2018年04月19日

図説 世界史を変えた50の武器/武器の変遷が歴史のターニングポイントになるの、そう言われてみれば当たり前だよねぇとしみじみ


図説 世界史を変えた50の武器
ジョエル・レヴィー
伊藤綺 訳
2015年2月15日 第1刷
原書房

先記事の「花火の図鑑」よりも更に厚い2.8センチの厚みのある本である。これも図鑑。面白い。そうだよね、武器が歴史を変えたんだよねって、しみじみと思う。最後のページにはロボットが上げてあって不気味に終わる。

人間は、地球の消滅とともに一緒に消滅できるのか。それとも移住できる若い惑星を見つけてさらなる発展を遂げるのか、と脳天気に考えていたのだけれど。そうなのだ。そんなことよりもはるかに早い時代に、自滅する可能性もあるんだなぁ。

内容についてはアマゾンのレビューをお書きになっておられる方々がしっかりと書いておられる。レビューを読んでいるだけでも、狩りや農耕器具から始まった「武器」の世界を俯瞰してみることが出来て本当に興味深い。

これも子が図書館で選んで借りてきた。


20180418_2.jpg

図説世界史を変えた50の武器

新品価格¥3,024から(2018/4/18 15:28時点)

中古価格¥5,710からから(2018/4/18 15:28時点)



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています!バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります!


【情操教育的の最新記事】
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | 情操教育的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。