2015年02月09日

国会議員を精神分析する(水島広子)/ボスママって、、、健全な自己愛を育てる大切さ

前著の講談社現代新書の「親子不全〈キレない〉子どもの育て方」を読んでから読むとなお面白いと思うが、これだけでも十分面白い。こうなってくると心理書にするか育児書にするか。分類に困る。同じことなのだろう。

20150209_1.jpg

国会議員を精神分析する―「ヘンな人たち」が生き残る理由 (朝日選書)

中古価格 ¥220から (2015/2/9 19:05時点)



本書ではクロニンジャーのパーソナリティ理論を基に「自己愛性パーソナリティー障害(NPD、Narcisstic Personality Disorder)」への理解を深めている。本書は政治の世界をいかにしてよくするか、ということを論じている。個々の対処法は載っていない。

自己愛性パーソナリティー障害といえば、ヒトラーやカラヤンを持ち出すまでもなく身近にいくらでも存在する。セクハラ、モラハラ、モラ夫、DV、長男教、毒親、ボスママ、お局、マウンテン女子、ジャイアン。他者への共感性が極めて乏しい究極的に自己中心的な人たちの一群だ。

国会議員や有名人の場合はどうなのか知らない。が、一般には自己愛性パーソナリティー障害とかかわるのは、時間の無駄。性格をおかしくされる。全てを奪われる。積み上がるものがない、、、とにかく良いことは一つもない。

世の中でよく言われている対処法はある。可能であれば「初めまして」の段階で。何らかの違和感を感じた場合、意識して相手よりも上から目線で接すること。不快なことがあれば、その場で即座に明瞭な不快表明をすること。マイペースを保つこと。すなわち、カモにはなりえないことをアピールするのだ。そして、可能な限り相手の方からフェイドアウトしていただく。あるいは逃げる。

実体のある健全な自己愛を育てるのが子育てだと著者は言う。好みもあるので一概には言えないが、自分の子どもを自己愛性パーソナリティー障害に育て上げるのはどんなものだろうか。子孫繁栄にかかわる気がする。幸せな家庭なぞ望めない。

本書にはないが、もう一つ大切なことがある。自分の子どもをそういう人たちの犠牲者(ターゲット)にしないことだ。友達間での主従関係を容認しないこと。不快なことに関して「No」をはっきりと言う癖をつけること。マウンティングされたら手加減無用。世の中には他者への共感性に乏しい人が結構な割合で存在することを、日頃から話題にしておくこと。遭遇したときの気構えを日頃から叩き込んでおくことだ。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています!バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります!


【育児や人間関係を紐解く心理学の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック