征服の方法
15、旅の人
16、青年とお城


ということで読めていないので内容をとかく言えないのだが、題名からの印象では本の題名もなっている「さもないと」がダントツで面白そうである。さて、実際に読んだらどんな感想を抱くかな。子の読了を見計らって子の感想も聞いてみよう。

後日談(20190218記)
日曜日の朝、起きてこないと思ったら布団の中で読みふけっていた。読み終わってやおら起きてきて、本を手渡してくれる。月曜日には返すので急いで読んでねって。読んでみたら、1作だけ、大昔に読んだ記憶のよみがえる話があった。それも虚無僧がヒョウタンを持っていた、というくだりだけを覚えているというものすごいピンポイントだ(原風景に近い記憶の仕方だなぁ)。子は、ワルが環境によって見かけ上更生してしまうお話が好きだと教えてくれた。私は、双眼鏡を境に起きるパラレルワールドが楽しかった。

IMG_4016.JPG

星新一ショートショートセレクション〈9〉さもないと

新品価格¥1,404から(2019/2/15 12:46時点)

中古価格¥483から(2019/2/15 12:46時点)





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 13:13 | Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

宇宙戦争/友達に勧められて。けど中受の秋だ、あきらめて途中で返す


講談社青い鳥文庫
宇宙戦争
H=G=ウェルズ/作
加藤まさし/訳
高田勲/絵
1999年12月15日 第1刷発行
2005年6月27日 第7刷発行
講談社

受験をしないという選択肢がある、ということを子が知ってしまった(?!)翌日に、夏休みいっぱいで封印したはずの読書を再開してしまい、「ズッコケ三人組」を借りてきてしまったとき、もう一冊借りてきた。これを読みながら帰ってきた。ものすごく楽しそうに。

友達に勧められたのだそうだ。のっけからとても面白いそうだ。3分の1ほど読んでいた。歩きながら読んでいるのだから帰ってくるのが遅いはずだ(ちなみに車道がほぼない。ほとんどが歩道なので読みながら歩くという芸当ができるのだけれど)。

表紙を見ると確かに面白そうだ。パラパラめくってみるとさらに面白そうだ(涎)。

私も誘惑されそうになる。

ということでこれも泣く泣く封印m(__)m。

終わったら借りようね。備忘録として記事にしておこう。


20181013_1.jpg

宇宙戦争 (講談社青い鳥文庫)

中古価格¥1から(2018/10/13 14:04時点)


宇宙戦争 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

中古価格¥500から(2018/10/13 14:08時点)

新品価格¥1,019から(2018/10/13 14:08時点)

↑ 2005年に映画化されていたんだなぁ。スピルバーグでトム・クルーズ主演。





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

未来人の家/星新一ショートショートセレクション〜親も読了!ものすごい充実感の1冊だった!


ショートショートセレクション7
未来人の家
星新一
和田誠 絵
2002年9月 初版
2004年4月 第4刷
理論社


これも「ムジナ探偵局」と一緒に持って帰ってきてくれた。夏休みに入り、いろいろとあってまとまった時間がなかなか取れない中、少しずつ読むのにちょうど良かった。1作1作、短いのに長文と同じくらいの重みがあるのだ。一気に読んだって1作ごとに本を置いては味わうのだから、昔から星新一の短編は時間がかかっていたのだ。

子は星新一が大好きなのだけれど、この1冊は特に読みごたえがあった。どれを読んでも、おもしろくて仕方がないのだ。特に夢を扱ったものが秀逸だ。ぞくっとする。あるいは、ふと気が付くパラドックスとか。命と引き換えの贅沢?(なのか?)とか。

子が星新一を楽しむとは思ってもいなかった。

星新一は友人が大ファンで、次々と短編を文庫本で貸してくれていた。若さに任せて貸してくれるのと同じくらいのスピードで追読したのだけれど、読んでおいてよかったなぁとしみじみと思った。

覚えているお話と新しく読むような気のするお話がある。けれど、どれも改めて楽しく読める。楽しい。

20180717_9.jpg

星新一ショートショートセレクション〈7〉未来人の家

新品価格¥1,404から(2018/7/17 19:21時点)

中古価格¥91から(2018/7/17 19:21時点)







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:星新一
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

未来人の家/星新一ショートショートセレクション〜すっかりとハマっているよ、世界観がまるで子の世界観と共鳴しているみたいだ


ショートショートセレクション7
未来人の家
星新一
和田誠 絵
2002年9月 初版
2004年4月 第4刷
理論社

これも、親の私は読むことができなかった。が、おもしろかったらしくて日常会話に何かと引用してくるので、読みたかったなぁと思う。余裕ができたら地域の図書館で借りて読むよ、とは言ってあるのだが。

1、未来人の家
2、出現と普及
3、夢のような星
4、幸運の公式
5、少年期
6、アリバイ
7、金銭と悩み
8、捨てる神
9、風と海
10、石柱
11、あの星
12、吉と凶
13、天使
14、山道
15、数学の才能

題名を見ているだけでもおもしろそうである。早く読まなければ。

20180717_9.jpg

星新一ショートショートセレクション〈7〉未来人の家

新品価格¥1,404から(2018/7/17 19:21時点)

中古価格¥91から(2018/7/17 19:21時点)





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:星新一
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

宇宙のネロ/星新一ショートショートセレクション2〜「星新一がずらりとあったんだよ!」と目を輝かせて借りてきた!珠玉の作品群


星新一
ショートショートセレクション2
宇宙のネロ
作者 星新一
画家 和田誠
2001年12月初版
2003年4月第6刷
理論社

「星新一がずらりっと図書館にあったんだよ!」と嬉しそうに借りてきた。星新一は以前一度借りてきたような記憶があるようなないような。話題に上がっただけだったかな?と自分のブログを検索してみたのだが「借りてきた」などという記事がどこにも見当たらない。記録を取っておくことの大切さが改めて身に染みたのであった。

それはともかく、小躍りして楽しみに借りてきた星新一である。

最初の2話は腹を抱えて笑えるほど面白かった。そして3話目からブラックユーモアが混じり始める。最終話にまたまたちょっとは救いのありそうな(?)ショートを読んで終了である。

「ショートショートセレクション」なのでこのままの本を読んだわけではないだろうけれど、どのお話も遠い昔に読んだ記憶がかすかにある。友人に星新一の大ファンがいたのだ。全部借りて読んだ。

星新一がどうのではないのだが、短編は基本的に苦手だ。オムにパスでも苦手だ。だから妖怪ウォッチの映画のオムニパス形式のものがあったが、あれも苦手だ。1話読み終えるごとに本を膝に置いて、読んだばかりの物語を反芻し始めてしまうのだ。余韻に浸るというのか、そのようなものである。印象が深ければ深いほど次の物語に取り掛かるまでに時間がかかる。いきおい、本を読み終わるのにとても時間がかかってしまうのだ。子は、短編をどのように読むんだろうな、楽しみである。

ちなみに、私のお気に入りは「待機」「空への門」「宇宙の指導員」である。もろに1番目と2番目、そして最後の1話だ。子は表題の「宇宙のネロ」を気にいるんじゃないかなと推測している。読み終わったころに聞いてみよう(嬉)。

1話1話が1枚の重厚な絵のような、珠玉の作品群である。

待機
空への門
友好使節
愛の鍵
復讐
しぶといやつ
食事前の授業
信用ある製品
廃墟
雪の夜
処方
友を失った夜
乾燥時代
白昼の襲撃
宇宙のネロ
オアシス
宇宙の指導員



20180616_1.jpg

宇宙のネロ (星新一ショートショートセレクション 2)

新品価格¥1,404から(2018/6/16 18:48時点)

中古価格¥565から(2018/6/16 18:48時点)


星新一公式HP ホシヅル図書館 → こちら

 ↑ 収蔵作品の題名全部がリスト化されています。




         
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:星新一
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする