2017年06月26日

ぼくらのモンスターハント/「ぼくら」シリーズ横浜開港篇2 初めて読んだよ、お〜面白かった


「ぼくら」シリーズ 横浜開港篇2
ぼくらのモンスターハント
宗田 理
2009年4月20日 第1刷
2009年6月5日 第2刷
ポプラ社

子が借りてきた3冊目の「ぼくら」シリーズ。子よりも先に読んでしまった。わたしとしては初めて通読、読了した「ぼくら」シリーズとなる。

横浜開港篇の2巻目。3巻目にしてシリーズ最後の巻が、このあいだ子が借りてきた「最後の聖戦」となる。想像するに、横浜開港篇の1巻目が「あの」事件の詳細なんじゃないかと。

さて、面白くてのめり込んで読んでいたのだが、ふと、ページが吹っ飛んでいるんじゃないかという感覚に襲われて綴じ代を確認したり、飛ばしてしまったのかと戻ってみたりしてしまった。2巻目の主人公(だと思いながら読んでいた)を押しのけて、(おそらくは)1巻目の主人公たちがなんの前触れもなく前面にいきなり現れてきたような気がする。しかも、摩耶と彩子はいつ友達になったの?とか。彩子がなぜ読めるの?いつルールが変更になったの?とか。まさかと思うけど、読者を置き去りにした?

テレビ連続アニメを数話抜かしてしまったような気分。まぁ、前後から推測すればすぐについていけるので良いのだけれど。あるいは1巻目から順に読んでいれば、大丈夫だったのかな?とか思いながら。

大人と子どもをあざとく分けてしまおうとしている感がある。この「感」が、このシリーズの通奏低音なんだろうか。

社会の枠にはまり切れなかったりはじき出された大人たちの力を借りながらも、子どもたちが既存の社会に影響を及ぼしていくのは確かに痛快なんだけれど。やりすぎると、自分たちが大人になった時に所属する場所がなくなるよ。自分で自分の未来を破壊してどうするのってハラハラするのは、そういうことをしてきた人たちのいつまでも続く適応の悪さや苦悩を見てきた大人だからか。

子の場合、「やりすぎだよね」とか「やばいよ」と考えながら読むようだ。

反抗期というのは、さなぎの中にいるようなものだねぇ、外からは固いカラに包まれていて、触ると一触即発みたいな危険物に見えるけど、中はドロドロ。すべてが解けていて形になっていない。下手な扱いをすると、変態しそこねる。本物の危険物だ。

生物ってすごいね。そうやっていろんな危険を潜り抜けて無事に大人になるんだね。生まれてくる前から危険だらけであることを、塾で教わってきた子が、ものすごい発見をしたように目を輝かせて、教えてくれた。

今ここにいることがどれだけの奇跡なのか。子が塾に行った一番の成果は、そのことを教わったことだったなぁとしみじみと思い出した。


そのことに正面衝突しなかったところにこの本の違和感があるのかな。前半を前半のまま突き進んでいたら、えぐい世界が広がったのではないだろうか、と。「獲物」という表現に主人公の性格を見誤っていたんだろうかと、自分に違和感を覚えたあたりから、置いてけぼりにされた感があるというか。

その考え方は危険だよと、折り目正しく諭すことのできる大人がどうしても登場しないというか。

危険をはらんだままなのに、なんとなく平和に大人になっていくのであろう未来が見えてよけいにハラハラするというか。

魔法のせいにして健全に終わったから文句を言う筋合いもないのだけれど。

なにに反発して何をしようとしているのか、ただのゲームなのか。それにしてはえぐいというか。いや、ゲームだからえぐいのか。面白くて一気に読んでしまったのだけれど、何を読んだのか残るものが少なくて、えぐい気分だけが残って、放り出された感半端なくて、不思議な気分。みんなで何かやって達成して、そりゃ楽しいだろうけれど、やっていることそのものも悪くはないけれどその意識で大丈夫なのかしら、みたいな。

すれすれの。

子はどんな感想を持つのかな。


20170623_1.jpg

ぼくらのモンスターハント

新品価格¥1,296から(2017/6/23 17:49時点)





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | YA文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

リスト★ポプラ社の「ぼくら」シリーズ/ものすごく有名なシリーズなんだね


このシリーズ、Wikipediaなどを見ると、膨大な題名の羅列にひたすら圧倒されるだけである。関連する映画やゲームなどを合わせると、もうついていけない。少なくとも中学生篇くらい全11冊は読まないと概要をつかめないのかもしれない、と思い始めた。

そこに、先日借りてきた「ぼくらの最後の聖戦」の表紙の裏に「出ている本が書いてあるよ!」と子が教えてくれた。それをもとにポプラ社のHPを見ると、このシリーズ、ポプラ社では中学生篇11冊に高校生篇から3冊、のちにもう3冊加えて全部で6冊、そして、書おろしの横浜開港篇の3冊を合わせて全20冊が「既刊20冊」として2012年3月に発売されていた。今年に入って(2017年4月)さらに6冊追加され、全26冊が発売されているようだ。

表はポプラ社のとWikipediaを参考に編集してみたもの。下のアマゾンへのリンクは23巻のもの。


「ぼくら」シリーズ
宗田 理(そうだ おさむ)
ポプラ社


「ぼくら」シリーズ  (中学生篇)
(1)ぼくらの七日間戦争 2007年01月 (1985/04)
(2)ぼくらの天使ゲーム 2007年01月 (1987/04)
(3)ぼくらの大冒険 2007年01月 (1985/04)
(4)ぼくらと七人の盗賊たち 2007年03月 (1985/04)
(5)ぼくらのデスマッチ 2007年03月 (1985/04)
(6)ぼくらの秘島探険隊 2007年03月 (1991/05)
(7)ぼくらの(危)バイト作戦 2007年03月 (1985/04)
(8)ぼくらのC計画 2007年03月 (1985/04)
(9)ぼくらの修学旅行 2007年03月 (1985/04)
(10)ぼくらの(秘)学園祭 2007年03月 (1990/11)
(11)ぼくらの最終戦争 2007年03月 (1991/12)

「ぼくら」シリーズ  (高校生篇)
(12)ぼくらのミステリー列車 2010年07月 (1993/06 ) 
(13)ぼくらの『第九』殺人事件 2010年07月 (1993/12)
(14)ぼくらの『最強』イレブン 2010年07月 (1994/12 )

ポプラ文庫ピュアフル  (横浜開港篇、書き下し)
 ★ ぼくらの奇跡の七日間 2011年10月 (2008/07)
 ★ ぼくらのモンスターハント 2012年05月 (2009/04)
 ★ ぼくらの最後の聖戦 2013年12月 (2010/12)

「ぼくら」シリーズ  (高校生篇)
(15)ぼくらの大脱走 2011年07月 (1992/05)
(16)ぼくらの恐怖ゾーン 2011年07月 (1992/08)
(17)ぼくらのメリークリスマス 2011年11月 (1992/12)

(18)ぼくらの秘密結社 2012年07月 (1994/05)
(19)ぼくらの(悪)校長退治 2013年07月 (1995/06)
(20)ぼくらのコブラ記念日 2014年07月 (1996/01 )
(21)ぼくらの魔女戦記I 黒ミサ城へ 2015年07月 (1996/07)
(22)ぼくらの魔女戦記II 黒衣の女王 2016年01月 (1996/09)
(23)ぼくらの魔女戦記III 黒ミサ城脱出 2016年07月 (1996/11)


このシリーズの面白さを教えてくれた友達は社会派なのだろうか、「実際に起きたような話が好きらしいよ」と子が言う。時事問題とかそういうのを絡めた松本清張風なのかな。子は少しファンタスティックな要素の入ったものが好きなんだって。だから、前記事にした「僕らの最後の聖戦」は面白かったんだそうだ。マジックとか魔法とかが出てくるんだそうだ。(私は未読。なので無責任に書いていますm(__)m)

歴史人物にあれほど執着する子なのに、現代社会に関してはクールなんだなぁ。

あれ?と初めて気が付いた。子はもしかして団塊の孫世代というのか、団塊ジュニアの子どもたちと共に学校生活を送っているのかもしれない。なるほど第三次ベビーブームの小さな波の後半に位置しているようだ。少子化のことしか頭になくて、今までまったく気が付かなかった。


201705301.jpg

宗田理「ぼくら」シリーズ(既刊23巻セット)

新品価格¥29,808から(2017/5/30 11:47時点)




ポプラ社「『ぼくら』シリーズ」 → こちら
ぼくらの七日間戦争 Wikipedia → こちら
宗田理公式HP「ボクラ・コム」.、  → こちら

団塊ジュニア Wikipedia  → こちら
宗田理 Wikipedia → こちら



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | YA文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

ぼくらの最後の聖戦/「中学以上」の本を食らいつくように読む小5。面白いらしい


「ぼくら」シリーズ
ぼくらの最後の聖戦
宗田 理(そうだ おさむ)
ポプラ社
2010年12月20日 第1刷


友達に「おもしろいぞ」と言われたらしい。最初に「ぼくらの七日間戦争」を借りてきた。が、忙しくなった。半分ほど読んだところで返さなくてはならなくなった。予約が入っていたとかで借りなおすことが叶わず、これを借りてきたのだ。

あまりではないか?第1作目から読める!と思っていたのに次に借りてきたのが実に第43作(?!)。しかも、ポプラ社のHPを見たらこんなことが書いてあるではありませんか。「赤い靴の少女が次々に失踪!? 犯人は誰だ?「ぼくら」が起ち上がり、シリーズ最大の敵に立ち向かう。世界の危機に「ぼくら」が大暴れ! シリーズ感動の完結!」

シリーズの完結編だったわけ?!

でも、子はあっさりとこういった。「よくわからないけど、系統があるようなんだよね。自分はこちらの方が好きみたい。次はモンハンを借りるつもり。」

このシリーズのことをまったく知らない私はよくわからないままに、なるほど、とつぶやきながら、本を手に取ってみた。

最初の1,2ページを読んだだけで「面白い」と思った。が、漢字だらけだ。フリガナもろくにない。そういえばポプラ社のHPには「中学以上」と書いてあった。小学校の図書館にずらーっとあって、しかも結構人気のありそうなボロボロさかげんではある。が、大人の読む本に毛の生えた程度というわけだ。大人の本と同じ感覚で考えるほうが身のためだと気が付いた。

このシリーズを子と同じペースで読むのは無理かもしれない。

案の定、子はさっさと読み終えた。

あぁあ、時間が欲しいなぁ(悩)。



20170529_32.jpg

ぼくらの最後の聖戦

新品価格¥1,296から(2017/5/29 22:44時点)


ポプラ社HP「ぼくらの最後の聖戦」 → こちら




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | YA文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする