2019年05月15日

中学入試 国語 暗記分野 3700/ 昨年、過去問見て語彙力不足を思い知った、電子辞書を引きながら2日間で一気に読破、文字の小さい本を借りるようになったきっかけとなる


The Final Check of Word Literacy
中学入試 国語 暗記分野 3700
小学教育研究会
2014年9月28日
受験研究社

カバーに書いてある文字を拾ってみるとこんな感じ。

中学入試、国語の点数がみるみる上がる、直前期の最終確認にも最適!
入試カバー率99.8%
暗記分野 漢字、ことわざ、慣用句、四字熟語、対義語、類義語、同音異義語、同訓異字

内容としてはアマゾンに書いてある通りかと。

●中学入試対策として,漢字や語句を基本語から難関校を突破するための重要語までレベルを3段階(総語数3700以上)でまとめました。理解度に応じて学習を進めることもできます。
●漢字は読み書き,語句は慣用句・ことわざ・四字熟語・類義語・対義語・同音異義語・同訓異字を取り上げました。
●消えるフィルターを使えば,漢字の読み書きや語句を答える問題集となります。
●付録として,間違えやすい漢字や間違えやすい送りがなを特集しています。

2年ほど前にどこかのサイトを見て購入した。小3の頃だった。学校の宿題で自学ノートというのがある。簡単に書ける漢字なのに、1ページいっぱいになるまで同じ漢字を何度も書いていた。そうするのが宿題だというのだ。「自学」なのに内容指定?詳しく聞いてみると、書く漢字そのものは自分で選べるらしい。ならばこの本の中から選べば?と手渡したのが子とこの本との出会いだ。

小3では習っていない漢字も多い。なので、熟語の中で全部の文字を習っているものを選び出して書くことにした。自学で何度かそのようにして活躍した。その後はそんな無駄な宿題も出なくなり、すっかりと忘れ去られていた。

そして今回。「あの本はどこにいったんだろう?」と子がつぶやいたのだ。

ゴールデンウィーク中に第一志望の学校の過去問をやってみたのだ。算数をいっしょにやってみた。そして続けて国語を自力でやろうとしたのだ。そして、途中で手を止めて、この本を手に取ったのだ。

ゴールデンウィーク明けの土日の2日間かけて、電子辞書を片手にこの本を読破した。

小さな文字でぎっしりと、語彙と読み、意味などが表になっているのだ。これを片っ端から読み上げて、わからないことが出てきたら電子辞書を引く。座ったり立ったり寝転んだりしながら。いままでまったく見たことのないような、すごい集中力だった。

過去問を解くには語彙が足りないことを実感したのだという。学校の図書館で借りてくる読みやすい大きな文字の本を家で読むのはやめようかという親の提案にムッとしたこともあったけれど、あれはもっともだと思ったとのこと。

そしてこれ以降、文字の小さめの本を借りてくるようになったのだった。

もちろん、家で楽しみのための読書をしている時間はない。家に持って帰ってくれて見せてくれたあとは、学校に持っていく。休憩時間に読んで楽しんでいるのだが。



中学入試 国語 暗記分野3700: 国語の点数がみるみる上がる


新品価格¥864から(2019/4/29 15:38時点)

中古価格¥243から(2019/4/29 15:38時点)








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | Z会、小6(2018-19終了) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする