2019年07月18日

「のび太と鉄人兵団」/ドラえもんの学習漫画にも目覚めた「大長編ドラえもん」全巻大人買いの思い出〜心の友となる漫画との出会い


てんとう虫コミックス
大長編ドラえもん7
のび太と鉄人兵団
藤子・F・不二雄
1987/1/28 初版
小学館

子はドラえもんが特に好きではなかった。が、小学校に上がって、周りがドラえもんだらけ。学校でも推奨している。なぜ?と思ったら日能研が絡んでいた。それならばと意を決して、テレビアニメの録画も始めた。が、子の興味はさほどではなかった。変化が訪れたのはその後だ。

映画「ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜 」の宣伝を目にして、目の色が変わった。「これ!見る!」

ということで、映画に行った。下敷きと塗り絵ノートを買うほどまでに傾倒してしまった。他のも見てみたい!と興奮している。ということで、映画のDVDを考えた。すると、膨大な数があった。仰天。これは無理だ。お金も時間も。と悩んでいたところに、マンガの文庫が目に入った。いくつか、物色して買ってみた(2014年12月の話だ、小2)。もちろん、目当ての「大魔境」にも狂喜乱舞でした。が、その中で、子が一番何度も繰り返し読んでいるのが「のび太と鉄人兵団」である。

もう中学生になったわけだし、さすがに小学校高学年になってからは読んでいないが宝物であるらしい。

母にも読め読めと、何度も持ってきた。心の友なのだそうだ。

ある日、ブックオフに立ち寄ったらこのシリーズが全巻そろって束にしてあって8000円で売っていた(2015年夏ごろ、小3)。高いと思ったけれど買ってしまった。子の喜びようを見ていたら「まあいいか」と思った。その後も、大切に大切に扱って何度も読み返している。きっと大人になっても大切に持っているだろうな。

アマゾンにも「大長編ドラえもん 1~最新巻 、マーケットプレイス コミックセット」がある。レビューを見ると安い分、程度の良くないものが多いみたいだ。うちで買ったものも中古だけれど、本当に読んだのかしら?と思うほどきれいだった。アマゾンの中古でも、割高になるけれど我が家が購入したのと同額以上の程度の良いものであればきれいなようだ。値段が下がらないということだ。人気なんだなぁ。そこまで下がらないのであればいっそ、全編大人買いにするとしてもKindle版にしてしまったほうがよいのかもしれないなぁ。我が家ではもう手遅れだけれど。


20190714_2.jpg

大長編ドラえもん (Vol.7) のび太と鉄人兵団 (てんとう虫コミックス)

新品価格¥463から(2019/7/14 20:03時点)

中古価格¥1から(2019/7/14 20:03時点)

Kindle版¥453から(2019/7/14 20:03時点)


20190714_3.jpg

大長編ドラえもん 1~最新巻 [マーケットプレイス コミックセット]

新品価格¥11,112から(2019/7/14 20:19時点)

中古価格¥5,020から(2019/7/14 20:19時点)


大長編ドラえもん Wikipedia → こちら




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています!バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります!


posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック