2019年08月01日

一生夢で食わせていきますが、なにか。(黒崎 蒼)/入荷したばかりの新本、ハラハラドキドキの止まらなさ、でもラノベとの付き合い方を再び考えた


富士見L文庫
一生夢で食わせていきますが、なにか。
黒崎 蒼
イラスト 水沢 悦子
2019/6/14
株式会社 KADOKAWA

「面白くて止まらないんだけれど、最後は尻切れトンボだった」が子の感想。巻末のマンガが尻切れトンボを補完している感じなんだけれど、それでも結局何が言いたいのかよくわからない。どうなっているんだろう?と思いながら「富士見L文庫」のWikipediaを見ると、ライトノベルだった。

大人が読むのと同じ装丁の文庫本なので手のひらサイズの読みやすさ。文章は言葉の羅列的だけれど読みやすさはぴか一。設定も物語もよくできている。漫画界の厳しさも職場の様子の描写もとても興味深い。先が気になって気になって時間が明けば続きを読んでしまう。が、終わってみるとどの人物もなぜかキャラ立ちしていなくて印象に残っていないし、2人の恋愛がどうなろうと知ったことではないような気分が残っただけだったのだけれどなんでだろう?これが子の言っていた「尻切れトンボ」感なのかも?

なんてことない平易な文章を説明的に連ねていることに関してはこれの前に読んだ「バケモノの子」も同じ印象だった。が、「バケモノの子」は文章を読むと映画で展開したものと同じような風景が頭の中に浮かび上がってきたし、登場人物も一人一人(一体一体?)個性的で魅力的だった。頭の中でどんどん動いて大活躍をしてくれた。読了感は満足以外の何物でもない。「バケモノの子」のノベライズもライトノベルに分類されているし、読み心地からしても小説家の力量と違うのがわかるのでライトノベルに違いないのだけれど。

富士見L文庫は「ライト文芸」という分野のレーベルとのこと。Wikipediaの「ライトノベル作家一覧」を見ると、大御所の赤川次郎氏、「ぼくらのシリーズ」の宗田理氏、小推理作家の綾辻行人氏の妻、小野不由美氏、ミステリー作家の乙一氏の名前もある。つまり、ラノベに分類されていて名作として著名なものも多い。なので全部ではないことは確かだがどうしても、おやつばかり食べてジュースばかり飲んで、ごはんを食べていない状態を思い浮かべてしまう。

踏み込んだ足がずるっと滑るときの感覚というのか、読書だからと思わないほうがよいというか、マンガやアニメにエネルギーと時間を費やすほうが実りが深いような気がするような、思考停止への道まっしぐらみたいな嗜好性と、もっともっとと欲求し始めるような依存性を感じてしまう。

吉川英治、柴田錬三郎、山本周五郎だって大衆小説(娯楽小説)だし、SFやミステリー、マンガをこよなく愛する身としてはラノベとの距離の取り方には迷う。ちょっと昔の読みにくい単行本や文庫に戻るのも時代に逆行しているような気がするので、この件に関しては小学校の頃にラノベを借りてきた時にも悩ましく思ったのを思い出した。

漫画会の様子や雰囲気はとてもよく伝わってきて面白かった。


一生夢で食わせていきますが、なにか。 (富士見L文庫)

新品価格¥691から(2019/7/25 13:41時点)

中古価格¥272から(2019/7/25 13:41時点)

Kindle版¥650から(2019/7/25 13:41時点)




ライトノベル作家一覧Wikipedia  → こちら









にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

バケモノの子(細田守)/ノベライズから読んでよかったかも、憧れただろうな、魅惑的な作品だった


角川つばさ文庫 Cほ1−3 (Cはノベライズ)
バケモノの子
作 細田守
カバー絵 山下高明
挿絵 YUME
2015年6月25日 初版発行
株式会社KADOKAWA

昨年だったか、アニメの「サマーウォーズ」を「細田守だよ?!」と言いながら強引に(?!)見せたところものすごく気に入ってしまった。それで借りてきたんだろう。映画が先であることは知らなかったらしい。なんの先入観もなくががーっ!とものすごい勢いで読んでしまい、「ああ!おもしろかった!」と(笑)。

細田守作品はチェックしている。と思って探してみるとあった。「サマーウォーズ」「バケモノの子」のほかにも「時をかける少女」「おおかみこどもの雨と雪」が出てきたので、この夏に一緒に見ようかな。

読み始めは正直退屈だった。昔の名作よろしく場面説明、状況説明、概念説明がだらだらと続くのだ。アニメで表現すればものの1分もかからないプロローグだと思うと余計に退屈した。けどそれは仕方がない。というか、若いころに読んだ世界の名作なんて厚い分冊何冊もの対策の半分以上がプロローグであっても読んだ。私にはもう若いころのこらえ性はなくなってしまったのかもしれない。案の定、

子に聞くと、「全然退屈なんてしなかったよ!」とのこと。

現実の世界の設定が渋谷というのがややあざとい気はしたけれど、バケモノの世界との対比としてはビジュアル的には最適の街なのは確かだなぁ。渋谷という街はそもそもなんだか化け物が闊歩しているような雰囲気のある街だ。もしかしてそこから着想を得たんだろうか?アニメで見るとどんなふうなんだろう?

「バケモノの子」の主人公の生き方は子の生き方とは全然オーバーラップしない。羨ましいとも思わなかったに違いない。けれど憧れただろうな。実に魅惑的である。

20190720_3.jpg

バケモノの子 (角川つばさ文庫)

新品価格¥756から (2019/7/20 10:44時点)

中古価格¥1から (2019/7/20 10:44時点)

Kindle版¥569から (2019/7/20 10:44時点)




20190720_4.jpg

バケモノの子 (スタンダード・エディション) [Blu-ray]

Prime Video ¥400-から(2019/7/20 11:02時点)

Blu-ray ¥4,300から(2019/7/20 11:02時点)

DVD ¥4,154から(2019/7/20 11:02時点)

中古価格 ¥432-から(2019/7/20 11:02時点)



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

アイドル・ことまり!1〜3/「温泉アイドルは小学生!」東京編!一気読み!大人の私にはちょっと騒々しい(笑)けど、子は大好きなようだ


講談社 青い鳥文庫
アイドル・ことまり!
(1)コイがつれてきてた恋!? 2017/4/13 第1刷発行
(2)試練のオーディション! 2017/8/10 第1刷発行
(3)夢をつかもう!  2018/1/12 第1刷発行
令丈ヒロ子/作
亜沙美/絵
講談社

学校の図書館にない。なので、地域の公立図書館で探していたら、あった。3巻そろっていたので一気に借りてきた。そして、一気に読んだ。入りが良くて、スピードもあって、おもしろい。

「温泉アイドルは小学生!」の東京編。とりあえず3巻まで出ている。そして3巻で一段落してくれた。そうでなかったら続きが気になって仕方がなかったところだった。よかった。もちろん、3巻目には次の展開の導入がしっかりと書いてあって、気になるんだけれど。

歌手をやっている友達に誘われて上京したらアイドル仲間が一気に増える。スカウトあり、オーディションありの手に汗を握る展開だ。異界の住人ももちろん増えている。

おっこはまだ中学生なんだけれど、まだ小学生の主人公から見るともうすっかりと「おばさん」のような立ち位置だ。

どんなに登場人物が増えてもどのキャラもしっかりとキャラ立ちしている。読み手のこちらもまったく混同することがない。すごいなぁ。魔界の鈴鬼と仲間たちが人間に姿を変えて(マイルドになって)東京で大活躍しているような気もするんだけれど、まあいいか。

「若おかみは小学生!」のような深みと落ち着きがちょっとないのが気になった。雰囲気を作るのに必要なんだろうけれど、会話が多くて読むのが面倒だった。子はそんなことは何一つ言っていなかったので、私だけ気になったんだろうな、とは思ったけれど。「若おかみは小学生!」も「温泉アイドルは小学生!」も児童文学にカテゴライズするのに躊躇はなかったけれど、東京編のこれはライト・ノベル的な。線引きがどこにあるのか、よくわからないんだけれど。

世界観は世襲していると思うけれど、「若おかみは小学生!」とは別物と考えてもいいような気がした。「若おかみは小学生!」と違って1巻ごとに副題があるので、わかりやすい。

大人の私にはドタバタすぎて少しおなかいっぱいだけれど、子は次も楽しみなようである。

20180717_5.jpg

アイドル・ことまり!(1) コイがつれてきた恋!? (講談社青い鳥文庫)

新品価格¥670から(2018/7/17 17:16時点)

中古価格¥92から(2018/7/17 17:16時点)

Kindle版¥540から(2018/7/17 17:16時点)


20180717_6.jpg

アイドル・ことまり!(2) 試練のオーディション! (講談社青い鳥文庫)

新品価格¥670から(2018/7/17 17:19時点)

中古価格¥14から(2018/7/17 17:19時点)

Kindle版¥540から(2018/7/17 17:19時点)


20180717_7.jpg

アイドル・ことまり!(3) 夢をつかもう! (講談社青い鳥文庫)

新品価格¥670から(2018/7/17 17:23時点)

中古価格¥752から(2018/7/17 17:23時点)

Kindle版¥540から(2018/7/17 17:23時点)



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

101匹わんちゃん/久々のディズニーアニメ小説版、読みやすくてわかりやすい。


ディズニーアニメ小説版 3
101匹わんちゃん
橘高弓枝・文
1997年3月 1刷
2004年3月 14刷
偕成社

学校で貸出数を競っているときには、こういうノベライズ物を借りてくる。といっても、興味のないものを借りるはずもないのは確かだ。数年前、スカパーのディズニー・チャンネルでだったか、アニメ映画が放映されていたのを熱心に見ていたような気もする。以前同様のシチュエーションで借りてきたディズニーアニメ小説版は35番目の「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」だったしなぁ。ハロウィーン大好きな子らしい選択だと思ったことを思い出した。

読んでみると、とても読みやすい。するすると読めてしまい、しかもあらすじがとても良く頭に入る。ポプラ社のコミック版日本の歴史を読んでいるのと同じ気分だ。

小さい頃に映画館で見たことがある。ディズニー映画が2本立てかになっているものをアメリカで見た。英語も日本語もあやふやだった頃に英語で見た映画だったし、当然だが字幕があるわけでもない。けれど、同時上映の「魔法使いの弟子」はよく理解できたのだ。なので、「101匹わんちゃん」のほうをからっきし理解できないのが腑に落ちなかった。人間たちの動きが理解できなかったからだということが、この本を読んでようやくわかった。

あの女性(アニタ)は友だちだからといってなぜあんな人(クルエラ)を家に入れるんだろうか。クルエラを悪く言うロジャーをたしなめてさえいるのだ。事の起きた後、反省とかしないんだろうか。ひたすら優しいステキな女性として描き切られているのが理解できなかったのだ。

そのあたり、アナ雪のような善人として描かれているはずの主人公たちのことさえ性格の明暗を分析する今日このごろの風潮の、息吹のかかっていない状態が実に消化不良である。

ナニーもそうだ。いくら相手が悪かったと言っても、ナニーはなぜあんなにも無防備なんだろうか。そして本質的にはアニタに起因しているはずの事件なのに、仕えているナニーのせいのような描き方をされているのが、咀嚼しきれなかったようだった。

けどまぁ、そういう人たちだから101匹ものわんちゃんたちと暮らすことを選ぶんだなぁと、おとなになった今では思う。

私の中ではそんなこんなな映画(物語)ですが、評価はべらぼうに高いのだということを今回知りました。子も大好きなのだ。だから借りてきた1冊であることに、間違いはない。


閑話休題ですが、「文」の橘高弓枝の紹介文に広島県「府中市」とある。「府中市」なんだ?などという重箱の隅をつつくようなところにちょっと興味が。広島駅近辺の宿泊で、半日で宮島に参拝して府中市を散歩したいと言った人がいたのを思い出した。実現すれば旅情豊かな最高の旅行になるだろうなぁ。府中市は天領だし、特別なのかしら?と印象的だったのだ。

「101匹わんちゃん」をWikipediaで見てみたときにも重箱の隅をつつくようなところにちょっと興味が向いた。沿革の最後に付け足すように「名作小説の翻訳を手掛けている作家・橘高弓枝が完全ノベライズ化であり、」と書かれている。表現もそうだけれど、ちょっと唐突な感じがしたのかもしれない。


20180422_1.jpg

101匹わんちゃん (ディズニーアニメ・ノベライゼーション)

新品価格¥756から(2018/4/22 16:05時点)

中古価格¥1から(2018/4/22 16:05時点)


過去記事



         
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

大人には ないしょだよ 70 超爆笑 100連発!お笑い天国/ぎっしりのナンセンス爆笑もの、小難しい本の口直しに絶品らしい


大人には ないしょだよ 70
超爆笑 100連発!
お笑い天国
作/大笑い笑店
    遠藤 英明
絵/つぼい ひろき
デザイン/チャダル108
企画・編集・制作/株式会社アルバ
2013年6月 第1刷
ポプラ社

これも子が図書館で借りてきた。「花火の図鑑」や「世界史を変えた50の武器」、「ファオランの冒険」などを深夜に読んだ後などに読んでいるのではないかと思われる。朝見ると、かならずこれらの本と一緒に散らかっているから、そうではないかと推測するのだが。

花火や武器、ファオランなどを深夜に一人で読むのはそれなりに怖いんだろう、とこの本が並んでいるのを見て初めて気がついた。これを数ページ読んで、大笑いして、安心して眠りについているんじゃないかな。

大人の私が読もうとしてもまったく頭に入らない。目がついていかないというのか。そんな本ではあるのだけれど。よくよく目を凝らして読んでみるとなるほど、気の利いたお笑いが詰まっている。ナンセンス・オンパレードである。

けれど、そんなこんなよりも私の目を引いたのは「70」という数字だった。「大人には ないしょだよ」というこのシリーズの、これは「70」番目だということなのだろうか?70冊も、こんなナンセンスな内容で本を出し続けているというのは、どういう頭をしていたらそんなことができるんだろう?ネタ、つきないのかしら?ひやぁ〜〜〜!!!!って。

アマゾンで検索してみたら、70冊どころか90冊以上がヒットした。いつものようにリストにしてみようかとも思ったけれど、あまりの数字に冷や汗が出てきたのでやめておいた(汗)。

20180418_3.jpg

超爆笑100連発! お笑い天国 (大人にはないしょだよ)

中古価格¥105からから(2018/4/18 15:36時点)

新品価格¥756から(2018/4/18 15:36時点)





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

IQ探偵ムーそして、彼女はやってきた/1冊目を借りてきたけど、ロングランの大量のシリーズ


ポプラカラフル文庫 ふ 2-1
IQ探偵ムーそして、彼女はやってきた
深沢美潮、山田J太
2004年11月18日 初版発行
2007年11月22日 第13刷発行
ポプラ社

子がさっさと読んでしまい、読むようにと促してきた。面白かった。

児童文学であるらしい。が、題名がライトノベルズ的な気がする。設定もRPGゲームのよう。明るくて予定調和的な、しかも破綻した設定に「春の嵐」という言葉での謎めいた雰囲気作り。ハマらない子どもは少ないような気がする。

子によると、学校の図書館に何十巻もずらりーっと並んでいるロングセラーなのだそうだ。ポプラ社のHPで検索すると、2018年3月現在、33巻まで出ている。Wikipediaを見てみると、テクニカルライター、ライトノベルズ、ゲームの世界のライターとのこと。

「IQ探偵ムー」は朝日小学生新聞に連載中とのことである。隣町の「IQ探偵タクト」シリーズもあり、コラボもあるらしい。膨大な冊数を抱える巨大なシリーズなのだなぁ。

小学校5年生?ちょっと小さすぎないかな。そして、登場人物たちのスペックのありえなさ。リアリティの無さ。ありえなさといえば名探偵コナンのほうがはるかに凌駕しているけれど、なんだか違う。

永遠に物語が続くのはすごいなぁ。アイディアが無尽蔵なんだろうなぁ。謎も素晴らしくて、本格ミステリーなのもすごい。

学校は忙しい。小6になったらますます忙しくなる。お稽古事もある。テレビも見たい。ぼーっと自分の心の赴くままに過ごす時間も必要だ。なによりも、友だちと遊ぶ時間がほしくて塾を辞めてしまったのだ。そして、良書に触れてほしくて奨励している読書。頑張ってひねり出しているなけなしの読書タイム。読みやすくて軽い文体の、万能感たっぷりの設定。一冊821円する本が33巻。アイディアが面白いので、アニメにならないかな。

本棚の整理整頓をしていたら昔、塾に通っていたときにもらってきた「推薦図書」のリストが出てきた。古めかしい題名が散見される。敬遠したくなるようなイメージも纏っている。が同時に、重厚な文章、重厚な内容が思い出された。とりあえず、目に付く場所に吊り下げておくことにした。今の時期、色んな本に触れるのがよいと改めて思った。


20180314_2.jpg

IQ探偵ムー そして、彼女はやってきた。 (ポプラカラフル文庫 ふ 2-1)

Kindle版 ¥760  新品価格¥821から(2018/3/14 17:59時点)









にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:IQ探偵ムー
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

かいけつゾロリの王子さまになるほうほう/60作目、小5になってもゾロリ大好き


かいけつゾロリシリーズ60
かいけつゾロリの
王子さまになるほうほう
さく・え 原 ゆたか
2016年12月 第1刷
ポプラ社

ゾロリにしては本がきれいだ。というか、誰もまだ読んでいないんじゃないか?としか思えないほどの新品を借りてきた。聞くと、実際に新しい入荷だそうだ。発売から1年以上経っているのに?そんなものなのかな。

ダジャレは健在で面白い。細々とした部分まで丁寧に設定してあってすごいなぁと思う。子どもたちは隅々まで読んで楽しむんだろうなぁ。

大人のわたしには、ほぼオールひらがなは目が回りそうである。ほぼオールひらがなで細々と書かれている本筋と関係のない設定を読むのもしんどい。どうせなら直感的に見て取れるように絵にしてくれれば、思ったり思わなかったり。年齢を実感する瞬間である。

ネタバレになるけれど、「(なぞなぞとかそういうのなくても)ゾロリが一番かっこいいよね」と子がボソリっと、つぶやいた。「ゾロリってかっこいいし何でもできるんだから、もっとまともなこと(仕事)をしたらいいのにね」ですって。なるほどなぁ。

それにしても、ゾロリシリーズの息は長い。シリーズが延々と続く息も長いと思うが、一人の子どもがこのシリーズを楽しむ年数の長さは驚異的だ。延々と新作を楽しみにしているのだ。今回も借りてきたと思ったら1番に、しかもあっという間に読んでしまったもの。好きなんだねぇ。


20180114_4.jpg

かいけつゾロリの王子さまになるほうほう (かいけつ ゾロリシリーズ60)

新品価格¥777から(2018/1/15 00:16時点)





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

リスト★アニメ版ブラックジャック・シャチの贈りもの/小5では伝記モノ推奨らしい、そして、


アニメ版ブラックジャック
シャチの贈りもの
原作/手塚治虫
文/藤田晋一
2010年6月 初版発行
金の星社

公立の図書館で見かけて子が借りた1冊。このシリーズ、学校にあるんだそうだ。ちょこちょこ読んでいるんですって。学校で手塚治虫かぁ、時代も変わったものだなぁ。

小5になると、「伝記もの」を読むようにと奨励されて先日、手塚治虫の伝記マンガを借りてきたわけだし。この本はマンガではなくて文章だし。あれこれ思って納得しようと思うのだが、マンガは勉強の合間にこそこそと隠れて読む本だったので不思議な気持ちになる。

図書館にマンガといえば学校対決やポプラ社のコミック版日本の歴史などにも最初は驚いた。が、「火の鳥」などの漫画の雑誌サイズが図書館に並んでいたりするのだ。驚きを通り越して感動した。ドラえもんやしんちゃん、サザエさんなどもあるのだからもはや驚いていてはいけないのだろうけれど。「はだしのゲン」を図書館に置くかどうかで騒然としていたこともあったなぁと思いだしたり。

「火の鳥」、人気があるらしくて1巻から順に読もうと思ったら予約をするしかなさそうだ。が、友達から机の下を伝ってこそこそと回ってくるのではなく、堂々と図書館で読めるんだ(笑)。面白いよ、いつか絶対に読んでねと、子に宣伝した。そしたら、子の目が光ったよ。

さて、読んでみた。そしたら、面白かった。アニメで見るブラックジャックはおどろおどろしくて、幻想や霊現象などとからめていてやや演出過剰な気もする。ブラックジャックがピノコと住んでいる崖の上のお屋敷(?)はいつも雨が降り、雷が鳴っているというイメージしかないし。が、この本に出てくるブラックジャックは少し印象が違った。普通に楽しそうなのだ。普通に人間しているのだ。

けど、「火の鳥」も「シャチの贈りもの」も全然もうからない話だな、とは思った(笑)。

あと4巻あるんだなぁ。学校で読んでいるのでは借りてきてくれないなぁ。残念。公立図書館に予約を入れて、親はそちらを読むかな。

「ブラックジャック」をネットで検索したら、Youtube で有料でアニメを配信していた。1本108円。ニコ動もAmazonビデオも同様。夏にアニマックスで録画しておいた「ブラックジャックOVA」や「ヤング・ブラックジャック」を見終えたら、少しずつでもこういうのを見れたらいいなぁと思った。

たとえマンガであってもアニメであっても「ブラックジャック」は1作見るだけでなんだかエネルギーを大量に消費するようなきがするのだけれど(笑)。

(個人的覚書:スカパーで契約していたアニマックスも当初の目的のレゴ・ネックスナイツもとっくに終わり、「暗殺教室」の映画やアニメの配信も見終わったので11月一杯で一旦解約。)


  アニメ版 ブラック・ジャック 

  1,オペの順番 2009年9月
  2,アリの足 2009年11月
  3,白いライオン 2010年1月
  4,奇跡の腕 2010年3月
  5,シャチの贈りもの 2010年6月


オペの順番第1話 オペの順番』―代議士、赤ちゃん、イリオモテヤマネコが船内でけがをした。はたして、ブラック・ジャックがおこなったオペ(手術)の順番は…?『第2話 消えた針』―ピノコの友だちの写楽の手術を成功させたブラック・ジャック。ところが、直後におきた事故で、点滴の針が写楽の体内に消えてしまった。

アリの足第1話 アリの足』―足が不自由な光男は、リハビリのため、徒歩での旅に挑戦する。そのようすを、なぜか近くで、ずっと見まもるブラック・ジャックのすがたがあった…。『第2話 お医者さんごっこ』―コングは病気の妹のためにブラック・ジャックをさがしていたが、見つけだせなかった。そこで、友だちにブラック・ジャックのふりをさせたのだが…。」
白いライオン第1話 ある教師と生徒』―担任の村正のきびしい指導のせいで、学校に行きたがらない久男。しかし、母親にむりやり送りだされ、通学路で事故にあってしまう。責任を感じた村正は…。『第2話 白いライオン』―動物園にやってきたブラック・ジャックとピノコ。お目あては、白いライオンのルナルナだ。ところが、ルナルナは病気のために、すがたが見られず…。
奇跡の腕第1話 奇跡の腕』―すし職人のタクは、故郷へ帰る決意をする。目が不自由な母親に、日本一うまいすしを食べさせる自信がついたのだ。しかし、事故で両腕をうしなってしまう!『第2話 もらい水』―息子が経営する病院にすむおばあさんは、病室がいっぱいになると、とまる場所をさがしまわらなければならない。その事情を知ったブラック・ジャックは…。

シャチの贈りもの『第1話 火の鳥伝説』―ある女性から、老人の治療を依頼されたブラック・ジャックは、その老人の年齢に疑問をもつ。二百歳といわれる年齢と火の鳥との関係は…。『第2話 シャチの贈りもの』―きずついたシャチを治療したブラック・ジャックは、いつしか、シャチとふしぎな信頼関係でむすばれる。しかし、シャチ狩りがはじまってしまった。」
(本のカバーにある紹介文、ほぼAmazonより)

20171206_1.jpg

アニメ版ブラック・ジャック シャチの贈りもの (ブラックジャック アニメ版)

新品価格¥1,296から(2017/12/6 09:40時点)






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

天才コリゴリはかせシリーズ1ニセまじゅつをあばけ/面白い!テンポよくマジックが次々と


天才コリゴリはかせシリーズ1
ニセまじゅつをあばけ
オガケン さく・え (小川謙二)
2009年3月30日 第1刷発行
朝日新聞出版

「ほねほねザウルス・シリーズ」に続いて手に取ると、作者のところに「さく・え」とひらがなで書かれている時点で、ひらがな光線がうわ〜っと押し寄せてきたような気がして「うっ」となった(笑)。が、違った。

「ほねほねザウルス」同様、コマ漫画あり、地の文章あり、なのだが、なぜか読みやすい。思った以上に文字が小さくて漢字も多いのも関係あるのかも知れないが。

そして、ミステリー仕立てでマジックをテンポよく披露してくれるのが楽しい。

この手の本にありがちだが、読めればあっという間に読めた。が、内容がとても濃くて、ものすごく分厚い本を読んだ気分になった。

ああ、楽しかった。


このシリーズ、全く知らなかった。どのくらい出ているんだろう?


天才コリゴリはかせシリーズ

1、ニセまじゅつをあばけ!  2009/3/19
2、うちゅうかいじゅうをたおせ!  2009/3/19
3、めいろ大だっしゅつ  2009/7/21
4、へっぽこタイムマシン  2009/7/21


かがくるBOOK  大人も知らないお金のカラクリ

 フリーターになるとどうなるの? 2008/8/7
 お金持ちになるにはどうするの? 2008/10/21



集中して出ている。同じ作者の「かがくるBOOK」の経済のお話も面白そうだ。気になってきた。「かがくるBOOK」と聞くとサバイバルシリーズを反射的に思い出すけれど(笑)。


20170927_3.jpg

天才コリゴリはかせシリーズ ニセまじゅつをあばけ! (天才コリゴリはかせシリーズ 1)

中古価格¥148から(2017/9/27 21:07時点)


20170927_4.jpg

大人も知らないお金のカラクリ フリーターになるとどうなるの? (かがくるBOOK)

中古価格¥343から(2017/9/27 21:09時点)



20170927_5.jpg

大人も知らないお金のカラクリ お金持ちになるにはどうするの? (かがくるBOOK)

中古価格¥10,640から(2017/9/27 21:10時点)

↑ 高すぎマス〜



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

リスト★ほねほねザウルス5ティラノ・ベビー、おおぞらをとぶ!/小1の頃にハマった作品再び


ほねほねザウルス5
ティラノ・ベビー、おおぞらをとぶ!
原案・監修 カバヤ食品株式会社
グループ・アンモナイツ 作・絵
2011年2月10日 第1刷発行
2012年5月31日 第4刷発行
岩崎書店

これは小1のときに学校の図書館で借りて読んだ。けどまぁ、覚えていないだろうな。このシリーズ、見かけたらまた全部、借りてきそうな勢いだ。

公式HPによると「ベビーたち3人は、家の近くで遊んでいて、大空を飛ぶ巨大な火の鳥を目撃。火の鳥は、大事な卵を空中王国「ズガイ国」のケツアルコアトルスにぬすまれ、さがしていたのです。」とのことである。そう言われてみれば、微かに記憶にある。結構面白かった。

初期の作品なので、まだそんなにキラキラと眩しくはない。もう少し落ち着いた雰囲気ではある。

このシリーズは、ゾロリシリーズとは違って、コマ漫画もある。初期のこの頃の作品にも迷路はある。けど、その傾向は後期に行くほど顕著なような気がする。だから、13巻を読んで目がチカチカしたのかもしれない(笑)(汗)。

この手の作品ならばどれでも好きというわけではないのだ。だから、この作品の世界観が好きなんだろうな。さっぱりわからないけれど。



ほねほねザウルスシリーズ

(1) ティラノ・ベビーのぼうけん 2008/4/24
(2) なぞのオオウミガメをさがせ! 2009/4/9
(3) ぐるぐるジャングルで大ピンチ! 2010/2/27
(4) たんけん! アバラさばくのピラミッド 2010/7/27
(5) ティラノ・ベビー、おおぞらをとぶ! 2011/1/27
(6) ティラノ・ベビー、かいぞくになる! ? 2011/7/30
(7) すすめ! ちていのあべこべランド 2012/1/27
(8) ティラノ・ベビーのオニたいじ! ? 2012/7/30
(9) まぼろし山のほねほねキング 2012/12/17
(10) ティラノ・ベビーと4人のまほうつかい 2013/7/1
(11) だいぼうけん! ボコボコン・ホール 2013/12/17
(12) アシュラとりでのほねほねサムライ 2014/6/30
(13) ティラノ・ベビーとミラクルツリー  2014/12/17
(14) 大けっせん!ガルーダ対ヒドラ <前編> 2015/7/13
(15) 大けっせん!ガルーダ対ヒドラ <後編> 2015/10/31
(16) ティラノ・ベビーとなぞの巨大いんせき 2016/7/14
(17) はっけん! かいていおうこくホネランティス 2016/12/16
(18) たいけつ! きょうふのサーベルタイガー 2017/9/15


結構コンスタントに年に2冊、出ているんだなぁ。2013年の春に子は小学校に上がったのだ。表の橙色にしているものが過去の読了本なので、小1のときにハマったんだな。


20170927_2.jpg

ほねほねザウルス (5) ティラノ・ベビー、おおぞらをとぶ!

新品価格¥740から(2017/9/27 20:29時点)







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

ほねほねザウルス13ティラノ・ベビーとミラクルツリー/食玩大ヒットシリーズ小5になっても


ほねほねザウルス13
ティラノ・ベビーとミラクルツリー
原案・監修 カバヤ食品株式会社
グループ・アンモナイツ 作・絵
2014年12月30日 第1刷発行
岩崎書店

ほねほねザウルス・シリーズは、子が小1のときに全巻読破した、と思っていた。が、このたび子が図書館で見つけてしまったのだ。新刊を。

続いていたんだなぁ。

「ほねほねザウルス・シリーズ」はこのブログを始める前のことだったので、記録がない。図書館で借りた本を記録している自由帳の1番めには「おばけのジョージー・シリーズ」。そして、次に「ほねほねザウルス・シリーズ」がある。

「おばけのジョージー・シリーズ」は好きすぎて子は買った(買ったのは親だけれど)。買っただけのことはあった。文字の読み始めのころに、なんと2回も通して読んでいた。その後もちょろちょろと読んでいる姿を見かけた。そのくらい好きだ。が、親である私は、読んでいない。ひらがなに圧倒されて、目がチカチカしてしまい、、、、いつかは読もうと思っているけれど。そして、このシリーズだけは何があっても処分することはないだろうとも思うのだが。

次の「ほねほねザウルス・シリーズ」もひらがなが目に痛い。が、これは学校の図書館から毎日ゆっくりと借りてきたので、一緒に読んだ。読んでも読んでも、面白みがさっぱりわからないし、世界観にハマれないので頭に残らない。が、小5になった今になっても、こうやって借りてくるのである。子の琴線に触れた作品であることに間違いはない。そう自分に言い聞かせて頑張って読んでいる状態である。

小1の頃、11巻まで読んだ記録が残っている。調べてみると現在18巻も出ている。骨なのに(骨だから?)、ピカピカと明るい。きらびやかなページが続いて、眩しすぎて読めやしない。が、きっと子は楽しんだのだ。何度も何度も「ねぇ、もう読んだ?ねぇ?」と聞いてくるんです。期待のこもった眩しい眼差しをキラキラとさせながら。

そういえば、小1,2の頃は、食玩の暗闇で光るあれを、たくさん集めていたなぁ。どんどん新しいものが出て、古いものは時期を逃すと買えなくなる。なので、いっときはスーパーのお菓子売り場を血ナマコで眺めていた時期があった。いつから買わなくなったんだろう?覚えていない。あのときに買い集めたアレがどこに行ったのかも記憶にない。久しぶりにおもちゃ箱の底を探ってみようか。

親の私にはさっぱり理解できない、大ヒットシリーズのようだ。悪口を言ったら、泣かれそうな勢いである。


20170927_1.jpg

ほねほねザウルス (13) ティラノ・ベビーとミラクルツリー (ほねほねザウルス13)

新品価格¥1,058から(2017/9/27 19:37時点)

ほねほねバイキングのビットとともに、超巨大なミラクルツリーをめざす、ベビー、トップス、ゴンちゃん。ところが巨大なウマがあらわれて、ベビーが連れさられてしまいます!」

岩崎書店の公式HPにあるあらすじは ↑ とのこと。で、ミラクルツリーと呼ばれるホネドラシルのてっぺんにあるホネドラシードの中を探検だ。たくさんのホネドラシードが穴でつながっていて行き来ができる。異次元空間とまでは行かないけれど、地上とは勝手の違う未知の空間である。助けてもらった村に、よそのホネドラシードからならず者たちが襲ってくる。木の枝パチンコを作って石を飛ばして撃退の大活躍!そして、、、みたいな内容だ(と思う)。後半には、迷路などがあって、(きっと)面白い(のだろう)。










にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

ゾロリのようかい大うんどうかい/妖怪の性質がとてもよくわかる、廃校決定の小さな小学校


かいけつゾロリシリーズ57
かいけつゾロリの
ようかい大うんどうかい
原ゆたか
ポプラ社
2015年7月 第1刷

廃校決定の小さな小学校との合同の妖怪運動会。ダジャレ満載で、妖怪の性質を知り尽くした作戦がチームワークに見事にハマって、子どもたちの大勝利!

ゾロリの目的は運動会でもなんでもないけどね。

裏表紙にもある妖怪たちの組体操が秀逸。見事だ〜


なんだか、楽しかった以外のなにも別にない1冊だった。が、運動会というのは、そういうもんだ。意義とか教育的意味とかそんな難しいことを考えずにひたすら楽しむものなんだよね、としみじみと思った。

自分はとっくに読んでいるのに親がまだだとわかると、返却を伸ばしてわざわざ、いそいそと持って帰ってきてくれる。そしてとても大切そうに手渡してくれる。子がどれだけゾロリシリーズを愛しているかが伝わってくる。なにがそこまで子どもたちを魅了するんだろう?いつも考えながら読むのだが、全然わからない。けど、まだ読んでいない本を見つけた時の子の楽しそうな様子を見ていると、とても幸せな気分になる。



20170716_1.jpg

かいけつゾロリのようかい大うんどうかい (ポプラ社の新・小さな童話)

新品価格¥972から(2017/7/16 09:02時点)



         
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

ゾロリのチョコレートじょう/子は面白いらしい、う〜ん(汗)(笑)


かいけつゾロリシリーズ6
かいけつゾロリの
チョコレートじょう
原ゆたか
ポプラ社
1990年2月 第1刷2009年12月 第72刷


子は夢中である。が、う〜ん、なんというつまらないお話だろう、と思った。そのわけを考えてみたら、チーティング(反則)がやたらと多い。相手側にもゾロリ側にも。ゾロリ側のは言わずと知れたイシシノシシのお○ら攻撃とかなので、お約束程度のものだけれど。

1つ頑張ってクリアしても、「残念〜、実は○○××でした!」となると、気力も楽しみも半減するのだ。パズル的ミステリーに慣れきっていると、公平さは快感を通り越して議論の対象となる。いわく、フェアかアンフェアか。じつにアンフェアな本書を、大人の私は完全に読む気持ちをなくしてしまった。

が、子は違うのだ。よく考えてみればもっともな話である。子どもの世界には恐ろしいくらいこの手のチーティングが蔓延しているのだ。それをどうクリアするか。日々考えているに違いない。

ゾロリたちも、くじけないで果敢に挑んでいく。爽快感が半端ないのかもしれないなぁ。


20170403_2.jpg

かいけつゾロリのチョコレートじょう (6) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)

新品価格¥650から(2017/4/3 11:17時点)




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

ゾロリの大まじんをさがせ!!/まほうのランプ〜ッの続き、すばらしい、最高だ



かいけつゾロリシリーズ55
かいけつゾロリの
大まじんをさがせ!!
原ゆたか
ポプラ社
2014年7月 第1刷

かいけつゾロリシリーズ54「かいけつゾロリのまほうのランプ〜ッ」の後編。これ、ものすごく面白かったので、いつもなら気にならない程度のくどさが目についた。ということで、やや辛口。あまりにも無意味なすれ違いが多い。すれ違いが多ければ物語が長くなるのだが、もう少し整理整頓してすっきりとした物語のほうが、私には好みだ。が、ゾロリは私なんぞの好みなど聞いてはいない。子どもたちにとってはどうなのか。ちょうどよいと我が子でも答えるような気がする

前後編、ともにとてもすばらしかった。

小4と小5の間の春休み。塾の春期講習のために隙間のないつまらない春休みになるはずだった。が、Z会にしたおかげで自由度が増し、行きたい映画には行き、田舎に行って存分に遊ぶ。勉強に戻らなくてはと思えば思うほどだらだらして、図書館に行くかと声をかけると飛び上がって喜ぶ。ものすごい勢いで大量の本を選び、そして何時間でも図書館で読書をして過ごす。

本好きに育ってほしいとは思っていた。そんなことを願ってこんなブログを記録しているせいなのか、生来性なのか知らない。が、もはやどうでもよいと思ってしまうくらいの本好きになってしまった。こうなってくると、よいことなのかどうかも、もはやよくわからない。が、大いに楽しんでいることだけは確かなようだ。

気候もよい春休みは宿題もないし、最高だ。次にゆっくりできるのは2年後か。小学校卒業して中学入学までの春休みだと思うと、この春はとても貴重である。親子でたっぷりと好きな本を読みながら、1年で一番好きな春という気候を楽しもう。



20170403_1.jpg

(55)かいけつゾロリの大まじんをさがせ!!: かいけつゾロリシリーズ55 (かいけつゾロリシリーズ 55)

新品価格¥972から(2017/4/3 10:41時点)






         
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 10:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

へんしーんほうれんそうマン/ゾロリ登場第一作、ようやく読んだよ(笑)


ポプラ社の小さな童話58
ほうれんそうマンシリーズ
へんしーんほうれんそうマン
みづしま志穂 さく
原 ゆたか え
ポプラ社
1984年11月 第1刷
2005年4月 第31刷

テレビに出て善い行いを宣伝。よい噂を流してすっかりとみんなを安心させたところで、、、、

ゾロリ、なんて悪いやつなんだ。

ほうれんそうマンシリーズ、というかゾロリそのものが初登場の1冊目だ。ゾロリが幼い顔をしている。やることなすこともとても幼い。でも、不思議とスケールが大きい(ようにも思える)。

みんなで「い〜ぃけないんだ、いけないんだ!」と誰かに言いつけたくなるようなことばかりゾロリはしているんだろうな。

ほうれんそうマンシリーズを読んでも、私個人はゾロリに何も感情移入はない。なので、スピンオフ(かいけつゾロリシリーズ)ができても、特別読もうと思わない。けれど、男の子の何かを刺激するのだろうか。かいけつゾロリ、恐ろしいほどの大ヒットだ。

子は、かいけつゾロリと同じようにほうれんそうマンシリーズが大好きだ。


へんし~んほうれんそうマン (ポプラ社の小さな童話―ほうれんそうマンシリーズ (58))

中古価格¥761から(2017/3/4 19:00時点)

↑ 中古でも全然値段が下がっていないm(__)m




         
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

かいけつゾロリのまほうのランプ〜ッ/得意を伸ばすのが一番だと改めて思うけれど現実も重い


かいけつゾロリシリーズ54
かいけつゾロリの
まほうのランプ〜ッ
原ゆたか
ポプラ社
2013年12月 第1刷

魔法のランプとジーニー、、、じゃなくて大魔人、ゾロリとイシシノシシとくれば、何が起きるか大人ならば想像がつく。子どもたちにも想像はつくかもしれないけれど、けっこうドキドキするのではないだろうか、と思うと、なんだかワクワクしてくる。

いろいろと解決策を探るのだが、ゾロリの大得意が結果的に解決になるあたりが、けっこう教訓的だ。

得意を伸ばすのが一番。

それはよくわかっているのだけれど、一律に算国理社と試験される今日この頃では、そんなことを言っていられないんだよねぇ、と心の声が頭に聞こえてきたりもした(笑)(笑)(笑)。

国公立になると、作文を始めとして体育、音楽、図工などの副科、部活や委員会などの課外活動(内申)、校外からの表彰状などまで関係してくる学校もあるらしいことを最近知って、ますます考え込んでしまう。こうなると、一芸に秀でているだけでは歯が立たない。マルチなスーパーチャイルドが求められているらしい。

得意を伸ばすのが一番、というよりも現実的にそうするしかないのだが、それだけでどうにかなるのか極めて妖しい今日この頃を、考えてしまった。

20170228_2.jpg

(54)かいけつゾロリのまほうのランプ~ッ: かいけつゾロリシリーズ54

新品価格¥972から(2017/2/28 00:00時点)

「(55)かいけつゾロリの大まじんをさがせ!! 」に続く!


かいけつゾロリWikipedia → こちら



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

ほうれんそうマンのようかいじま/情け容赦のない意地悪なゾロリだ〜


ポプラ社の小さな童話81
ほうれんそうマンシリーズ
ほうれんそうマンのようかいじま
1986年7月 第1刷
2005年5月 第43刷

作家 みづしま志穂
画家 原ゆたか


「ようかいじま」では、ようかい学校の先生に頼まれて、あらぬことを思いつくゾロリ。先生を誘惑して、学校のりんかい学校の場所をようかいじまにしてしまう。ゾロリにはっぱをかけられて、どうにかこうにか生徒たちをいじめ抜く妖怪たち。試験に合格してどんどんようかい王国に帰っていく。ゾロリの正体が、ほうれんそうマンにばれて決戦が始まる。

ゾロリの作ったスイカ割りマシーンが恐い。よくこんなことを思いつくものだと思う。

意地悪な人というのは、本当に一定の割合で存在するものだと、しみじみと思う。愛想よく近寄ってきては意地悪を始める。意地悪な人は嫌いなので離れようとすると、媚びを売ってすがりついてきたりする。淋しい人なんだろうと思う。ゾロリも、ママが恋しくて涙ぐんでいる。「ほうれんそうマン・シリーズ」でのゾロリは情け容赦のない意地悪だ。まさしく、淋しがり屋の意地悪だ。

「かいけつゾロリシリーズ」になると、様子が違ってくる。ゾロリは意地悪になろうとするのだが、生来の情の深さがそれを許さない。子がテレビのアニメシリーズを見ながらこう言った。「意地悪になり切れないんだったら、いっそ正義の味方をめざせばいいのにね。」 ほんと。

20170208_2.jpg

ほうれんそうマンのようかいじま (ポプラ社の小さな童話)

中古価格¥239から(2017/2/8 16:17時点)




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

ほうれんそうマン よいこの1年生/担任が生徒をいじめるのってこんなに簡単なんだ(驚)


ポプラ社の小さな童話64
ほうれんそうマンシリーズ
ほうれんそうマン よいこの1年生
1985年3月 第1刷
2004年1月 第30刷

作家 みづしま志穂
画家 原ゆたか


「よいこの1年生」のゾロリは最悪。担任の先生を誘拐して、自分が先生になりすまして思う存分、ほうれんそうマンをいじめ上げる。最後、ゾロリ、自滅なんだけど。でも、ほうれんそうマンが先生を助けてほめられる。

小学校の担任が、一人の生徒をいじめようと思ったら、こんなにも簡単なんだなと、ゾッとした。小学生はそもそも先生を疑わない。そこが一番の問題だ。小学校の先生が贔屓をしたり、いじめに加担するというような話を散見するけれど、あれほど罪深いことはない。職権乱用の最たるものだ。何かの罪に問うことができればよいのに、とゾロリを読みながら、社会について考えてしまった。
保護者の皆さんは、お子さんがちょっとでも担任への不満や疑問を口にしたときに、スルーしてはいけないのかもしれない、とも思った。何かがあったに違いない、と考えるほうが、逆に問題を大きくせずに済むかもしれない。先生に対して親が、「私はわかっていますよ」とメッセージを送ることが出来たら、それだけで問題が消失することだってある。そこは、子ども同士のいじめや意地悪と同じ理屈かもしれない、と思った。もちろん、それで収まらなかったら、証拠集め(記録)→学年主任→教頭→校長→教育委員会、の定例コースだけれど。


20170208_1.jpg

ほうれんそうマンよいこの1年生 (ポプラ社の小さな童話―ほうれんそうマンシリーズ (64))

中古価格¥448から(2017/2/8 15:56時点)





         
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

ゾロリ2作ダイエット大作戦・だいぼうけん!/イシシ・ノシシのお〇ら大活躍だなぁ


かいけつゾロリシリーズ42
かいけつゾロリ
やせるぜ!ダイエット大さくせん
さく・え 原 ゆたか
ポプラ社
2007年12月 第1刷
2009年10月 第2刷

かいけつゾロリシリーズ47
かいけつゾロリ
だ・だ・だ・だいぼうけん!(前編)
さく・え 原 ゆたか
ポプラ社
2010年7月 第1刷
2011年11月 第7刷

いつまでたってもゾロリが大好きだ。アニマックスで12月から再びテレビアニメのゾロリシリーズが開始するので「録画してほしい」とメモを書いたくらいだ。本のほうも最後の追い込みとばかりに、借りたことのないものを次々と借りてくる。

ダイエット大作戦はちょっと悪乗りしすぎという気もしたが、だいぼうけん!のほうは、素晴らしい。赤い飛行機がゾロリのピンチをよく救うのだけれど、ゾロリもちょっと何かに気が付きつつあるかな、という感じ。

あいかわらず、ハードカバーの頑丈な(はずの)本がボロボロ。人気のほど、どれだけ。


20161129_1.jpg

かいけつゾロリ やせるぜ! ダイエット大さくせん (42) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)

新品価格¥972から(2016/11/29 23:56時点)



20161129_2.jpg

前編 かいけつゾロリのだ・だ・だ・だいぼうけん! (47) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)

新品価格¥972から(2016/11/29 23:58時点)




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

ゾロリのちきゅうさいごの日/おならが地球を救う!


かいけつゾロリシリーズ26
かいけつゾロリ
ちきゅうさいごの日
さく・え 原ゆたか
ポプラ社
1999年12月 第1刷2009年2月 第40刷


10年間で40刷。といっても1度にどのくらい刷るんだろう?世の中にはどれだけのゾロリが出回っているんだろう。おならで地球を救うお話なんだけど、けっこう感動した。

どんでんがえしいろいろ。ドラマいろいろだ。



20161031_2.jpg

かいけつゾロリ ちきゅうさいごの日 (26) (かいけつゾロリシリーズ ポプラ社の新・小さな童話)

新品価格¥972から(2016/10/31 22:16時点)


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする