2018年06月29日

透明人間のくつ下/もしかして大人向けの本?ものすごいスピードであっさり読んでしまったよ、なんだか嬉しい〜


透明人間のくつ下
The Invixible man's socks
アレックス・シアラー
by Alex Shearer
金原瑞人・訳
2008年8月6日 初版発行
竹書房

冒頭を読んで思った。子の(だけでなくみんな)大好きな「妖怪レストラン」に似てない? 

先に読んだ子に聞くと「確かに」と同意してくれた。それもあったし冒頭からすでにやや冗長でなかなか本題に入ってくれない。最近は気が短くなったのだろうか、読み進める気持ちになれなくて「残念だけれど」と子に白旗振って降参した。

子によると、最後のどんでん返しがとんでもなく楽しかったそうだ。途中は確かに冗長で、引き延ばししているのかなと子供心にも思うくらいだったそうだ。アマゾンの書評を見ると同じことを書いている人がいて、やっぱりそうなんだな、とは思った。けれど、もう少し時間があれば読んだのになぁとちょっと後ろ髪惹かれる気持ちになる。良い本なんだろうな。

この本は学校間を巡回しているんだそうだ。時々この手の本を借りている人は「返してください」とアナウンスがあるそうだ。集めて、ごそっと巡回するのだろう。そういう扱いの本が学校の図書館にあることそのものを知らなかった。

活字が小さくて振り仮名がほとんどない。大人が読んでもストレスフリーの単行本である。ん?もしかして大人用なのかな?

こんな本をあっさりと読むことができるようになったんだねぇ。

なんだか、感動した。

時間ができたら私も読んでみよう。そう思った。

あそうそう、題名。最後まで読んだら、なぜこんな題名なのかがわかって、痛快だったと教えてくれた。なるほど(嬉)。


20180628_2.jpg

透明人間のくつ下

中古価格¥362から(2018/6/28 16:22時点)

新品価格¥18,521から(2018/6/28 16:22時点)





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

獣の奏者7完結編(上/束の間の平和の巻なのかな、エリンの心情主張は相変わらず理解できないしジェシが可哀想すぎるけれど


講談社 青い鳥文庫 273-7
獣の奏者(けもののそうじゃ)7 完結編 上
上橋菜穂子/作
武本糸会/絵
2011年8月15日 第1刷発行
講談社

王獣の生態が少しずつ解明されていくのがおもしろい。王獣って架空の生き物なのにね。

ジェシの淋しさは、働く母親を持つ子供の普遍的な課題のような気がする。自営などやあるいはそれに近い、見通しや責任を伴うことをやっている場合は特に。家に帰って一緒にいても親は別のことを考えているという風なことが子供にはこたえる。家にずっといる親であっても、最近クローズアップされてきた毒親なども同じ現象だと最近思うようになった。毒親は子供を見ていないのだ。そういう意味では働いている普通の親のほうがよほど愛情深い。それはそうなのだけれど。

「エリンは王獣を放っておけないんだねぇ、ジェシと一緒にいてあげられるといいのに」と子に感想を何気につぶやいたところ、子はこういった。「仕方がないんだよ、子どもを自分の運命に巻き込みたくないんだよ。」

なんという深い読みだろう、と思った。なるほどなぁ。

でもねぇ、その人の子として生まれているというだけですでに、巻き込まれているのだ。ならば、成長に応じて説明をし、一緒に運命を乗り越えるパートナーとして育てるほうが良い気がする。そうしないと、どこかの時点でその子はグレそうな気がする。

だってね、蚊帳の外だもの。淋しいことこの上ないでしょう。

それに、自分の将来は自分で決めたいよね。そのために親に関する情報は大切だ。それをしてもらわなかったからエリンもいつまでもそのことにとらわれているのにね。同じことを自分の子供にするんだなぁ。

この物語の根底に流れているんじゃないかと思われるテーマは読み手の私を、どことなくイライラさせる。そのことをこの巻で、自覚した。「幸せ」という言葉が頻繁に使われていることに気が付いた。

「幸せ」という言葉は、絶対的に自覚的な言葉である。宣言といってもいい。自分が「幸せである」といえばそうなのである。なのに、主人公もセィミヤも、自分ではない他者の「幸せ」を、論じっぱなしなのだ。それって他人に決めてもらう筋合いのことではないのだ。だからものすごく余計なお世話だ。子供であるジェシを巻き込む巻き込まないの判断に関しても同様だ。きわめて日本的なよりかかり合いの上に成り立っているこの発想は、昔「甘えの構造」として論じられた日本人の心性に近いのかもしれない。

非常にうっとうしい。

そしてそのことに反発して成長するジェシは、自分で判断を下すためか、自力で情報を集め始めるわけだ。

とても健全な青年に育っているんだなぁ。ジェシの登場で、新しいジェネレーションの育っている様子が伝わってきて、楽しくなる。


もう一つの違和感はエリンのこだわりである。

エリンのやろうとしていることは、すでに原爆のある世界から、原爆のない平和を望もうとしていることに似ているような気もする。あるいはもう完全に飼いならされた飼い猫の繁殖のコントロールを、いまさら拒否することに似ているような気がする。

突き詰めると破たんしか、ない。ような気がするのだ。

それだから、物語に流れるもの悲しい通奏低音を醸造しているのだなぁ。

どこかで読んだ気がするのだけれど、「物語というのは現実が動かないところに生まれる」という言葉を思い出した。葛藤にこそ物語は存在するということなんだろうか。そうかもしれない。あるいは、想いと現実の乖離。なるほどなぁ。

次の巻で最後だ。あとは外伝を残すのみである。

外伝は青い鳥文庫からは出ていないみたいだ。それだからかもしれない、学校の図書館には置いていないんですって。なので、地域の公立図書館で探してもらって(書架(倉庫)にあった)厚い単行本を借りてきた。

20180628_1.jpg

獣の奏者(7) (講談社青い鳥文庫)

新品価格¥648から(2018/6/28 16:00時点)

中古価格¥36から(2018/6/28 16:00時点)






         
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:獣の奏者
posted by kaho at 16:05 | Comment(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

獣の奏者6探求編(下/ジェシが可哀想になる、エリンは何を考えているんだろう?と思ってしまった巻


講談社 青い鳥文庫 273-6
獣の奏者(けもののそうじゃ)6 探求編 下
上橋菜穂子/作
武本糸会/絵
2011年6月15日 第1刷発行
講談社

「探求編 下」だ。5巻が「上」だったらしい。けど、さほどのつながりを感じない。別ステージと考えたほうが良いような気もした。エリンの息子ジェシの目線が多い。あとはエリン。

ジェシにとって父のイアルは指物師としての姿しかしらない。いきなり「堅き楯」としての動きをされてしまうと父とは思えない他人に見えてしまう。恐いだろうなぁ。

エリンは、母親のソヨンのように伝統を守るつもりはない。王獣を戦闘用として増やして使うつもりもない。けど、私にはエリンがなにをしようとしているのかがいまいちよくわからない。西郷隆盛を理解できない時と同じようなもやもや感が残るのだ。

キーマンは、シュナン(大公)の側近であるヨハル(先祖にエリンと同じルーツを持つ人がいる)の養子であるロランのような気がするのだが。さてはて、どうなるのかな。

「探求編 下」というわりには、最後は「つづく」という終わりかただ。「探求編 上」のほうがよほど「ここでいったん終わり」という感じがした。全体的になんだか中途半端な印象の巻だった。

はやく次を読みたい。

が、学校では図書館が読書週間(?二週間?)に入ったらしくて、いろんな種類の本を16冊借りる、という企画が始まったらしい。あと10日は同じシリーズを借りてくることはない。ああ、待ち遠しい。

20180620_1.jpg

獣の奏者(6) (講談社青い鳥文庫)

新品価格¥670から(2018/6/20 17:56時点)

中古価格¥31から(2018/6/20 17:56時点)



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:獣の奏者
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

ズッコケ三人組の推理教室/ネコが大変だ!三人組+美人クラスメートの大活躍にワクワクする!止まらなくなるよ。


こども文学館10
ズッコケ三人組の推理教室
作家 那須正幹
画家 前川かずお
発行 1989年7月 第1刷 
   1998年7月 第19刷
ポプラ社

表紙の絵を見ただけで子がこう言う。「猫を使って犯罪を犯すなんて、許せないよね。」

そうなのだ。ちょっとしたヒントを手繰り寄せて、犯罪の全貌を解明していく手腕はお見事な三人組だ。三人組に美人が加わって華やかなんだけれど。そして、事件が解明された後の大人たちの判断もすばらしい。こうくるのか、みたいな。そこが一番の番狂わせで、一番面白かったポイントだったかも(大人には)。

まあ、こんなに都合よく情報が立ち現れるものかな、と勘繰ってしまうとそこまでなんだけれど。

今回モーちゃん大活躍。「一番適性のあるのはモーちゃんかもね」と子も言っていた。

後半にさしかかるともうあっという間に読み終わる。おもしろかった。

20180619_1.jpg

ズッコケ三人組の推理教室 (ポプラ社文庫)

新品価格¥648から(2018/6/19 15:08時点)

中古価格¥1から(2018/6/19 15:08時点)

Kindle版¥600から(2018/6/19 15:08時点)






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

宇宙のネロ/星新一ショートショートセレクション2〜「星新一がずらりとあったんだよ!」と目を輝かせて借りてきた!珠玉の作品群


星新一
ショートショートセレクション2
宇宙のネロ
作者 星新一
画家 和田誠
2001年12月初版
2003年4月第6刷
理論社

「星新一がずらりっと図書館にあったんだよ!」と嬉しそうに借りてきた。星新一は以前一度借りてきたような記憶があるようなないような。話題に上がっただけだったかな?と自分のブログを検索してみたのだが「借りてきた」などという記事がどこにも見当たらない。記録を取っておくことの大切さが改めて身に染みたのであった。

それはともかく、小躍りして楽しみに借りてきた星新一である。

最初の2話は腹を抱えて笑えるほど面白かった。そして3話目からブラックユーモアが混じり始める。最終話にまたまたちょっとは救いのありそうな(?)ショートを読んで終了である。

「ショートショートセレクション」なのでこのままの本を読んだわけではないだろうけれど、どのお話も遠い昔に読んだ記憶がかすかにある。友人に星新一の大ファンがいたのだ。全部借りて読んだ。

星新一がどうのではないのだが、短編は基本的に苦手だ。オムにパスでも苦手だ。だから妖怪ウォッチの映画のオムニパス形式のものがあったが、あれも苦手だ。1話読み終えるごとに本を膝に置いて、読んだばかりの物語を反芻し始めてしまうのだ。余韻に浸るというのか、そのようなものである。印象が深ければ深いほど次の物語に取り掛かるまでに時間がかかる。いきおい、本を読み終わるのにとても時間がかかってしまうのだ。子は、短編をどのように読むんだろうな、楽しみである。

ちなみに、私のお気に入りは「待機」「空への門」「宇宙の指導員」である。もろに1番目と2番目、そして最後の1話だ。子は表題の「宇宙のネロ」を気にいるんじゃないかなと推測している。読み終わったころに聞いてみよう(嬉)。

1話1話が1枚の重厚な絵のような、珠玉の作品群である。

待機
空への門
友好使節
愛の鍵
復讐
しぶといやつ
食事前の授業
信用ある製品
廃墟
雪の夜
処方
友を失った夜
乾燥時代
白昼の襲撃
宇宙のネロ
オアシス
宇宙の指導員



20180616_1.jpg

宇宙のネロ (星新一ショートショートセレクション 2)

新品価格¥1,404から(2018/6/16 18:48時点)

中古価格¥565から(2018/6/16 18:48時点)


星新一公式HP ホシヅル図書館 → こちら

 ↑ 収蔵作品の題名全部がリスト化されています。




         
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:星新一
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

獣の奏者5/探求編の前編、いきなり11年後、とっくに結婚していて子供までいた!すっ飛ばさないでぇって思うけれどでも、、、


講談社 青い鳥文庫 273-5
獣の奏者(けもののそうじゃ)5
上橋菜穂子/作
武本糸会/絵
2009年5月15日 第1刷発行
2009年6月4日 第2刷発行
講談社


いきなり時間が経っていて、エリンは結婚しているし子供もいる。そしていきなりの召喚。真王は王としてのよりどころを失っていて(心ある普通の神経していれば当然の反応だけれど)、そのために情勢は不安定。そこに、エリンのお母さんが死ぬことになった原因と同じ事件が発生する。

王獣と同じように闘蛇も、あの時の惨劇を教訓に。

ところが、そのあたりのあれこれが、微妙なことに?なっていくのか?

建国直前の出来事が、いろんな人の伝聞の寄せ集めのために、こんがらがってよくわからないところに、新事実が出てきて、さらにこんがらがっていく。

そして、これではみんな(ってだれ)がこだわって、そして主人公のお母さんが命に代えてもルール(?というの?)を守ったのは何のためだったんだろうかと。いろんなことを無に帰していくんじゃないかという不安が的中しそうな不安定なところで、次の巻に続く。

「闘蛇編」でも思ったし「王獣編」ではなおさら思ったのだけれど、人工的に庇護した動物のバースコントロールは必須だ。きっと問題はそこではなくて、闘蛇や王獣を操れることそのものが国防にかかわるというか、権力と結びつくというか。なのに、なぜバースコントロールのほうまで秘密にする必要があるのかとか、腑に落ちない点が多かった。技術を独占するためか。でも、増え過ぎるのであれば、野に放せよいだけなのではないだろうか。まだまだ、それが許容されるだけの自然がたっぷりありそうな舞台設定だし。

もっというと、エリンがなぜそれらの自然の姿にそこまでこだわるのかもよくわからない。古の人たちが秘密にしてしまったせいでこだわりが増してしまっているような気もするし。エリンのようなこだわり方をすると今の世の中では、犬や猫と一緒に暮らすなどということができなくなるから、なおさらだ。鳥や魚(観賞魚)だって、自然のまま無尽蔵に増えるだけ増やして大丈夫というものではないのだから、どこかで線引きが必要になる。それとも、そういうこととは問題が違うのだろうか。だとしたら私の誤解なのでほっとするのだが。

もともと無理の上に無理を重ねて成り立っている王国なんだろうなぁ。どんな形で落ち着くんだろうか。今回も大公の側近の黒鎧が「実は、、、」状態だったりと都合のよい設定が多いといえば多いけれど。次巻が楽しみだ。

20180614_1.jpg

獣の奏者(5) (講談社青い鳥文庫)

新品価格¥778から(2018/6/14 22:53時点)


         
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:獣の奏者
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

こちらズッコケ探偵事務所/小6が大人顔負けの推理と行動力でハードボイルドなミステリー。スリル満点!ドキドキハラハラ怖かったぁ〜!


こども文学館40
こちらズッコケ探偵事務所
作家 那須正幹
画家 前川かずお
発行 1983年11月 第1刷 
   1994年4月 第30刷
ポプラ社


前回借りてきたのが「探偵団」(1979年)今回は「探偵事務所」(1983年)である。事件が起きる。頭を使って推理する。体を張って証明する。いざとなってやっと大人が介入してめでたしめでたし。「探偵団」よりも相当ハードボイルドだった。

本格ミステリーといえば、前回「探偵団」の記事を書いた時には気が付かなかったのだが、「ズッコケ探偵団」の1979年の発売は、島田荘司氏の「占星術殺人事件」の1981年よりも、そしてもちろんだが、綾辻行人氏の「時計館の殺人」の1991年よりも早いではないですか。

最高級におもしろいミステリー&ハードボイルドだった。

子に「早く読んで、早く!」とせかされながら読んだ。これと一緒に借りている「獣の奏者4」を一緒に返して次を借りたいらしい。このシリーズ、両方とも本当に面白い。正直なところ、受験勉強のじゃまなんですが。でも、大好きなテレビ番組を我慢してでも読んでいるのだ。

予想よりも早く読み終えてくれた親に感謝の視線を向けながらいそいそと、2冊の本をランドセルに詰め込んだ。どちらのシリーズも次が楽しみである。

20180611_2.jpg

こちらズッコケ探偵事務所 (1983年) (こども文学館)

中古価格¥47から(2018/6/11 13:50時点)

20180611_1.jpg

こちらズッコケ探偵事務所 (ポプラ社文庫)

新品価格¥648から(2018/6/11 13:47時点)

中古価格¥1から(2018/6/11 13:47時点)

         
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

獣の奏者4/王獣編完結だ!すばらしい終わり方に大感動、設定のすばらしさを何度もかみしめてしまった


講談社 青い鳥文庫 273-4
獣の奏者(けもののそうじゃ)4
上橋菜穂子/作
武本糸会/絵
2009年5月15日 第1刷発行
2009年6月4日 第2刷発行
講談社

青い鳥文庫では、1,2巻が闘蛇編、3,4が王獣編のようだ。そして、著者がいったんこれで終了にしたらしい。「完」にふさわしい終わり方だった。語りすぎず、壮観だった。

みごとだ。

4巻目はいよいよ陰謀うずまく王宮である。どんでん返しに次ぐどんでん返しというのか。ハラハラ、ドキドキする場面が多い。そして映像的にも壮観な眺めの中で、フィナーレである。

よかったなぁ(しみじみと何度でもいう)。


興味深かったのが、頭はよさそうなのに芯があるようなないようなうら若き真王と、国の創設者(?)である王祖だ。この二人、姿かたちは似ているのだと想像するが、中身は対極にある。

王祖はもともと、一度ほろんだ王族と手を組んだ祭司である。猛烈な反対を押し切って、ものすごい熱意でもって王獣の編隊を組む。そして豊かな国の闘蛇退治に熱意を燃やす。けっか繁栄していた国をまるまる滅ぼしてしまい、自国から追放されてもなお「王座」にしがみつく。死に物狂いで別の土地に逃げ延びて、そして王の座につくのだからすごい。この娘の「王座」に対する執着のほどが描かれている。あまりにもあっさりと描かれているので見逃しそうなのだが。「王座」への執着とはまた穏便ではない。

こんなふうに、なんだかものすごいいわく付きの王が鎮座しますのがこの王国なのだ。だからなのか、王の権力の根拠というのか、そのようなものが希薄なのだ。だから揺らぐ。ゆらゆら、ゆらゆらと。

でもって、韓国時代劇にあるあるパターンの身内による暗殺。恐いですねぇ。

日本だって韓国時代劇ほど露骨に描かれないけれど、ポプラ社の「コミック版日本史」を読んでいたら、主人公はかならずといっていいほど一くらいは身内に暗殺されそうになっている。

この物語の主人公は、権力とは対極にある人として描かれている。

彼女に権力志向があったならば、それこそあっという間に天地がひっくり返ることに、心底正確に気が付いているのがダミヤ一人なのだから、すばらしい設定だ。

人はそれぞれ、やりたいことがあるのだなぁ。人はそれぞれに価値観、生き方を持っているものなのだな。

そんなことを心底しみじみと考え込んでしまう。

そんなお話だった。


青い鳥文庫ではこのあと4巻ほど続いている(らしい)。学校の図書館には全部で8冊並んでいるということなので、そうなのだろう。としたら、「番外編」は学校にはないのかな。人気抜群の(はずの)「若おかみは小学生!」の番外編も1冊しかないわけだし。なんであの学校はこんなに中途半端なんだろう?「若おかみは小学生!」のスピンオフも1冊もないし。地域の公立図書館に予約を入れておかないといけないなぁ。

20180609_1.jpg

獣の奏者(4) (講談社青い鳥文庫)

新品価格¥626から<(2018/6/9 01:30時点)

中古価格¥1から<(2018/6/9 01:30時点)







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:獣の奏者
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

獣の奏者3/王獣が出産!空を飛ぶ!主人公を載せて!なんというファンタジー!アニメも見てみたかったなぁ、、、。


講談社 青い鳥文庫 273-3
獣の奏者(けもののそうじゃ)3
上橋菜穂子/作
武本糸会/絵
2009年3月15日 第1刷発行
2009年6月4日 第3刷発行
講談社

主人公、卒業。そして、とうとう、外から人がやってきた。それも、王宮から。そして、王獣が子供を産む。王獣が空を飛ぶ!主人公を載せて。子が目を輝かせて言うだろうなぁ「いいなぁ〜」って。

主人公の母親の民族の共有しているものと2代の王の知っていることは共通していることがわかる。が、現王は何も知らない?黒幕はだれ?そして、共有する物語とは?次を待て!

、、、という感じで終わってしまうので、困った。4巻目を読むときにはこの3巻目はもう手元にない。もしも時間が開いてしまうと詳細を忘れてしまいそうである。早く借りてきてねと子に言ったのだが。子は「ズッコケ探偵団」さえもまだ読み終えておらず、それをいったん返す形で借りなおしてわざわざこの3巻目を借りてきてくれたのだった。これ以上せかすことはできそうにない。続きが気になる。



同作者原作の「精霊の守り人」のアニメ編と、宮崎吾朗監督の「山賊の娘ローニャ」のアニメを合わせたような雰囲気を感じる。作者も参加とのアニメ(2009年)がある。見そびれたのでよけいに気になっている。

20180605_3.jpg

獣の奏者(3) (講談社青い鳥文庫)

新品価格¥724から(2018/6/5 12:36時点)

中古価格¥1から(2018/6/5 12:36時点)

20180605_4.jpg

獣の奏者エリン (初回限定版) DVD全12巻セット [マーケットプレイス DVD セット]

新品価格¥229,800から(2018/6/5 12:32時点)

↑ ものすごいお値段だなぁ。中古価格でも2000円弱から1万円弱までと下がっていない上に欠品もある。うーん。




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:獣の奏者
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

獣の奏者2/タイトルの意味がなんとなく理解できたような気がしてくる、穏やかに感動的な巻。忍び寄る災難の暗示もあるけれど。


講談社 青い鳥文庫 273-2
獣の奏者(けもののそうじゃ)2
上橋菜穂子/作
武本糸会/絵
2009年1月15日 第1刷発行
2009年6月4日 第4刷発行
講談社

1巻には母親と死に別れた経緯、養父との幸運な出会いとその充実した生活が描かれる。母親との生活は虐げられていて明るくはないし、母親の死は壮絶だ。とんでもない体験をして、拾われて。海のものとも山のものともわからない相手に身を託して。けどそれがほかに替えられないほどのよいめぐり合わせで。

さて2巻目は、と手に取ると様相が一変する。1巻目の壮絶さが実はかなり牧歌的なものだったということがわかる。つまり、どんなに悲惨でも個人的な出来事だったというわけだ。

子も言っていた。「読んでも読んでも主人公が出てこない(笑)」そう、国の成り立ちと民族の確執が描かれている。

鋭い観察力と無限の探求心、そして一度聞いた音を限りなく正確に再生する能力を持つ主人公が、その才能をいかんなく発揮する。

もしかしたら一連のシリーズ(長編)の中で、もっとも主人公が幸せだったひと時の物語なのかな?と気が付いたとき、脳裏に浮かび上がっていた物語の映像が、キラキラとしたイメージに変化していった。

さて、1巻目にも作者にとっての物語の成り立ちなどのなにがしかが書いてあったが、2巻目の巻末にも本書の作者と「黒魔女さん」の作者との対談がある。それは単独ではとても充実したおもしろい対談なのだけれど、あまりにも現実的過ぎて困った。読まなければよかったなぁと思ったのだけれど、1巻ごとに図書館に返さないといけないので後でまとめて読むということができない。うーん。悩ましい。そう、読まない、という選択肢はない。そのくらい内容はおもしろいのです。ただ、ファンタジーを読むときに、作者の経歴やお人柄、そのファンタジーの着想経緯とか、創作についての作風や技巧などのお話などの現実的な情報は、取り合わせとしては難しい。少なくとも私には、難しい。ターシャ・テューダーの絵本さえも、ターシャ・テューダー本人の考え方や生活などについての説明や知識などよけいなことなど一切不要なのと同様に。

子は、無邪気に、「王獣って可愛いねぇ!」とほれぼれとしていた。

王獣は、闘蛇を麻痺させて食べてしまうんだけれどねぇ(笑)(笑)(笑)。


獣の奏者(2) (講談社青い鳥文庫)

新品価格¥626から(2018/6/5 11:54時点)

中古価格¥1から(2018/6/5 11:54時点)


獣の奏者 コミック 全11巻完結セット (シリウスKC)

中古価格¥2,729から(2018/6/5 11:58時点)

新品価格 一冊¥617から(2018/6/5 11:58時点)

Kindle版、一冊¥540から(2018/6/5 11:58時点)

↑ ほんとうに11巻で完結するのかな?短いような気がするけど、アマゾンのレビューを読む限りでは完結しているらしい。小説を全部読み終わってから読むと感動が倍増するらしい。気になる(!!!)。








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:獣の奏者
posted by kaho at 01:00 | Comment(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

ぼくらはズッコケ探偵団/何を書いてもネタバレしそうなほどの本格ミステリー!すごいすごい。


こども文学館8
小学中級以上
ぼくらはズッコケ探偵団
作家 那須正幹
画家 前川かずお
発行 1979年4月 第1刷
   1989年3月 第46刷
ポプラ社

学校から借りてきたこの本は古い。本の最後にカードを入れる袋が張り付けてある。古い図書カードが入っている。数人の名前が書いてある。その全部が、なんと女の子。女の子しかこういう長編を手にしないのかな。

けれど、子の巷ではそうでもないらしい。意外と読んでいる。スポーツ系の男の子が結構な読書量を誇っていたりするのだから世の中、わからない。が、文字の多い厚めの本を好むお友達の顔ぶれを見ていて共通点を発見した。強いお兄ちゃんがいるのだ。子によると共通して「仲が悪い」らしい。「グレッグのダメ日記」に出てくるグレッグの兄、ロドリックのような(?)。体育会系のごっついお友達なのだから、お兄ちゃん達もおそらくはバリバリの体育会系だ。バンドやってちゃらちゃらしている(失礼(*^▽^*))ロドリックよりもはるかに迫力があるかもしれない。テレビに限らずありとあらゆる主導権を兄が握っているのかもしれない。弟にはまるで自由がないのだ。夜は家の片隅で静かに読書するのが一番平和で楽しいのかもしれない。そんなささやかな穏やかな時間すらも脅かされることがあるのかもしれないけれど。

さて、本格ミステリーである。ものすごくおもしろかった。

純文学(ストーリーテラー)の方のミステリーは本当に面白い、と思う。パッと思い浮かぶところで宮本輝の「避暑地の猫」とか、有吉佐和子の「悪女について」など。ドスが効いている。凄みが違う。

本格ミステリーなので、パズル的謎解きがある。なので何書いてもネタバレしそうだ。これでおしまいにしておこう。


20180605_1.jpg

ぼくらはズッコケ探偵団 (1979年) (こども文学館)

中古価格¥184から(2018/6/5 11:24時点)


20180605_2.jpg

ぼくらはズッコケ探偵団 (ポプラ社文庫―ズッコケ文庫)

新品価格¥648から(2018/6/5 11:26時点)

中古価格¥1から(2018/6/5 11:26時点)

Kindle版¥600から(2018/6/5 11:26時点)


         
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リスト★温泉アイドルは小学生!3 いきなり!コンサート!?/笑顔を引き出してコンサートを成功に導く!元気になる1冊だ!


講談社 青い鳥文庫
温泉アイドルは小学生!
3 いきなり!コンサート!?
令丈ヒロ子/作
亜沙美/絵
2016年6月15日 第1刷発行
講談社

友達の東京で活躍している歌手、愛瑠と3人で人気歌手の代打を務めることになる!けど、愛瑠が笑えない。笑うととてもかわいいのに。そしてそれには原因があった!

最後、鳥居くんが金髪の美青年とともに現れるんだけれど、これからのシリーズに絡んでくるのかな?ますますスペックが高くなっていく、、、今時、きれいな人は多いけれど、こんなにきれいな人が集まっている地域なんて、あるわけ、ない。ない。ない。

もともとの主人公おっこにしても、小さいけれど温泉旅館の「若おかみ」である。同級生の大旅館の令嬢とついつい比較してしまうから地味に見えるけれど。よくよく考えるととてもリッチな物語なんだなぁと、ここまで読んでやっと(m(__)m)改めて、思ったことだった。

そしてなによりも、社会的葛藤を回避している人物設定が秀逸だと今更ながらに気が付くのだ。嫁の立場の人間がレギュラーでは出てこない。つまり、どこもかしこも跡取りは孫。孫が生まれたあれこれは複雑な人間関係が絡んでいたりもするけれど、けっきょくはオーナーの直系なので、葛藤そのものがほぼ、ない。

三角関係は鳥居くんくらいかな。肝心の鳥居くんが性格が良すぎてぜんぜんわかっていないので、ここにも葛藤は生じていない。

喧嘩をしてしまうような競合関係の二人は、もれなくけんかの後で大親友になる。

これは、見習ってみたらいろんなことがうまくいくかもしれないなぁと思い始めたよ。


さて、このあと

アイドル・ことまり!(1) コイがつれてきた恋!? 2017/5/26
アイドル・ことまり!(2) 試練のオーディション! 2017/10/13
アイドル・ことまり!(3) 夢をつかもう! 2018/2/9
若おかみは小学生! スペシャル短編集0 2018/5/10

の4冊が出ている。子に「どうする?」と聞いたところ当たり前のように「借りるでしょ」と。学校の図書館に入れてもらうわけにはいかないのかと聞いてみたのだが、難しそうだと言う。それならば地域の図書館に予約を入れようかな。


温泉アイドルは小学生!(3) いきなり!コンサート!? (講談社青い鳥文庫)

新品価格¥670から(2018/5/31 13:15時点)

中古価格¥1から(2018/5/31 13:15時点)

Kindle版¥540から(2018/5/31 13:15時点)




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

温泉アイドルは小学生!2 暴走ママを止めて!/お母さんたちが熱烈なステージママ(?)に?


講談社 青い鳥文庫
温泉アイドルは小学生!
2 暴走ママを止めて!
令丈ヒロ子/作
亜沙美/絵
2016年3月15日 第1刷発行
講談社

鳥居くんのおじさんの結婚式で歌うことになったことりと鞠香。二人のお母さんが張り合うようにステージママになってしまった!そんな二人を温かく見守ってくれるトレーナーのさよりママ。最後はこの3人が仲良くなってしまう!

またまた、こんなことになったらいいよねぇ、とため息の出る1冊。

PTAや自治活動がこんな雰囲気だったら、楽しいだろうなぁ。

実際にもこんなことはそうそうないだろうな。夢のようなお話だった。

20180531_6.jpg

温泉アイドルは小学生!(2) 暴走ママを止めて! (講談社青い鳥文庫)

新品価格¥702から(2018/5/31 12:47時点)

中古価格¥1から(2018/5/31 12:47時点)

Kindle版¥594から(2018/5/31 12:47時点)







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

温泉アイドルは小学生!1 コンビ結成!/おっこもことりも恵まれていて、スペックの高いユートピアだと改めて思う


講談社 青い鳥文庫
温泉アイドルは小学生!
1 コンビ結成!
令丈ヒロ子/作
亜沙美/絵
2015年11月15日 第1刷発行
講談社

ものすごい筆力だと思う。わけのわからない混沌とした状態を描きながら、少しずつ問題が解決して1つの方向へと収束していくのだ。今回も、マイペース甚だしい帰国子女のことりと、同時期に東京から転校してきた鞠香(まりか)。鞠香も親には白鞠香、ことりには黒鞠香の鬼っ子。黒鞠香のほうが素の状態のようで、次第に距離が縮まるという具合。そこに、和良居ノ(笑いの)神様降臨。

鳥居くんに一目ぼれの鞠香は鳥居くんのいいなりだ。真月のところの歌のコンテストに出ることになってコンビを組む。そこに元歌手である同級生の男の子のおかあさんが絡んでくる。東京からとても上手な愛瑠も絡んでいろいろあれあれで、ことりと鞠香の二人はお笑いの道へ?!(笑)(笑)(笑)。

ジェットコースター式のシチュエーションコメディのような読み心地。こういうストレートな人間関係が実現すれば、いなか暮らしも楽しいだろうな。住人のスペックがこれだけ高かったら確かに実現するかも。ユートピアは心地よい。

20180531_5.jpg

温泉アイドルは小学生!(1) コンビ結成!? (講談社青い鳥文庫)

新品価格¥702から(2018/5/31 12:35時点)

中古価格¥1から(2018/5/31 12:35時点)

Kindle版¥594から(2018/5/31 12:35時点)





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

若おかみは小学生!スペシャル短編集2/鈴鬼を手玉に取る編集長(笑)、鬼っ子ことりちゃん お友達も実は鬼っ子!(!)〜続編が楽しみ〜


講談社 青い鳥文庫
若おかみは小学生!スペシャル短編集2
令丈ヒロ子/作
亜沙美/絵
2014年9月15日 第1刷発行
講談社

第一話 二つのダイアリー
第二話 若おかみは中学生!2〜東京ダブルデートの一日〜
第三話 真月の生まれた日

鈴鬼の主観的な日記は、本当に面白い。こんなにも自分に都合のよいように何事も解釈できたら本当に幸せだろうなぁ。そして、そんな鈴鬼相手に仕事をする元同級生の真着鬼葉。豪留殿(ゴールデン)編集長の手慣れた策略で、元同級生たちが暗躍。鈴鬼は本当に簡単に策略にハマって右往左往させられる。けど、持ち前のご都合解釈によって幸せ度は増すばかり(?)なんだか新しいカップルが生まれそうな予感もあって、楽しく終わる。

第2話目のダブルデートはこぶつき。ことりの周りのお兄さんお姉さんたちはとても素敵な人たちだ。自由闊達なことりを含みまくってとても楽しい時間になる。けど、ことり一人でも大変なのに、もう一人転入生が。二人の鬼っ子を前に頭を抱えることになるが。おっこが「問題」に賦活されて元気になる。

第3話。美陽は白ばかり着ている。そして妹の真月はピンクだ。美陽はピンクが好きだった。だから妹の真月にはその分ピンクをと頑張るお母さんの愛を感じてほっこりするお話し。「真月」という名前は美陽が考えたものだった!というのもなんだか楽しくてほのぼのとしてくる。

この温泉、東京に近いという立地のためか(なのか)、住んでいる人たちのスペックが偉く高い。ちょっと高すぎる気がするなぁと思いつつも。





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

若おかみは小学生!スペシャル短編集1/振り回されやすい3人のお話(笑)3人3様なのにね。おもわず借りてきてしまったよ〜(汗)


講談社 青い鳥文庫
若おかみは小学生!スペシャル短編集1
令丈ヒロ子/作
亜沙美/絵
2014年1月15日 第1刷発行
講談社


第一話 鳥居くんの、今日もいい日
第二話 若おかみは中学生!
第三話 鈴鬼のとても忙しい一日

鳥居くん、卒業式の日に告白しようと頑張ったけれど、なんのなにの掛け違いか、おっこにもウリケンにも悩みを相談することになってしまい、二人から励まされてしまうという、笑いたいような泣きたいような展開にわくわく。事情を全部知っているおじさんの宗次にゆるく見守られて、とてもさわやか。

2話目は、外国帰りの親戚の子、ことりに振り回されるおっこ。おっこ、よく怒らないなぁと感心するような場面が次から次へ。こんなわがままでマイペースな人が我が家にやってきたら、私ならどうするだろう?と考えるとおっこの忍耐強さがただモノではないことが良くわかる。それとも、人間というものは普通にこんなふうに気ままにふるまうものなんだろうか?と考えると自分がどういうストイックな考えの中で行動しているのやらといやになる。どたばた喜劇のはずなんだけれど、けっこうシリアスにいろいろと考えるところのあった1話だった。

3作目は、ウリボウと美陽ちゃんの生まれ変わりの場所を決めるのにあれこれとしている話。鈴鬼と死似可美のコンビの相補性がくっきりと描き出されていて痛快。鈴鬼が相変わらずふらふらしていて規則もルールも何のその。同級生の女の子たちにあっさりともてあそばれて(?)仕事をちゃんとするように誘導されてしまったりとあいかわらず憎めないキャラクターが楽しかった。

ああそうか。3人3様なので気が付かなかったけれど、3人とも振り回されやすい性格の人たちなのかな(笑)(笑)(笑)。

地域の公立図書館に用事があって立ち寄ったところ、魔がさして棚を見て回り、未読のおっこのシリーズを5点ほど見つけてしまった。借りるしかない。受験で忙しいのに。いつ読むんだろう?と思っていたけれど杞憂だった。数時間で全部あっさりと読み終えてしまったのだ。借りてきたのは、おっこのシリーズの番外編2作と、この本の2話目に出てくる「ことり」が主人公の3冊だ。アマゾンで検索してみたところ、「ことり」のシリーズはあと3冊、題名を変更して続いている。そしてなんと、つい先ほど(2018年5月10日)に、おっこの番外編「0」なるものが、出ているではありませんか。公立図書館のサイトで検索をかけてみたところまだ入っていなかった。入ったら借りよう。

20180531_4.jpg

若おかみは小学生! スペシャル短編集1 (講談社青い鳥文庫) Kindle版¥594






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

獣の奏者1/このシリーズであれば受験にもOK?と気にしていた、本は楽しみで読むものだよねと思い複雑だけど、とにかく面白い。


講談社 青い鳥文庫 273-1
獣の奏者(けもののそうじゃ)1
上橋菜穂子/作
武本糸会/絵
2008年11月14日 第1刷発行
2009年6月4日 第5刷発行

ぱらりっとめくってみたところ、ものすごく面白そうだった。先記事にも書いた通り今までのように子の読む本のほとんどを一緒に読んで伴走するのは難しくなった。読む気はなかった。が、子が家で読書をする代わりに学校帰りに読みながら帰ってくるようになった。つまり、毎日のように借りてくるのではなく、2冊の本を1週間くらいかけて読むようになったのだ。それならば読める!と思った瞬間に子がすかさず「早く読んでよね」と。「ズッコケ結婚相談所」の記事にも書いたとおりである。

読んでいると、匂いや香りがしてくるような気がしてくる。ぬめっとした感触を覚えるときもある。水がまといつく感覚がひっきりなしにする。目も耳も味も研ぎ澄まされてくる。五感が鋭くなったような気がしてくるのだ。

闘蛇のうろこがびっしりと生えている胴体の感触を「私は知っている」という気がしてくるのだからすごい。

子がまたまたすかさず顔を覗き込んできて言う。「面白いでしょう?!」

図書館には6冊並んでいるそうだ(シリーズは8巻だけど)。あまり長くないのでほっとしたとのことだった。まてよ、と私が子に言った。「この作者の名前、見覚えがあるんだけれど。」そう、ドラマとアニメで一緒に楽しんだ「精霊の守り人」の作者だった。子が「ああ!」と嬉しそうに目を輝かせた。この本の隣に、ずらりーっと並んでいるそうだ。ものすごくたくさんあるとのこと。読むとおもしろいかも!と思ったようだ。

「精霊の守り人」は人の名前や国の名前などがどうにも覚えられそうにないと子に言ったところ「そうかな」とこともなげに言う。社会科の得意な子にしてみれば、どうということもないらしいことに改めて気が付く。

このシリーズが終わったら「精霊の守り人」にトライする?と声をかけてみようかな。親子であのファンタジーを読むことになるとは、想像もしていなかった。ちょっとわくわくしてきた。

このシリーズも、コミック化、アニメ化されているようだ。アニメなんてWikipediaによると2009年に放映だったとある。気が付いて録画しておけばよかったなぁ。

さて、子が親に借りてきた本を読んでほしいと思っていた様子が伝わってきた。読み終えたときに心配そうにこう言った。「この2つのシリーズなら、小6の1年間も読んでもいいでしょう?」ああそうか。読書が受験に役に立つとは限らないよ、と話をしていらい気にしていたんだな。嬉しいと思った。けれど、読書というのは楽しんでやるものだよね、と本末転倒を自ら招いておいて、思ってしまったのだった(汗)。

20180531_2.jpg

獣の奏者(1) (講談社青い鳥文庫)

新品価格¥626から(2018/5/31 11:23時点)

中古価格¥1から(2018/5/31 11:23時点)


20180531_3.jpg

獣の奏者 全5冊合本版 (講談社文庫) Kindle版 ¥3、294




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:獣の奏者
posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする