2016年09月05日

愛はめんどくさい/まついなつき/これって心理学〜マンガなしの文庫本


愛はめんどくさい
まついなつき
幻冬舎文庫
平成17年2月10日 初版発行

背表紙にあることば〜
「これ、書きあげるのに8年もかかったよ」。女はなぜ結婚をし、子どもを産み。姑とバトルをし、離婚を考えるのか!? 「結婚は親に許可されるものじゃない」「結婚はお互い不足しているところを補い合う実験だ」など、自らの切なる苦しい体験から考え抜いた、姑やその家族、夫との付き合いと子供の事、、、。「女の結婚」という永遠の手間に迫る一冊!!

力作だ。

著者が実体験から分析して得た結果だ。机上の空論とは迫力が違う。ぐんぐんと迫ってくる。一方で、アプローチは違っても真理は一つなのかもしれないと思い至る。心理学の本で似たような結論に至るものが手元にあったはずだと思って、山積みにしたままの我が家の本を眺めまわしてみたのだが、見つからない。「怒り」に関する本だったと思う。相手の、あるいはこちらのテリトリーに踏み込んでいく(くる)から「怒り」の感情が沸き起こるのだ、という話だ。「怒り」までいかなくても不快感やイライラはするというものだ。

逆に言うと、イライラしたり不快感を覚えた場合は、誰かに領域侵犯されているんじゃないか?と点検するとよいし、相手を不快にさせた場合はとりあえず、引くことだという。相手の領域を犯している可能性があるからだ。つまり、目の前の相手が怒っているとき、その人は領域侵犯されて困っているのだ、と解釈するとよいという結論だったような気がする。水島広子氏の本のどれかだったかもしれない。

嫁姑バトルに当てはめると、役割交代がスムーズにいかないことが互いの領域侵犯の原因と思われる。

つまり、

夫をいつまでも息子として扱う姑と、自分の夫である立場から対等に扱おうとする妻とのバトル。

孫を我が子同様に可愛がって、嫁の領域にずかずかと上がり込んでくる姑へのイライラ。

実家だって安心できない。実親が牙をむき出しにしてかかってくることもある。

実親の場合は肉親なのでいったん始まるとすべてが辛らつだ、と著者は述べる。

それら以前にそもそも、男と女が結婚したら「家事」という仕事をめぐって主従関係バトル。

子が生まれたら「育児」という仕事をめぐってのバトル。

1つの領域に大人が2人以上いればバトルは必然なのだということに、気が付く。


そうかぁ、そうだったのかぁ。

それらをどう、かいくぐって、どういう安定性に持ち込むかは当事者たちの様々な事情が関係するのだろう。ただ、結婚したらこういうことがもれなくついてくると思ったほうが良い、というのはあるし、落としどころをつかんでしまえば、最初の頃の混乱はいずこへ?という場合も多い(らしい)。

なるほど、確かにそうかもしれない。


著者は結局は夫と離婚してしまうが、義実家とは仲良くて、行き来しているんだそうで理想的だ。

当事者はとても苦しかったんだろうなぁと読みながら思った。が、絶妙なバランス感覚が透けて見えるのだ。ご実家が自営業だったそうだし、ご本人もフリーランスだから、そのあたりをベースとしたバランス感覚なのかもしれない。それが本当に参考になる。



20160901_1.jpg

愛はめんどくさい (幻冬舎文庫)

中古価格¥1から(2016/9/1 18:19時点)




         
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児書&教育書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする