2017年01月16日

大正時代のサバイバル/戦争が描かれていない。大衆文化をはぐくむ大正時代がわかりやすい


日本史BOOK歴史漫画サバイバルシリーズ13
江戸の町のサバイバル
ストーリー チーム・ガリレオ
監修 河合 敦
マンガ 柏葉 比呂樹
日本朝日出版
2017年1月30日 第1刷発行

ライトとルナの兄妹がエレベーターでタイムトラベルする。東京スカイツリーを見に行った二人が、東京タワーの可愛らしさに萌え、かつては浅草に凌雲閣というタワーがあったという話をしていると、、、、

凌雲閣は、浅草十二階という別名がある。とても美しいビルディングだ。今も残っていればいいのに、と本当に残念に思う。

戦争の影は「成金」の出現や衰退でわかるだけ。街並みと人々の暮らしの変化、大衆と接触のある文化に焦点を当ててある。時代の雰囲気がとてもよくわかる、宝物のような1冊に仕上がっている。

こうやって視覚的に大正時代を眺めていたら、平成の今の時代に少し似ているような気がしてきた。特に「妖怪ウォッチ」の世界観とか。と思って、ネットで「大正、平成、似ている」とキーワード入力してみると、「似ている」という記事がずらりと。びっくりした。

閉塞感半端ない平成時代と言われて久しい今の時代の文化が、大好きだ。こなれ感半端ないというか、洗練度がちょうどよい。子育てしながら、この年になって子供たちの文化に一緒に触れていけることを、この上なく幸せと思う。

さて、この本の次の時代が「戦後のサバイバル」である。ということは、1945年以降を扱うのだろうか。今回の「大正時代のサバイバル」でも第一次世界大戦も直接には描かなかった。第二次世界大戦も、またいでしまうのかもしれない。小学校3、4年生を対象とした漫画本とはいえ、歴史書には違いない。それが明治以降の全ての戦争を描かないつもりのようだ。戦争の描かれていない近代、現代史というのを、生まれて初めて目にしたかもしれない。


20170116_1.jpg

大正時代のサバイバル (歴史漫画サバイバルシリーズ)

新品価格¥1,296から(2017/1/16 13:22時点)




凌雲閣 Wikipedia → こちら
 ↑Wikipediaを読むと、この建物の薄幸な側面が見えてくる。1890年に開業して、20年弱(?)の明治末期には入場者数が減り経営難に。階下は銘酒屋になっていたとのこと。銘酒屋というのはお酒を飲むところではありませんよ。大人の世界です。この本の舞台となった時代にはすでにそのような状態だったはず。でも、大丈夫。エレベーターからほぼ直行で外に出て、浅草の街を堪能しています。

凌雲閣  → こちら
 ↑こちらの写真入り記事には、そのような大人の世界の側面には一切触れていない。江戸東京博物館にジオラマがあるらしい。江戸東京博物館には何度も行っているのだが、なんということだろう、かすかな記憶しかない。もったいない、、、

 Yahoo知恵袋「浅草、銀座の衰退と新宿、池袋、渋谷の発展は」 → こちら
 ↑浅草は、明治末期〜大正時代の最先端だったことがわかる。今の東京での六本木や表参道のような感じのようだ。

大正ロマンで非日常を〜憧れのあの時代を旅するブログ〜  → こちら
 ↑今も残る「大正」の香りの写真満載。こんな感じなんだなあ。

ニコニコ大百科「大正浪漫」  → こちら
 ↑大正時代の雰囲気がとてもよくわかるHP。大正浪漫を一言で言い表すならば、華族文化の大衆化とのことである。今現在の文化の形(基礎)が形つくられた時代だということなんだな。ビル、外食産業、お菓子、映画、雑誌、小説、、、、なるほどなぁ。

大正ロマン Wikipedia → こちら
 ↑上記「ニコニコ大百科」をもう少し詳しく書いている。

大正時代 Wikipedia → こちら
 ↑そういえば、明治、大正、昭和、平成というのは、「時代」というよりも「年号」である。文化の区分としては、「明治時代」と「大正、昭和、平成」がひとくくりになりそうな気もする。

日本史時代区分表 Wikipedia → こちら
 ↑大正、昭和、平成の文化時代区分は空白になっている。

大正・昭和・平成の違い!着物の着こなし方を時代別に解説  → こちら
 ↑並べて絵にしてある。とてもよくわかる。なるほど、ほんの細かいところに違いがあって、確かにその部分に時代を感じる。


2ちゃんねる 「現代と大正時代が似ていると話題に」  → こちら
「大正」と「平成」  → こちら
あまりに似ている大正バブル崩壊後の時代と現代  → こちら





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています!バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります!


【学習漫画の最新記事】
posted by kaho at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学習漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック