2020年04月23日

エーコと【トオル】と部活の時間。 (電撃文庫)/YAライトノベルを私が楽しむ、イマドキが楽しい(○^.^○;)


電撃の金賞受賞作とのこと。あとがきによると作者も受賞を驚いていて巷にカミングアウトするかどうか悩んでいるとか(笑)。

新しいなあと思った。あまりにも新しくてとっつきにくいかなと一瞬思ったけれど全然そんなことなかった。ややキャラクターがぼやけて感じられることがあるのでまた慣れていないのかなとは思った。これほど悲惨なミステリーがやや遠くの出来事のような臨場感のなさだが、それもまた思春期の主人公目線だと思えば現実感がたっぷりある。

子に勧めたいのだが、子は子で読みたい本が目白押しの上、新作アニメにも夢中。しかも飽きるくらい家にずーっといるコロナ休校ではあるが、本来ならば学校がびっちりとあるはずの日々なので思ったほど自由時間があるわけではない。そこを履き違えては痛い目に遭うのを繰り返して(笑)忙しい。ミステリーなのでさくっと読めるのだが、勧めにくい状況なのだm(__)m。

以下、ネタバレします。この本を読もうと思っている人は絶対に(?!)読まないほうが良いかも。











臨場感にあふれている部分は「いじめ」にかかわる部分だ。なるほど、こうやって始まってこうやって拡散していくものかと、目の前で起きているかのような臨場感だ、、、、ん〜ミステリーは感想が書きにくい。まあ要するに、本格ものといえるかも。

柳田 狐狗狸
KADOKAWA
(2014/1/30)

エーコと【トオル】と部活の時間。 (電撃文庫)

新品価格<¥643から(2020/4/23 13:28時点)





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています!バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります!


posted by kaho at 13:33 | Comment(0) | ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。