2019年02月28日

ボタン星からの贈り物(星新一ショートショートセレクション14)/すばらしい文章!書写すると勉強になるかも?内容はブラックすぎ?!(笑)


星新一ショートショートセレクション(14)
ボタン星からの贈り物
作家 星新一
画家 和田誠
2004年1月1日 初版
2004年4月15日 第四刷
理論社

2冊一度に学校の図書館から借りてきた。そのうちの1冊を私に貸してくれて(又貸し?、笑)、もう1冊は毎日学校まで持っていく。少しずつ進んでいるらしい。隙間時間に読んでいるらしい。けどもうすでに1週間経過しているのだから、全然進んでいないともいえる。間に地域の図書館から借りてきた本を家では挟んでいるのだから、進むわけないのだけれど。けど、それでも星新一は面白い。

私は大昔に読んだ記憶のあるものが時々ある。この本の中には特にそれが多かった。とてもブラックな1冊だ。その中で「マッチ」だけは、流されてうまくいった!という私の大好きな方向に進む話で気持ち良い。表題の「ボタン星」はあまりにもブラック。最後の「午後の恐竜」も無意識になぞ解きをしているうちにぞくっとする結論に至るというブラックさ。

子がなかなか子の分を読み終わらないので、こちらが読み終わっても交換できないm(__)m。

それにしても、文章が上手だ。文章の練習に書き写すの、ありかもしれない。

もくじ
1、おみやげを持って
2、指導
3、夏の夜
4、マッチ
5、ひとつの装置
6、宝船
7、すばらしい星
8、分工場
9、輸送中
10、友だち
11、ボタン星からの贈り物
12、終末の日
13、午後の恐竜



20190301_1.jpg

星新一ショートショートセレクション〈14〉ボタン星からの贈り物

新品価格¥1,404から(2019/2/27 16:12時点)

中古価格¥88から(2019/2/27 16:12時点)


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています!バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります!


タグ:星新一
【SFの最新記事】
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。