2017年11月29日

小学館版学習まんが人物館30マリー・アントワネット/特に別に何もしていない人だねぇ


小学館版学習まんが人物館
Marie Antoinette 
マリー・アントワネット
革命の犠牲になったフランス最後の王妃
監修/石井美樹子(金輪が大学教授)
まんが/市川能里
シナリオ/黒澤哲哉
2005年4月1日 初版第1刷発行
小学館


「この人、特に別に何もしていない人だねぇ」と子に話しかけたところ「いや、政治に口出したでしょ。ネックレスのこと裁判にしたでしょ」だそうだ。まあ、そりゃぁそうだけれど。そのくらいのこと、よくあったことなのではないだろうか。しかも、ほんの僅か前であればセーフだったものを。

本当に美しくて良い人でマイペースなんだろうなぁ、というのがとてもよくわかる。そしてきっと政治には鈍感だったんだろうな。ふわふわした現実認識の人だった様子が、本全体ににじみ出ていて素晴らしいと思った。

「ナポレオンは、フランス革命のあとに皇帝になったんだよね?」と聞いてみたら子が、はっとしていた。この間、ナポレオン、読んだものね。繋がったらしい。急に世界史に目が行くようになったようだ。断片的な知識が流れになってつながっていくのが楽しくて仕方がない、という表情をしていた。

この本を読んで直後、Eテレの「クラシカロイド」を見た。モツ(モーツアルトのクラシカロイド)が、近所の小学生の女の子にプロポーズをした。女の子の名前が「マリー」。モツ自身が自らの言動に既視感を覚えているのだが、最後にその種明かし場面があった。子が「ああ!」と嬉しそうに振り返ってニコニコした。


20171126_1.jpg

マリー・アントワネット―革命の犠牲になったフランス最後の王妃 (小学館版学習まんが人物館)

新品価格¥918から(2017/11/26 21:28時点)







過去記事「小学館版学習まんが人物館」リスト★ → こちら




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています!バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります!


【児童文学の最新記事】
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。