2019年06月18日

2018年度 全国統一小学生テストを思い返す/テーマが透けて見えた。衝動のコントロール、テストの受け方。算数と数学はこんなに違った?

塾に行っていた人にとっては常識でも、我が家では大きくのしかかってきたテーマが浮き彫りになった小6の全国統一小学生テスト。受けたときの感想を下書きに残したままにしていたのを発見。懐かしくなって記事にし直してアップすることにしました。個人的記録として。

2018年度、全国統一小学生テスト 小6春(2018)

小1の秋から受け続けていた。でも新小5になるときに塾はやめるし、Z会で壁にぶつかり、統一テストも1年間、受けなかった。

が、今回はさすがに小6だ。意を決して、

「そろそろ全国での立ち位置が気にならない?」と聞いてみたところ、あっさりとOKしたのだった。



問題は帰ってきてからだった。

「算数の時間が足りなかった。」

問題点はそれだけではなかった。どの教科も、問題用紙のほうの答え(選択肢)に丸を付けていない。どうやって見直しをしたのかと問うと、「マークシートと見比べながら」と。

自己採点してみようかと声をかけたところ、なんと4教科全部をすべてやり直し始めた。答えを全く覚えていないのだそうだ。

算数にいたっては40分で解く問題なのに、やりなおしに全部で3時間かかってしまった。



テスト慣れはとても大切だ。

子もやっと同意した。

さっそく、次週に行われる模試に申し込んできた。

夏休みにも2つほど見つけけ、年末までの公開模試も月1のペースで入れることで合意。

そこから先は速かった。

過去問を手に入れて内容をチェック。あれだけ苦渋した志望校絞りまであっという間のことだった。


******************************************

さて、無事に中学生になって今、子が二度と見たくないと言った算数とは永久におさらば。せいぜいしたようなすがすがしい表情を浮かべながら軽々と代数を解いている。


算数と数学。確かに違うけれど、こんなにも違うものだったっけ?

中受算数を子が勝手に難しいものにしていただけなんじゃない?けれど、まぁ、終わったことだ。






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています!バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります!


【Z会、小6(2018-19終了)の最新記事】
posted by kaho at 00:00 | Comment(0) | Z会、小6(2018-19終了) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。