2019年12月10日

ドローン・ウォーズ(船瀬俊介)/これどうだろうなぁ。通学鞄に入れて持ち運び、読み進めている、初めての?ノンフィクション

池上彰氏の番組だったか、テレビで見たドローン戦争の映像を食い入るように見ていた数日後、借りてきた。ドローンで戦争だなんてついこの間の出来事かと思っていたらこの本はすでに1年半前の出版物だった。ドローンを操縦するパイロットの心身のストレスなどについてフォーカスされ始めたのが最近だったので間違った認識を育てつつあったのに気がついて急いで脳内を修正したm(__)m。

ドローンに関するまとまった知識を得ようという視点は鋭いと思った。が、分厚いノンフィクションだということが気になった。

船瀬俊介氏のHPやFBなどを見ていると著書の多さ(多過ぎさ)や特に健康や医療に関する極端とも取れかねない主張に疑問符も浮かんでくる。ジャーナリストだということを差し引いてもややアジテーションが過ぎるんじゃないかな。子が持ち運びしているためになかなか本の内容を見る機会がないのだが、これはちょっと読んでおかないといけないかも、と思い始めた。ものすごく分厚い本なので読むのに時間がかかりすぎて気が重いのだが。

この本がニュートラルな視点で的確な情報を伝えてくれることを祈っているのだが。あるいはもしも偏りがあるとしたら子がそのことに気がついて的確な判断を下すことを祈っている、のだが。さてはて。


ドローン・ウォーズ
船瀬俊介
2017/5/15
イースト・プレス
20191204_10.jpg

ドローン・ウォーズ

新品価格¥1,540から(2019/12/4 14:31時点)

中古価格¥387から(2019/12/4 14:31時点)

Kindle版¥1,386から(2019/12/4 14:31時点)





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています!バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります!


posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。