2017年03月09日

へんしーんほうれんそうマン/ゾロリ登場第一作、ようやく読んだよ(笑)


ポプラ社の小さな童話58
ほうれんそうマンシリーズ
へんしーんほうれんそうマン
みづしま志穂 さく
原 ゆたか え
ポプラ社
1984年11月 第1刷
2005年4月 第31刷

テレビに出て善い行いを宣伝。よい噂を流してすっかりとみんなを安心させたところで、、、、

ゾロリ、なんて悪いやつなんだ。

ほうれんそうマンシリーズ、というかゾロリそのものが初登場の1冊目だ。ゾロリが幼い顔をしている。やることなすこともとても幼い。でも、不思議とスケールが大きい(ようにも思える)。

みんなで「い〜ぃけないんだ、いけないんだ!」と誰かに言いつけたくなるようなことばかりゾロリはしているんだろうな。

ほうれんそうマンシリーズを読んでも、私個人はゾロリに何も感情移入はない。なので、スピンオフ(かいけつゾロリシリーズ)ができても、特別読もうと思わない。けれど、男の子の何かを刺激するのだろうか。かいけつゾロリ、恐ろしいほどの大ヒットだ。

子は、かいけつゾロリと同じようにほうれんそうマンシリーズが大好きだ。


へんし~んほうれんそうマン (ポプラ社の小さな童話―ほうれんそうマンシリーズ (58))

中古価格¥761から(2017/3/4 19:00時点)

↑ 中古でも全然値段が下がっていないm(__)m







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています!バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります!


【ライトノベル的の最新記事】
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック