2018年04月30日

ポプラ社の忍たま乱太郎4冊/いつまでも心の友なのか、小6になってもテレビも本も大好きなまま


ポプラ社の新・小さな童話 88 166 175
小学低学年向
忍たま乱太郎
原作 尼子騒兵衛
文 田波靖男
絵 亜細亜堂
ポプラ社

88 いちばんえらいのはだれの段
1993年7月 第1刷
2005年7月 第23刷

166 ドクたま あらわる!の段
1998年10月 第1刷
2004年10月 第5刷

175 かっこいい?とうちゃんの段
2000年3月 第1刷
2000年6月 第2刷

ポプラ社の新・小さな童話200
小学1〜2年むき
めいとうかげりゅうのひみつの段
2003年11月 第1刷
2009年10月 第5刷
原作 尼子騒兵衛
文 望月千賀子
絵 亜細亜堂

4冊1度に借りてきた。そして、あっという間に読んでしまう。ものすごく大きな文字で平仮名だらけなのだ。なので目がチカチカして、大人はどうしても躊躇してしまう。そして、今回に限っては時間も足りず読めなかった。読めなかったら読めなかったで残念だと思うのだ。

どれも楽しくてナンセンスで、それでもってしみじみとするような内容だったんだろうなぁ。

このシリーズ、すごい増刷。すごい人気だ。歴史に残るよね、きっと。

けれど、どうにも手に入れにくい様子だ。

20180418_4.jpg

忍たま乱太郎―いちばんえらいのはだれの段 (ポプラ社の新・小さな童話)

中古価格¥1から(2018/4/18 16:36時点)

↑ 新品は手に入らないけれど、古本が1円ならば送料のみに近い(嬉)。

20180418_5.jpg

忍たま乱太郎―ドクたまあらわる!の段 (ポプラ社の新・小さな童話)

 現在扱いなし
↑ ものによっては、古本すら手に入らないらしい。

20180418_6.jpg

忍たま乱太郎―かっこいい?とうちゃんの段 (ポプラ社の新・小さな童話)

中古価格¥2,982から(2018/4/18 16:46時点)

↑ 手に入るとしてもなんという高さ。プレミアムつき。

20180418_8.jpg

忍たま乱太郎―めいとうかげりゅうのひみつの段 (ポプラ社の新・小さな童話)

中古価格¥400から(2018/4/18 16:50時点)

↑ これも新品は手に入らないらしい。まぁ、古本の価格が少しは心に優しいかも。







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

若おかみは小学生!19/最終巻の前半みたいな感じ?最後が楽しみ!TVアニメに続いて9月には映画化!


講談社 青い鳥文庫
若おかみは小学生!19
ー花の湯温泉ストーリーー
令丈 ヒロ子 作
亜沙美 絵
2012年8月15日 第1刷発行
講談社

「このシリーズも本によって値段が違うんだね。」と子。「ファオランの冒険」もそうだったみたいだ。そういわれてみれば、厚みが違う。けれどそれならばKindle版が一定額なのは、なんでだろう?と思いながら。

先に読み終わった私に「どうだった?」と感想を求めてきた。うーんそうだね。18巻で幽霊たちの声が聞こえにくくなって鈴鬼がよい(?)提案をしてくれる。それを実行に移しますか、というところで終わっていたのだ。なのでこれはその部分が全てである。大きな種明かしといえば、鈴鬼はどこまでも鈴鬼だ、ということか(笑)。

なんせ、次回(20巻)で完結なのだ。いままでの登場人物たちの中で落とし所が曖昧だった(と私が感じていた)人たちが次々と登場してくる。「ガフールの勇者たち」の番外編もそういえばそうだった、と思い出す。ついでにいうと「ファオランの冒険」でも、「ガフールの勇者たち」では物足りないと思った箇所がクローズアップされているのだ。

次の20巻を読み終わったら続編や番外編を借りてくるね、と楽しみにしている。


ところで、TVアニメに続いて劇場版が9月に公開とのこと。楽しみである。

下記にリンクしたHPには高坂希太郎(監督)コメントがあった。この作品の魅力を言葉にするとこうなるのか!なるほどそうだよね!と感動してしまった。(以下コピペです)

 『物語は11〜2歳の女の子が超えなければいけないハードルが有り、今時の娘には理不尽に映るかも知れない作法や接客の為の知識、叡智を身に付けて行く主人公の成長を周辺の人々も含め、悲喜こもごもと紡いで行く。
 この映画の要諦は「自分探し」という、自我が肥大化した挙句の迷妄期の話では無く、その先にある「滅私」或いは仏教の「人の形成は五蘊の関係性に依る」、マルクスの言う「上部構造は(人の意識)は下部構造(その時の社会)が創る」を如何に描くかにある。』


が9月か。中受のほうも佳境に入るんだなぁ。この春も「ドラえもん」「しんちゃん」を見たいとずっと言っていた。が、テレビ放映が本物の運任せになる「ブラックパンサー」だけ、どうにか見てきた。Z会の問題集、友だちとの遊びだけで小学生の一日はあっという間に終わるのだ。

20180421_1.jpg

若おかみは小学生!(19) 花の湯温泉ストーリー (講談社青い鳥文庫)

Kindle版 ¥540  文庫本 ¥670



「若おかみは小学生!」TVアニメ化に続き劇場アニメも!監督は高坂希太郎 → こちら



         
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

10歳までに読みたい世界名作15あしながおじさん/説得力抜群!なんと、フルバージョンで読み直したくなってしまった!


10歳までに読みたい世界名作15
あしながおじさん
作/ジーン・ウェブスター
編訳/小松原宏子
絵/脚 次郎
監修/横山洋子
2015年8月30日 第1刷発行
2017年1月9日 第4刷発行
学研

学校の図書館ではさまざまな企画を催しているようだ。このシリーズであれば、いつもの2冊に追加で合計3冊本を借りることができる、という企画が始まったらしい。それで借りてきた。道理で。「名作」というものに興味のまったくない子が名作を借りてくるときには何かあるのだ。

えらく難しい漢字も多用しているのに、ものすごく大きな文字を使っている。もちろん漢字にはすべてフリガナが付いていて、難しい言葉には欄外に注釈がある。まあ、至れり尽くせりなのだ。が、言葉の使い方を見ているとどの年齢をターゲットにしているのかイマイチわかりにくい。10歳までに〜というシリーズなのだから小学校低学年から中学年なんだろう。パッと見でいうなら「ゾロリシリーズ」とかぶりそうな雰囲気なのだけれど。でも、漢字による言葉の使い方や内容を考えると小学校高学年向けだろうとも思ってしまう。けれど、小学校も高学年になればそれこそフルバージョンを読破することだって可能になるわけだから、中途半端な気がしてくる。

そんなこんなで、外観に難癖をつけつつも。イラストが生き生きとしていてアトラクティブである。1度ちいさいころに読んだっきりであとはアニメで半分くらい見たのかな。「あしながおじさん」に関してはその程度だったが、概要はもちろん覚えている。「孤児院でね、作文を認められて大学に行けることになった女の子の話ね。月に一回、お手紙を書くの。」と子にかるく紹介したところ、叱られた。

ネタバレしないでって。でもねぇ、こんな程度のことは30分連続アニメでいえば1回目には全て紹介される大前提よ、と告げたところ納得してくれた。しかもこの本でも、巻頭の折返しイラストのところに、全てが暴露されているじゃありませんか。

そして、この本のダイジェストぶりが実によかったのだ。わかりやすい。そうか、そうだったのか、と開眼してしまった。フルバージョンを読みたくもなったけれど、フルバージョンでは主人公の気持ちや大学生活などがあまりにも生き生きしすぎているのかもしれない。そのために主人公以外の周りの風景が見えにくいのかもしれない、と気がついた。

もちろん大人が読めばそのへんのことだって十分に透けて見えるものなのかもしれないけれど。

源氏物語なんだなぁ、と初めて、気がついた。

「あしながおじさん」が名門でツーンと澄ましているお友達の親戚であって、あたたかい家庭の出身の友だちの家の人ではない点など、子供の頃はなぜ?としか思わなかったことが、今になるととても良く理解できる。

この本は、大人になってからもう一度読むのが好いのだなぁと初めて気がついたのだった。

もしかしたら、男の子には「あしながおじさん」の行動が理解できるのだろうか?

まだまだ小学生であっても?

そういえば、子は「源氏物語」を気に入っていたしねぇ。

子に聞いてみたい気がしてきたよ。


巻末に、当時の郵便事情が沢山の写真とともに掲載されていて本当にリアルに迫ってきて面白かった。それから作者のことが書かれていた。「トム・ソーヤー」や「ハックルベリー・フィン」の作者であるマーク・トウェインの姪の娘だそうだ。そして娘さんを生んで直後、産褥熱で命を落としたとのこと。もっと長生きしてくれた、もっとたくさん面白い本、書いてくれたんだろうなぁ。


20180418_101.jpg

あしながおじさん (10歳までに読みたい世界名作)

新品価格¥950から(2018/4/18 18:56時点)

中古価格¥520から(2018/4/18 18:56時点)

Kindle版¥879から(2018/4/18 18:56時点)




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

上杉謙信(ポプラ社)/4巻目の武田信玄のと分けてそれぞれ1冊ずつ出したらしい、謙信、強い。怖いくらい強い


コミック版日本の歴史59
戦国人物伝
上杉謙信
規格・構成・監修: 加来耕三
原作: 水谷 俊樹
作画: かわのいちろう
2017年8月 第1刷
ポプラ社

シリーズ58が「武田信玄」のようである。次が本作。このあと、シリーズ60が松平春嶽、シリーズ61が大久保利通、シリーズ62が島津斉彬、シリーズ63が小松帯刀(2018年4月】17日)と続く。どんどん出ているなぁ。今年の大河ドラマが西郷隆盛なので、その周辺がドラマ登場順に出ているのかな。こういう連動もとっかかりとしてはとてもよいなぁ。

このシリーズでは4作目に「武田信玄と上杉謙信」というように、まとめて紹介されていた。これが、面白かった。この二人に関しては本当にたくさんの本が出ていることも知った。そして今回、このシリーズがこの2人を分けて2冊よけいに出したのだ。

上杉謙信が家長になった背景にはいろんな思惑がトグロ巻いて大変なことになっていたと理解していたのだが、この本によると必然だったようだ。飛び抜けて強いのだ。最後は病気でなくなった、とあった。


上杉家は藤原家の氏族とのこと。そして、どんな時代になっても存続していく。現代も大活躍の様子がWikipediaに記載されている。

子が学校の図書館に予約を入れて借りてきてくれた。次はどれを借りることができるだろうか。


20180418_10.jpg

戦国人物伝 上杉謙信 (コミック版日本の歴史)

新品価格¥950から(2018/4/18 17:56時点)

中古価格¥980から(2018/4/18 17:56時点)

↑ 中古価格のほうが高い。








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | 学習漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

若おかみは小学生!18/両親亡くしてまだ1年経たないのにすごい充実した人生だ〜そして、でも、、、


講談社 青い鳥文庫
若おかみは小学生!18
ー花の湯温泉ストーリーー
令丈 ヒロ子 作
亜沙美 絵
2012年8月10日 第1刷発行
講談社

春休みは学校の図書館が使えない。それも長期に渡って。なのでこのシリーズ、架橋に入ったのにやっと借りてきた。親子で取り合うようにして読んだ。面白い。

梅の香りが空気に漂うシーズン。バレンタイン。女子トーク炸裂。ウリケンとデートのスパ巡りにウリケンの従姉妹もついてきて、こちらでも女子トーク炸裂だ。けれど、オッコには心配事が発生する。幽霊たちと上手に話が通じなくなってきた。まるで電波が届かなくなったような途切れ方をするのだ。

けど、この状態ももしかしたらどうにかなる?鈴鬼がいつもの軽いノリで提案するアレが、オッコと幽霊たちの仲をもとに戻してくれるのか?次号に乞うご期待、ということのようだ。

おっこの周りは、両親が亡くなってまだ1年経っていないとは思えないほどの充実ぶりである。幽霊たちが見えなくなっても全然淋しくはない(はず)。なのに、幽霊たちを認識できなくなるのかも?と考えただけで淋しくなる。ものすごく。


20180418_9.jpg

若おかみは小学生!(18) 花の湯温泉ストーリー (講談社青い鳥文庫)

 Kindle版 ¥540  文庫本 ¥702




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

橋本左内(ポプラ社)/西郷どんにも出てる、人物像が少し違うかも、どちらも興味深い


コミック版日本の歴史54
幕末・維新人物伝
橋本左内
規格・構成・監修: 加来耕三
原作: 東山 成江
作画: 中島 健志
2016年11月 第1刷
ポプラ社

子が「まさかと思ったけれど、読んでいないのかもと思って借りてきた。」と。

過去記事を見ると「読了宣言」をしている。もうすでに「橋本左内」発売になっていたのに。ちょっと前にはまだ読み終えていないことを自覚していたのに。

さて、「橋本左内」。名前を聞いただけで「吉田松陰」同様に悲しくなってくる。

享年25歳。松蔭の29歳よりも哀しい。

ものすごい切れ者だ。性格もとても素直で誠実で。本当に好い。

人望が厚ければ厚いほど、この時代には危なかったのかもなぁ。


背が低くて軽く見られ、いやがらせにも遭っている。その際の着目点が秀逸だ。

「同輩に侮られるのは私に弱いところがあるからではないのか」

その着目点から着想を得て15歳のときに「啓発録」を記したとある。

その後の活躍時にも、西郷隆盛から軽く扱われたりと散々なのだ。身長178cm、体重100kgの人間から見ると、150cmの同性の人物は子供のように見えるのも無理はない。ただの想像でもそう思う。巻末の解説にも「年齢が若すぎる、ということ以外に非の打ち所がない。」という意味のことが書かれている。続けて「オランダ語、英語、ドイツ語を理解し、世界の醸成にも精通していた」とある。西郷隆盛も会見の最後には、「数々の非礼を許したもんせ」と挨拶している。

世の中には、怖いほどの切れ者は多いんだなぁと、またまたしみじみと思ったことだった。

今年の大河ドラマでは西郷どんと一緒にちょこまかと動き回って軽口を叩いているだけの印象だけれど。この本を読んでから西郷どん見ていたら、手に汗を握ってしまった。井伊直弼勝利。逃げて!って思ってしまった。けれど、どこに?



20180421_2.jpg

幕末・維新人物伝 橋本左内 (コミック版日本の歴史)

新品価格¥950から(2018/4/21 16:07時点)

中古価格¥2,498から(2018/4/21 16:07時点)







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | 学習漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

大人には ないしょだよ 70 超爆笑 100連発!お笑い天国/ぎっしりのナンセンス爆笑もの、小難しい本の口直しに絶品らしい


大人には ないしょだよ 70
超爆笑 100連発!
お笑い天国
作/大笑い笑店
    遠藤 英明
絵/つぼい ひろき
デザイン/チャダル108
企画・編集・制作/株式会社アルバ
2013年6月 第1刷
ポプラ社

これも子が図書館で借りてきた。「花火の図鑑」や「世界史を変えた50の武器」、「ファオランの冒険」などを深夜に読んだ後などに読んでいるのではないかと思われる。朝見ると、かならずこれらの本と一緒に散らかっているから、そうではないかと推測するのだが。

花火や武器、ファオランなどを深夜に一人で読むのはそれなりに怖いんだろう、とこの本が並んでいるのを見て初めて気がついた。これを数ページ読んで、大笑いして、安心して眠りについているんじゃないかな。

大人の私が読もうとしてもまったく頭に入らない。目がついていかないというのか。そんな本ではあるのだけれど。よくよく目を凝らして読んでみるとなるほど、気の利いたお笑いが詰まっている。ナンセンス・オンパレードである。

けれど、そんなこんなよりも私の目を引いたのは「70」という数字だった。「大人には ないしょだよ」というこのシリーズの、これは「70」番目だということなのだろうか?70冊も、こんなナンセンスな内容で本を出し続けているというのは、どういう頭をしていたらそんなことができるんだろう?ネタ、つきないのかしら?ひやぁ〜〜〜!!!!って。

アマゾンで検索してみたら、70冊どころか90冊以上がヒットした。いつものようにリストにしてみようかとも思ったけれど、あまりの数字に冷や汗が出てきたのでやめておいた(汗)。

20180418_3.jpg

超爆笑100連発! お笑い天国 (大人にはないしょだよ)

中古価格¥105からから(2018/4/18 15:36時点)

新品価格¥756から(2018/4/18 15:36時点)





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

図説 世界史を変えた50の武器/武器の変遷が歴史のターニングポイントになるの、そう言われてみれば当たり前だよねぇとしみじみ


図説 世界史を変えた50の武器
ジョエル・レヴィー
伊藤綺 訳
2015年2月15日 第1刷
原書房

先記事の「花火の図鑑」よりも更に厚い2.8センチの厚みのある本である。これも図鑑。面白い。そうだよね、武器が歴史を変えたんだよねって、しみじみと思う。最後のページにはロボットが上げてあって不気味に終わる。

人間は、地球の消滅とともに一緒に消滅できるのか。それとも移住できる若い惑星を見つけてさらなる発展を遂げるのか、と脳天気に考えていたのだけれど。そうなのだ。そんなことよりもはるかに早い時代に、自滅する可能性もあるんだなぁ。

内容についてはアマゾンのレビューをお書きになっておられる方々がしっかりと書いておられる。レビューを読んでいるだけでも、狩りや農耕器具から始まった「武器」の世界を俯瞰してみることが出来て本当に興味深い。

これも子が図書館で選んで借りてきた。


20180418_2.jpg

図説世界史を変えた50の武器

新品価格¥3,024から(2018/4/18 15:28時点)

中古価格¥5,710からから(2018/4/18 15:28時点)



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | 情操教育的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

花火の図鑑(ポプラ社)/オールカラーの素晴らしい図鑑にうっとり、情報もたっぷり


花火の図鑑
写真・文 泉谷玄作
2007年7月 第1刷発行
2008年4月 第2刷
ポプラ社

大きい本ではないけれど2.6センチの厚みを誇る、要するに図鑑である。オールカラーの写真なので紙も重い。読み応えもたっぷりだ。子が図書館で借りてきてしみじみと眺めていた。

「一度でいいから花火を作ってみたいんだよね」という。花火を?と一瞬頭の中をハテナ印が飛び交った。子が花火大会を楽しんだといえば、ディズニーシーの短い花火をうっとりと眺めていたのが唯一の記憶である。あとは、どんな花火大会に誘っても、行こうとしない。我が家から見える花火でさえ別に何の興味も示さない。なので「なんで花火?」と思ったのだが、「花火」は「火薬」である。「火薬」といえば武器である。なるほど。

「はじめに」のところにこう書いてある。

「『いま上がった花火は『千輪菊なの?』と聞かれたとき、みなさんは「千輪菊」とか「いまのは冠菊よ」などと、すぐに答えられるでしょうか?夜空の打ち上げ花火を見てこれは、「千輪菊」とか「冠菊」と答えるのはむずかしいかもしれません。そこでこの『花火の図鑑』では、はじめての人が実際に夜空の打ち上げ花火を見たとき、これはどういう種類の花火なのかを、わかるようにくわしく紹介してみることにしました。そればかりではありません。実際の花火をつくっている校庭や花火を打ち上げる現場など、ふだん、めったに見ることができないような現場も紹介しています。そして、もっとも高度な花火が打ち上げられる花火の競技大会などの知識もひととおりわかってもらえるように工夫しています。
どこの花火大会にいっても、この図鑑をガイド役に花火をみたら、一人でも、家族みんなでも、また友人とでもより楽しく花火をみることができるでしょう。
さあ、今夜も楽しい花火大会です。夜空を見上げながら、花火の音と光の、瞬間につくられる芸術品を心ゆくまで楽しむことにしましょう。」

この通りの、すばらしい1冊だった。


20180418_1.jpg

花火の図鑑

新品価格¥1,814から(2018/4/18 15:08時点)

中古価格¥114から(2018/4/18 15:08時点)




         
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 15:17 | Comment(0) | 情操教育的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

ふなっしーの大冒険 きょうだい集結!/思った以上によかったというか絶品だった(嬉)


ふなっしーの大冒険
きょうだい集結!梨汁プシャーッに気をつけろ!!
著・伊豆平成
絵・まえだくん
監修・ふなしー
2015年7月29日 初版第1刷発行
小学館ジュニア文庫

図書館の返却棚で見つけて子に表紙を見せた。子は一瞥して、速攻で借りる決断を下した。ふなっしーが大好きなのだ。

私といえばちょっと後悔していた。それでなくても高学年になって時間がないのに。この時期には純文学で美しい文章に沢山触れてほしいのに。なんというよけいなことをしてしまったんだろう。

著者の名前を見てさらに絶望した。監修がふなっしーなのはまぁよいとして、文章が「伊豆平成」さん、絵が「まえだくん」さん。ほぼふざけている。

子は、速攻で読み終えた。そして小走りで近寄ってきて「読んで!」と極上の笑顔を浮かべて手渡してくるのだ。

「ふなっしーの本名知ってる?」「兄弟何人いるか知ってる?」

はいはい。

けど、この本の面白さは子が楽しそうに教えてくれたふなっしーのプロフィールの豆知識、大公開ではない。5話完結のオムニパス。「要迂回ウォッチ」のいつぞやの映画のような。最後にぐぐーっと収束していく感覚がとても心地よいのだ。

巻頭に「ふなっしーる」と称するシールが付録についていて、楽しいし。

公立図書館の本でかなり読み込まれているのに、シールにカバー同様の透明シートが貼ってあるので、まるまる無事なのだ。なので、シールの楽しさを思いっきり堪能できる。いつぞやの「若おかみは小学生!」でおまけを切り抜かれているのを発見したような虚しさはもうごめんだよね。


もくじ
1、ニンジンも一位にするなっしー♪
2、ふなっしー昔話
3、おフランス帰りなっしー♪
4、ふなっしーと、ふなばしの伝説
5、ニセ梨をさがせ!


大人の私は4の「ふなばしの伝説」が楽しかった。あのザウスをこんなふうに混ぜっ返すことができるんだねぇ(笑)。あの建物は、本当に不思議な光景を編み出していたものね。

さて、あのふなっしーの世界をどうやって文章だけで表現するんだろうかと斜に構えて読み始めたのだけれど。この本には驚いた。日本語が楽しいのだ。新しいのだ。斬新なのだ。今どきの子である子に受けるわけだ。

このような新しくて読みやすくてテンポのよい日本語が流布してしまうと、昔ながらの日本語が読みにくくなるのもやむを得ないと思った。本当にしみじみと思った。

しかも、ふなっしーのことなんか何一つ知らない人でも、楽しめてしまうことうけあいなのだ。なので、正直ぎょうてんしたのだ。

ふなごろうとの仲の良さがほのぼのしている1章、2章も楽しいのだけれど、最終章の「ニセ梨をさがせ!!」がクライマックスだ。なるほど、これはいい、と思った。

お子さんへの音読にもとてもよいんじゃないかな。

子が絶賛したとおりだった。すばらしい1冊だった。


20180407_1.jpg

ふなっしーの大冒険: きょうだい集結!梨汁ブシャーッに気をつけろ!! (小学館ジュニア文庫)

新品価格¥734から(2018/4/7 12:08時点)

中古価格 ¥1から (2018/4/7 12:08時点)




         
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

おばけのジョージー/小1のときに買ったシリーズ何度も読んで小6前の春休みにとうとう手放す


おばけのジョージー
ロバート・ブライト 文/絵
光吉 夏弥 翻訳
1978年6月20日 初版発行
福音館書店

おばけのジョージー おおてがら 2004年1月31日 初版発行 2007年8月15日 4刷発行  
おばけのジョージー ともだちをたすける 2006年9月30日 初版発行 2007年4月10日 2刷発行
おばけのジョージーのハロウィーン 2008年8月31日 初版発行 2010年8月10日 2刷発行
おばけのジョージー てじなをする 2009年3月31日 初版発行
おばけのジョージーとさわがしいゆうれい 2013年3月31日 初版発行
ロバート・ブライト 文/絵
中川 千尋 翻訳
徳間書店

図書館で1巻目を読み、続きが欲しいと頼まれたのが小1の2学期だった。

そもそも本格的に小説を読み始めたのが「エルマーの冒険」だ。エルマーは童話館からの配本だった。エルマーと前後してのことだったと記憶しているのだ。

児童文学の世界の広さをまったく知らなかった。子の望む本であれば全部買おうと思っていた。家の本棚に並べてコレクションしようなどと思っていた(もろ親ばか、物理的な問題ですぐに挫折した)。

そんな意識の流れの中で最初に買ったのが、2013年11月。「バムとケロのもりのこや」だった。小1の2学期だ。
次が、2014年1月。今回取り上げた「おばけのジョージー」シリーズである。

読みたい本を自分で選び、買う、という喜びを味わった。本当に嬉しそうな顔をしたのを覚えている。

それを、今回手放すという。親の私はなんと未読だった。家にあるのでいつでも読める。緊張感が足りていなかった。あわてて読んだ。

引っ込み思案のおばけの話だ。

子は引っ込み思案ではない。なのになんでこの本に惹かれたのだろうかと考えた。なんせ、手に入れてから3回位読み直しているのだ。買ってよかったと本当に思ったものだった。なので、不思議なのだ。

で、気がついた。同じ家におばけとネコとフクロウがいる。仲間がいるのだ。

そして、そろりそろりと冒険に出る。出さされるのだけれど。

小1といえば、ちょうどそんな時期である。

今回、手放すことになったときに、「本当によいのか」と聞いてみた。すると、「もういいかも。面白かったなぁ。」としみじみと言っていた。

時期的にハマる本というのは確かにある。

いま、小5と小6の間の春休み。確実に意識が大人のものに近づいているのを日々感じる。

この本の世界観とのお別れの時期がきたらしい。


20180404_2.jpg

おばけのジョージー (世界傑作絵本シリーズ・アメリカの絵本)

新品価格¥48,841から(2018/4/4 13:08時点)

中古価格 ¥403から (2018/4/4 13:08時点)


↑ 新品価格のすごいこと〜〜〜!!!


20180404_1.jpg

新・おばけのジョージーセット(全5巻)

新品価格¥6,480から(2018/4/4 13:12時点)

↑ 1冊ずつであれば中古で1円からある。



         
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 13:17 | Comment(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

ファオランの冒険6〈果てなき青み〉へ!/約束の地(なのか)へ!戻っていく旅、読了だ〜(泣)


ファオランの冒険6
〈果てなき青み〉へ!
キャスリン・ラスキー
中村佐千江 訳
Richard Cowdrey 絵
2015年1月23日 初版第1刷 発行
メディアファクトリー

THE WOLVES OF THE BEYOND #6 STAR  WOLF
2013 by Kathryn Lasky

最終巻だ。子が目ざとく「ああ!とうとう!」と絶望的な声を上げた。絶望的な理由は、私のためである。こんなにのめり込んだ楽しいシリーズを読み終える「絶望感」を代弁してくれたわけである。

よみにくかった(と個人的に思った)5巻目とは打って変わって、のっけから読みやすい。

5つあった火山のうちの2つが消え、聖ウルフが守っていた石が開放された。骨ウルフたちの欠損が消える。が、生まれつきではないエドメの片目は直らない。当然なのだが。

ファオランの足の裏の渦巻きも消えない。これは不思議だ。が、ファオランは、いままでのように独特の足跡が残らないようにするのではなくて、ことさらに残すようになる。どうせ匂いで自分の所在はバレるのだし。サンダーハートとはぐれたときに見つけた大きな洞窟は、壁画だらけだった。そして、夢に出てくる示唆。呼応するかのようにエドメがファオランに重ねて見る映像。

これらがどのように収束するのか、のっけからワクワクする。

ファオランにだけ見えている西の新天地を目指す本格的な旅が始まる。

ファオラン自身の古とのつながりが導く旅である。が、アバンが新世代らしく新しい絆を作って新たなる群れの導き手となる。

ファオランの実の姉妹の育ての母親カイラと、みんなの宿敵ヒープとの子アバンだ。海に落ちたときに一角獣に助けられる。それを機に海の生き物たちと通じ合うようになる。

また、エドメの宿敵だったはずのバンジャの子マウディがつないだ、金色の蛾ベルズとの絆が最後の決め手となる。

エドメが育てることになった孤児のミルグロッシュは、尾を再び失ったヒープの傷を攻撃して最後の戦いの火蓋を切った。

新しい土地にはバイソンが走り、古の記憶のある馬がファオランを認める。「〈星を読むオオカミ〉が、もどってきた!」と高らかにいななく。

アバン(男の子)、マウディ(女の子)、そしてミグルロッシュ(男の子)の3人と、一角獣やシロイルカ、ツノメドリたち、そして蛾とのつながりが新しい物語を予感させる、ような気がした。

フクロウたちの世界はどうなるんだろうか。一人だけ新天地にやってきたグウィネスはもう年寄りだし、ガフールの神木のフクロウたちは中の国に逃げたらしい。

新天地に向かう一行を空の上からサポートし続けたハクトウワシたちは、ソーレンたちが聖エゴリウス寺院から脱出するのを助けてくれたハクトウワシたちの巣を引き継いだワシたちだった。

最後に合流したラグズは魔女サークに恩を受けたはぐれオオカミだ。

ファオランは西の土地を離れ東に定住した最初のオオカミ、フェンゴの輪廻転生だったらしい。フェンゴは東の土地でグランクに出会う。グランクは国王ラースの幼馴染にして伝説の王フールの養父である。

そして、エドメはフェンゴのつがいである。一緒に東の土地に行くことが出来ずに西の土地でフェンゴを見送った。

フェンゴと別れたその場所に戻ってこれたとき、ファオランとエドメはつがいになる。

こういう複雑なつながりも楽しい。

ところで、大きく見ると旧約聖書の世界が垣間見えるような気がしたのだけれど深読みのし過ぎかな。

エデンの地を追われたものの、せっかく「約束の地カナン」で平和裏に融合して定住していたのに飢饉のために奴隷としてエジプトへの入植をする人たち。力をつけすぎたために警戒され住めなくなり、「約束の地カナン」に戻る人たち。方向はファオランたちとは逆なんだけれど。

方向といえばファオランたちが目指すのは「西」だ。白人たちは西へ西へとひたすら移動していった。

そして、たどり着いたとき、いかにも「おかえりなさい!」と馬に迎えられた、みたいな。

アフリカからエデンの園までは人類みな一緒だったものが、エデンの園からは東と西に分かれる。西に向かった白人はヨーロッパの端までたどり着くと船に乗ってさらに西へ。アメリカに上陸しても大陸を横断して西を目指し続ける。そこからまた船で太平洋を超えて西の果ての日本にまでやってくる。日本を越えて更に東南アジアに向かい、またもやエデンの園をつつきはじめてン十年だ。

ファオランたちが時を越えて移動したのは西から東へ、そして東から西への往復なので、カナンの地とエジプトの関係と真反対なのも示唆的だ。しかも大きく見るとそれとは別の流れである白人たちの大きな流れに呼応しているような気がしてくるわけだ。白人にとっては根源的な、とても大切な伽話なのかもしれない。

洗脳されて子どもを捨てたことのあるファオランの姉妹たちの養母が、実子のアバンの鳴き声に惑わされてまたもや我を忘れる。そんなカイラをかばって命を落とすのがバンジャである。この群れでの唯一の犠牲者である。

バンジャは言ってみればただの骨ウルフ(聖ウルフ)だ。一方、カイラは群れ生え抜きのエリートだ。そしてカイラはリーダーであるファオランの姉たちの養母であり、海の生き物たちと通じ合うアバンの実の親である。洗脳されやすいことを除けば優秀で有能で素晴らしい母親である。が、バンジャが犠牲になる必然性がいまいち飲み込めなかった。カイラが自分の愚かさのために仲間を犠牲にしてしまったことをなんら洞察していないために、気になるのだろうな。マリー・アントワネットと重なって見えた。

また、そのようなカイラと悪の根源であるヒープとの間の子が次代を担うような力を持つアバンであることも気になる。まるで、ナイラの子どもでソーレンの甥であるナイロック(コーリン)の悲劇的な出生を思い出させる伏線である。

「若おかみは小学生!」でも思ったのだけれど、シリーズ物は半年に1回のペースで出るものなのだろうか。有名なゾロリはどうだったっけ?と過去記事を見た。するとやっぱり!半年に一度だ。執筆には半年に1度が良いペースなんだろうか?と想像してみた。実際にはどうなんだろう?

2018年3月現在73歳。作者は70歳前後でこの物語を書き終えたようである。続編、出るかなどうかな。微妙かなぁ。

20180326_2.jpg

ファオランの冒険6 〈果てなき青み〉へ!

新品価格¥972から(2018/3/26 10:28時点)


         
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 02:00 | Comment(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする