2014年10月31日

竜退治の騎士になる方法/岡田 淳

「読んだ本、ここに置いとくね」と昨朝、学校に行く前に子が声をかけてきた。

14.jpg

竜退治の騎士になる方法


一昨日の朝、「今度はこれにしよう!」と言いながらランドセルに入れた本じゃない?もう読んだの?ねぇ!竜って本当にいたの?退治できたの?騎士ってどんな人?

と矢継ぎ早に質問する母に子は一言だけ「竜はいたよ!じゃね!」。そして別の本を物色してランドセルに放り込んだ。そして、走って学校に行ってしまった。

いくらなんでも妙に楽しそうだ、と思った。で、思い出した。

子が本を読むようになったきっかけは竜だった!エルマーだ(笑)。

index.jpg

エルマーのぼうけん 3冊セット (世界傑作童話シリーズ)


エルマーを途中から一人で黙々と読み終えたあの夏から1年ちょっと。小1の落ち着かないガキが小2になった。少しは落ち着いてきたと思うけれど、やっぱり、竜!

でも、この本は竜以上の何かがある。だってね、昨日学校から帰ってからの会話が意味深だった。学校から帰ってくると子は、何をしていてもしゃべり続ける。話題の中にお友達の話が出てきたので言ってみた。女の子の友達も作った方がいいよ。たくさん作った方が好いよ。するとなんと、こう答えたのだ。

「いるよ!もうとっくに!一人いるんだよ!」

それは、昨年の春、小学校入学してすぐの時。新しいクラスでお隣になった女の子だった。あれれ、この間ダブルデートしていたお嬢さんたちじゃないんだ?(笑)とからかったら、回し蹴りされてしまった(笑)。

お友達のことも、女の子のこともこれからは、切ないことが増えるね。でも、楽しいことはもっと(!)増える。放課後の学校という舞台は、そんなドラマの宝庫だ。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています!バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります!


タグ:岡田 淳
【児童文学の最新記事】
posted by kaho at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック