2016年02月17日

よい子への道(おかべりか)/笑える!漫画のようなイラスト集のような

この笑いを子は理解できるのか?と思った私はバカだった。翌日が休みだったこともあって、結局全部、一挙に音読する羽目になった。前回記事で「ムジナ探偵局」を取り上げた際に、イラストが「おかべりか」となっていたので、思い出した1冊。この本はそういえば「よい子への道2」があったのも思い出して、ついついこれまた、注文してしまった(笑)(笑)(笑)。

この本は私が音読して以後も、人気持続中である。学校から戻った子が着替えに自分の部屋に入って出てこなくなった。あまりに静かなので気になって覗いてみれば、半分だけ着替えた子が床に寝転がってこの本を手にげらげらと笑っていた、なんていう光景を何度も見た。

ちょっとだけご紹介。

たとえば、、、

よい子への道 その1 「学校へもっていってはいけないもの」

題名を読んだだけでも吹き出しそうである。いったい何がリストアップされるのだろうか?とわくわくする(笑)(笑)(笑)
正解は、

 1、ことばづかいのわるい石
 2、ひげのはえるくすり
 3、超強力またたび
 4、じぶんとそっくりなロボット

ではつぎ。

よい子への道 その2 「学校からのかえり道でしてはいけないこと」

、、、、どんなことが正解なのでしょうか。

続きが気になりますね(笑)(笑)(笑)

注文した「よい子への道 2」もアマゾンの書評、評価上々です。届くのが楽しみです。



20160216_1.jpg

よい子への道

新品価格¥1,080から(2016/2/16 13:18時点)


よい子への道   おかべりか  福音館書店  1995/10/10
よい子への道 2 おかべりか  福音館書店  2003/10/10


※Wikipedia によると、「おかべりか」さん、多才なご一家なんですね。すごいです。


岡部冬彦(お父様、漫画家) → https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E9%83%A8%E5%86%AC%E5%BD%A6

岡部一彦(お父様の兄、アニメーション作家)
岡部いさく(弟、軍事評論家) → https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E9%83%A8%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%8F
水玉螢之丞(妹、イラストレーター) → https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%8E%89%E8%9E%A2%E4%B9%8B%E4%B8%9E





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています!バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります!


タグ:おかべりか
【児童文学の最新記事】
posted by kaho at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック