2020年02月04日

1年前の懐かしい中受の思い出、受験が終わったら親の手元からすり抜けるように自分の世界に戻っていくんだと我に返った朝

子が手を離れたと思った瞬間は何度か覚えている。子が私の手を振り切って一人で公道を歩いた日とか。一人で電車に乗った日とか。中受の親子密着は極めて人工的だけれど。中受が終わって中1を過ごしてみると、忙しい時には相変わらず小さいころと変わらないくらい手がかかることを実感する。なのでいちいちこんなふうに感傷的になることもないのだけれど(笑)(笑)(笑)。


******1年前の下書きここから******

あと数日で本番という日になって、朝早く飛び起きた。「朝、あまりにもバタバタするのが嫌になった。」という。もう何カ月も寝不足のまま朝を迎え、ぎりぎりまで眠って、まだ半分しか目が開いていない状態で学校に行っていたのだ。そして、ゆっくりと自分で支度をする子の横で私は急に手持無沙汰になった。

受験が終わったら子は学校と友達の世界に戻っていくことはわかっていることだし、私としても甘やかしたいわけではなかった。なので必要最低限しか手伝ってはいなかった。それでも受験でぎりぎりの生活をしていると、親子の距離がこんなにも密着していたんだなぁ。

もうすぐ受験が終わるね。

******1年前の下書きここまで******

子が手を離れる瞬間は急に来る。そしていきなり手持無沙汰になる。けれどね、時間ができたらそれはそれで嬉しいもの。といっても子育て大好きなので、子育てに没頭できる幸せは究極なものだと思っているのも確か。どっちよ?と自分でも自分に問いたくなるんだけれど。



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | Z会、小6(2018-19終了) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする