2016年04月11日

レゴ ニンジャゴー新シリーズ「天空の海賊編」/レゴと子の世界観のシンクロ

子のレゴについてはどこから話をしたらよいのだろうか。1年ちょっと前、というと子が小2の冬ごろだが、そのころに記事にした穴あきの積み木「キュボロ」に熱中したのと並行して台頭し始めたような気もするのだ。が、いつのまにこんなことになったのか。子の読書の始まりに気がついたときに 記録代わりにブログを立てよう!と思ったように、レゴについてもそう思えばよかった。継時的に記録をしておけばよかった。

なので、なにから語ったら良いのかわからないというのが正直なところである。

それはともかくとして、読書つながり(?)で今、レゴを語るとしたらこれである。テレビ東京の「レゴ ニンジャゴー新シリーズ『天空の海賊編』」。子のこれに寄せる熱い想いは、母親と言えども想像すらつかない。

いや、想像がつく点が多少ある。あくまでも私個人の経験に基づくものではあるが。子もこの春からとうとう小4になった。小4といえば、母である私がアニメに一番傾倒した時期だった。といっても今の子から見ると「その程度?」という程度の時間しかテレビを見てはいなかった。少ない日は2時間(30分アニメ4本)、長い日で3時間(6本)だった。ただ、それでは足りなかった。精神的に足りなかった。世の中にはもっと面白いストーリーが沢山あるんじゃないか?見逃しているんじゃないか?という焦りにも似た感情を毎日抱いていた。親が(なぜか)禁止していた実写のテレビドラマにも面白そうなものが沢山あった。映画も見たかった。8時以後のテレビを禁止されていたので全て叶わなかった。

物語への渇望ともとれる様な状態である。

子の様子を見ていても同じかもしれないと思われてならない。我が家の場合は私の子供時代とテレビ環境はまったく違う。過激な表現のない限りはテレビドラマも映画もOKだ。時間制限もほぼない。それでも、まだまだ見たいらしい。眠くてもまだ見たい。他の遊びをしていても見たい。

物語のインプットなのだろう、と想像するしかないこの状態。

小4(10歳)にこういう現象ってあるものなんだろうか?個人的な現象なのだろうか?それとも普遍的なの?

なんの資料も情報もないので検証のしようがないのだ。


また、最近のストーリーテラーは漫画や動画(アニメ)、ゲームの分野に流れてしまっているという話を聞いたことがある。だから、漫画やアニメ、ゲームが面白いに決まっているのだと。

本当に、そうかもしれない。


さて、レゴである。子は2段階仕掛けでレゴで遊んでいるらしい。ブロックを重ねて造形を楽しむ。そしてそれを使って物語を作って遊ぶのだ。あるいは、物語が出来て、それに沿った構造物を作る。いずれにしても造形と物語の2段階構造なのだ。

造形も物語もレゴ社が設定したものを基にしている。そこにオリジナルを加えて膨らませていくのだ。構造物もセットものを購入してセット通りに作ったものをそのまま使う場合と、早々に崩してしまってオリジナルを作る場合がある。セット通りのものを使う場合にも少しずつカスタムして自分好みに育てていく。

今回子が楽しみで楽しみで仕方のなかった「レゴ・ニンジャゴー」の新シーズンアニメは、物語の発展と、造形物と機能(可動部)のヒントの2方向から楽しみで仕方がないのだろう。新しい遊びを展開するための起爆剤のようなものなのだろうか。

「レゴブロックの世界」という検索ワードで検索としてみたところ以下の記事がヒットした。これのことだ、と思った。

「レゴが「ブロック」だけで玩具世界一になれた理由 CEOが語る、知られざるイノベーションの裏側」

↑無料会員登録をしていないので2ページ目以降を読んでいないのだがm(__)m。


子は「レゴブロック」というものをどのようにとらえていて、どのように用いているのだろうか。レゴの世界に関してレゴ音痴の母はまったく無力である。まったく何も見当も想像もつかないのだm(__)m。

そして、「レゴブロック」という素材は、今後どう発展していくのだろうか。

「レゴブロック」の現状と、今後の可能性に関する情報を可能な限り収集して行く末を想像し、そおっと遠くから、子の「レゴブロック」への関わりを見守るしかないようである。



レゴ社 → http://www.lego.com/ja-jp


ちなみに、子からの情報であるが、レゴの最新シリーズは「レゴ ネックスナイツ」というものらしい。写真や絵で見る以上に内部の構造は複雑で仕掛けに飛んでいて、実に面白いそうである。

、、、、と、とても熱く何度も語ってくれる。


レゴ ネックスナイツ → http://www.lego.com/ja-jp/nexoknights/teaser



テレビ東京「レゴニンジャゴー天空の海賊編」 → http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/lego_ninjago/news/

アニマックス「レゴニンジャゴー天空の海賊編」 → http://www.animax.co.jp/programs/NN10001894

20160410_1.jpg

レゴ(R)ニンジャゴー DVD-BOX(初回限定生産/6枚組)

新品価格¥4,080から(2016/4/10 22:38時点)

↑ レビューを読むとシーズン3から5までがざっくりと入っているらしい。我が家ではレゴ社がYoutubeにアップしたシーズン1から5までを観たのだが、時々続きが見つからずに右往左往した。また、最終話だけ見当たらないということもあったような気がする。現在はシーズン3〜5があまり見当たらない。シーズン1と2が割合に気軽に見ることができそうだ。ちなみに、今回の「天空の海賊編」はシーズン6だ。これの第1話が現在、Youtubeにアップされていて無料で観ることができる。


         
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情操教育的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする