2020年01月31日

ポーン・ロボット/YAだというけれどとてもよくできたSFで感嘆!引っかかるところの全くない無駄のない自然な設定にも感動!

私(母)が地域の図書館で見かけて借りてきた。新刊本のコーナーにあった。2019年3月、初版1刷だ。あらすじを書くだけでもネタバレになりそうなので、何も書けない!どうしよう?!

何も知らずに手に取って読めたことに感謝しているくらいだもの。これを読もうとする皆さんにも是非、先行意識ゼロで読んでほしいと思ってしまう。

子には「これ、面白かったわ」と一言言って手渡した。

ちなみに、内容が濃いわりに結構あっという間に読めた。内容がとても濃かったので「あっという間に読めた」という感じがまったくなくてものすごい重厚な読了感。

開成社の公式HPによるあらすじ
ある日、主人公の宇喜多千明は、全身黒でおおわれた奇妙なランナーを夜の町で見かける。翌日、千明のクラスメートが、家族とともに蒸発した。 夏休みに入り、千明は商店街を歩いていて、万引きしている青い髪の少女を目撃する。そこで千明は自分に異様な力があることに気づくが、そこで気を失ってしまう。意識がもどった千明が帰宅すると、そこに家はなく、両親も行方不明になっていた……。
町になにかがおきている! 千明は、妹の理央と救護施設で知り合った田丸と3人で、原因究明に乗りだす。

著者略歴
森川成美(もりかわしげみ)
東京都在住。大分県出身。東京大学法学部卒業。2009年「アオダイショウの日々」で、第18回小川未明文学賞優秀賞受賞。作品に、『くもの ちゅいえこ』、共著に『ちょーコワ!最凶怪談』、『こわい!闇玉』、『プリンセスがいっぱい 5つのお話』などがある。日本児童文学者協会、日本児童文芸家協会会員、『季節風』同人。

田中達之
1965年福岡県生まれ。アニメーション監督、イラストレーター。映画『AKIRA』の原画、ゲーム『リンダキューブ』キャラクターデザイン(CANNABIS名義)、映画『Genius Party Beyond「陶人キット」』では、監督・作画・美術監督を担当した。近年では数多くの書籍の装画なども手がける。京都精華大学講師。
この著者の書籍一覧を見る


ポーン・ロボット

新品価格¥1,320から(2020/1/30 14:23時点)

中古価格¥376から(2020/1/30 14:23時点)


開成社公式HP → こちら




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています!バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります!


【SFの最新記事】
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。