2015年09月28日

「ルドフルとイッパイアッテナ」映画化!/小2の春に読んだ大好きな本

斉藤洋・作、杉浦範茂・絵、講談社。

子が赤ちゃんの頃、図書館に通っていて通読した児童書が斉藤洋の「西遊記」だった。面白くて夢中で読んだ。いや、通読はまだしていない。あれは残念ながらまだ未完である。気になってしょうがないので、とうとう買い集めた。そしていまだに出るたびに追いかけている始末である。そんな状態だから、「斉藤洋」という文字を見ると目が留まる。そうしている間に古本屋で目に留まったのがこの本だったのだ。子が小学生に上がったころに買った。そして子のランドセルの近くに置いておいた。そうしたら、ある日学校に持って行ってしまったのだ。ものすごいスピードで読んだらしい。続きがあるから買って欲しいという。なるほど、本当だ。

児童文学創作シリーズ
小学中級から

1、ルドルフとイッパイアッテナ  1986年  講談社児童文学新人賞受賞作
2、ルドルフとともだちひとりだち(続:ルドルフとイッパイアッテナ)  1988年 野間児童文芸新人賞受賞作
3、ルドルフといくねこくるねこ(ルドルフとイッパイアッテナV) 2002年
4、ルドルフとスノーホワイト(ルドルフとイッパイアッテナW) 2012年 

ちなみに小2の春の頃の子は、4巻目の「ルドルフとスノーホワイト」の4分の3ほどのところで失速した。のちに読み終えたようだが、長い間しおりを挟んだまま放置していた。内容が難しかったのだと、後に子は説明してくれた。

子は小2の初めに読んだのだが、よく見ると「小学中級」とある。小3,4年生向きだ。そう言われてみれば文字が小さくて多い。フリガナのない漢字もある。小3,4年どころか5,6年生でも面白く読めるのではないだろうか?小2になりたての子がどうやって読んだのだろうか?問うてみたら「面白ければ関係ないよ」だそうな。ごもっとも、、、

、、、と感心していたら母にも読め、と言いながら持ってきた。なので、母の本棚に積み上げられたままとなっている。母にも読みたい本が沢山あってなかなか順番が回ってこなかった。

が、あの時から一年半近くが過ぎて今なお、子が時々この本の内容に触れることがある。そろそろ読まないとなぁと思い始めたのだ。この本を子が読んだときにはまだこのブログは始めていなかった。だから、昨年の夏休みを挟んでこの後に「黒猫サンゴロウ」のシリーズを読み始めたという流れである。ちなみにいうと、文字の小ささ、量ともに、ルドルフのほうがサンゴロウよりもはるかに多い。なのに、子はルドルフはさっさと自力で読んでしまったのだ。それほどまでに面白かったのだろう。

ということで母はこれから読むのであるが、オリエンテーションをつけてからにしようと大人の姑息な悪知恵で検索をしてみた。するとなんと、来年の夏(2016年)にアニメ化されるらしい。Wikipediaに書いてあったので公式ホームページをちらりと見てみた。が、もしも原作の雰囲気というか自分のイメージを大切にしたい読者であれば、公式ホームページを見る前に、もしくはアニメがリリースされてしまう前に、原作をお読みになる方がよいかもしれない。母は無防備に公式ホームページをクリックしてしまった。原作未読のままで見るんじゃなかった、失敗したと思った。

ということで原作を読み終えた後に、子と一緒に公式ホームページをゆっくりと眺めて楽しもう。

無題.jpg

ルドルフとイッパイアッテナ

新品価格 ¥1,404から (2015/9/28 14:32時点)


ルドルフ ともだち ひとりだち (児童文学創作シリーズ)

新品価格 ¥1,296から (2015/9/28 14:33時点)

ルドルフといくねこ くるねこ (児童文学創作シリーズ)

新品価格 ¥1,404から (2015/9/28 14:35時点)


ルドルフとスノーホワイト (児童文学創作シリーズ)

新品価格 ¥1,512から (2015/9/28 14:35時点)



映画「ルドルフとイッパイアッテナ」公式ホームページ こちら→http://rudolf-ippaiattena.com/

Wikipedia には、ビデオ化された作品があるとの記載があるが、Eテレのだ。原作未読の場合でもイメージをかき回されることはないだろうという気がする。そういう意味 ではEテレのアニメ絵本は秀作である。アメリカのドクター・スースの一連のアニメ化と通じるものがある。ドクター・スースの特に「ロラックス」が良い例か もしれない。テレビ版の普通のアニメは原作を読む前に見てもさほどの影響はなさそうに思える。少なくとも私にはそう思える。が、アニメ映画の「ロラックス おじさん」は違う。来年の夏に封切になるアニメ映画「ルドルフとイッパイアッテナ」と同じ対照関係かもしれないと思った。公式ホームページを一瞬見ただけ なのだが。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

スカパー10日間無料放送/行動を見透かされたような企画(笑)

スカパーから届く冊子に別冊が入っていた。「10日間無料放送徹底活用BOOK、計100チャンネル以上参加」 2015年9月19日(土曜日)〜28日(月曜日)だ。

冊子は数日遅れでやってきた。急いでBSアニマックスとカトゥーンネットワークの番組表に目を通して録画予約を入れた。子の大好きな「トムとジェリー」が一番多いので、目的(新しい英語番組の開拓)とはやや外れるが、新しい「トムとジェリー」は昔のよりも会話が多いことに気がついた。これなら、遊びながら見るのにちょうどよいかもしれない。

録画予約してみた番組
ルーニー・テューンズ・ショー
バッグス・バニー ショー
ピンクパンサー&パルズ
ミスター・ビーン

子が女の子なら迷わずこちらも録画する
マイ・フェア・マドレーヌ
マドレーヌとすてきな家族

10月からは、ドクター・スースのおはなし(主だったドクタースースの作品のアニメ、「帽子をかぶったネコ」「宇宙のはてのそのはて」「.ネコと気ままな旅」「森のローラックス」)やPEANUTS スヌーピー(ショートアニメ)も始まるらしい。スヌーピーは今年の春ごろに大々的に放送していた記憶がある。無料のこの期間に、よい手ごたえが得られれば、スカパーを解約しせずに、契約チャンネルだけを変更しようか、と思い始めた。

スカパーの無料放送は契約前に2週間、そして月に1〜2日くらいやっている。夏休みもやっていた記憶がある。使い慣れている人ならばとっくにご存知のことだろう。そういうときに、気になっているチャンネルを視聴すればよいのだ。が、予約録画をするのを忘れたり、気分的に番組表をじっくりと見ている状態でないことも多く、タイミングを逃してきた。この度は、ゆっくりと家で過ごすことに決めていた連休。スカパーを解約せずにこのまま英語の維持に活用できれば一番良い。スカパーを解約するタイミングを逃しそうだが、英語の持続のほうが大事だ。英語塾に行くのが一番なのだが、突出した語学的才能があるわけではない子の場合、語学は好きなものに直結させた方が伸びるのは間違いない。

子が本当は見たいディズニーDXはスカパープレミアムである。別途機材を用意する必要がある。今度、子が一番好きな「スターウォーズ反逆者」のシーズン2が始まるのだが、無料放送のDlifeで放送するまで待つことにしようかと思案中。また、せっかくスカパーを契約しているのだから、BSアニマックスやキッズステーションも本当は契約したい処なのだ(いちおう親心)。だが、どうにも見る時間がない。

小学生って忙しい。


※ちなみに、スカパーからの冊子はお断りすることもできる。ネットで情報を得ていれば十分である。が、今回のように、郵送で紙ベースで送られてきてようやく認識する、ということが最近増えてきた。



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語教養番組DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

怪談レストラン ナビ妖/いまどきの死生観って?

「怪談レストラン」(1996〜2007年)。学校では「かいけつゾロリ」シリーズに次いで人気のあるシリーズである。「かいけつゾロリ」もそうであるが、多すぎて母にはとうてい全部読めない。題名からして恐い。そもそも「かいけつゾロリ」よりも文字が小さくて文字数が多い。が、すべてにルビが振ってあるので、子は小1の最初、、、もしかしたらキンダーガーテンの頃から目をつけていて、小1になったら学校で読んでいた。時々小話を覚えていて、母に話してくれていた。しゃれたダジャレが多いと思った。

テレビ番組や映画、ゲームソフトにもなっているミリオンセラーのシリーズであるが、「怪談レストラン ナビ」というのがあるらしい。これが、このたび子が久しぶりに図書館から借りてきた1冊である。

無題.jpg

怪談レストランナビ 妖

新品価格 ¥720から (2015/9/19 12:47時点)


怪談レストラン ナビ」は童心社のHPによると、「これを読むと怪談レストラン(1)〜(50)巻がもっと楽しくなる!」なのだそうだ。要するにナビである。三冊出ている。

1、怪談レストラン ナビ 霊
2、怪談レストラン ナビ 魔
3、怪談レストラン ナビ 妖

巻末ページで3冊あることを知った子が、おもむろに言った。「3冊あるんだぁ(にま〜)。霊、魔、妖に分かれているんだねぇ(にまぁ〜にまぁ〜にまぁ〜)」

ここのところ「借りたいものが見当たらない」と、本から離れていた子が久しぶりに図書館から借りてきて、ランドセルを下すや否や座り込んで読み始めた。どれだけ好きなんだか。

母も初めて目を通してみた。学校にまつわる気の利いた怪談小話、料理に関するもの。それも、本当に食べられそうなおいしそうなものから、えぐいものまで、珠玉混合。お化けのブログ。そして、びっくりしたのだが、戦争にまつわるものも多かった。かなりきわどい、えぐい表現がしてある。そうなのだ。怪談はそもそも、何かの怨念の物語である。個人的な怨念は当然だが、戦争だって同じなのだ。それに気がついてハッとした。子どもたちに大人気のこのシリーズ。夢中で読んでいるその向こうに、子どもたちは何を見ているのだろうか?もしかしたら独特の死生観があるのかもしれない、と初めて思ったのだった。

よく考えてみれば、今大流行りの「妖怪ウォッチ」だって、死の香りがバリバリに漂っている。可愛らしいキャラクターによってかき消されているけれど、ジバニャンは交通事故の犠牲者、地縛霊だ。USAピョンに至っては実験によって殺された実験動物だ。厳密には妖怪と幽霊は違うらしい。そのへんを追いかけてしまうとどこぞの卒論の1篇くらいになりそうである。なので全てをはしょってひっくるめて考えるとして、ともかくも、「妖怪ウォッチ」も、今風の怪談なのかもしれない。

本編シリーズは1冊が140ページほどもある読み応えのある本である。これが50冊出ているのだ。大人が全部読み切るのは実際的ではないが、気になってきた。子が古本屋に行くたびに1冊、また1冊と厳選してねだって買いためたものだから、うちにもすでに7冊ほどある。これだけでも、読んでみようかな、と思ったのだった。

うちにある「怪談レストラン」シリーズ(参考までに)
 2、化け猫レストラン
13、あの世レストラン
20、地獄レストラン
26、心霊写真レストラン
32、死神レストラン
33、魔の森レストラン
50、真夜中の学校レストラン









にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 13:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

スカパー9月いっぱいを予定/番組内容が年齢に合わなくなってきた

今年の4月中旬に契約したスカパーを解約することにした。英語塾に行く代わりに英語でアニメを見ましょう、という企画のあれである。

契約しているのはディズニーチャンネル1チャンネルのみだ。月々1,069円程度なのだ。が、契約時に3,024円かかる。ので、解約してまた気が変わって契約したら、当然だがまたかかる。契約したままにしてカートゥーンネットワークにしようかとも思った。が、そこまでしてそそられる番組は見当たらなかったらしい。ならば気になっているディズニーDXはどうか。1〜2万円かけて機材を揃えてグレードアップしてディズニーDXにしようか。スターウォーズ反逆者たちカンフーパンダアルティメット・スパイダーマンディスク・ウォーズ・アベンジャーズ(これは日本語のみ)などを見たいらしい。が、一番の目当てであるスターウォーズ反逆者ディズニーチャンネルでも放送された。全部見てしまった。新しいのはまだディズニーDXでもやっていないらしい。アルティメット・スパイダーマンディスク・ウォーズ・アベンジャーズはBSのDlifeで見ている。今一番好きなフィニアスとファーブDlifeでも細々とだが放送している。

ディズニーDXのHPの番組表を子と一緒に見てあれこれと話し合った。そして、DXカンフーパンダが気になるけれどこれ以上見る暇がないことに気がついた。「確かにもういいかも」と言ってくれたのでスカパーそのものを止めることにした。短かったけれど、楽しい充実したディズニーチャンネル・ライフだった。主題歌を英語で一緒に歌ったりと、英語の維持、向上にもとてもよかった。この後はDlifeのみで細々と続けることになる。が、子ももう9歳だ。英語も維持するだけならば大丈夫ではないかな、と踏んでいる。

これ以上を望むなら語彙を増やすのを目的に対象年齢が戻るが、昨年の冬に買い集めた Cat in the Hat Knows A Lot About ThatシリーズのDVDを繰り返し流しておくのが良いような気もしている。

蛇足だけれど、子がディズニー(映画)大好きであったら契約したままにしておくことにしたと思う。また、女の子に楽しい番組が多いようにも思う。学園物のテレビドラマなどが沢山楽しめるのではないか、と思った。女の子を育てていないので、そんな風に思っただけだが。

また、うちに遊びに来る子のお友達を見ていると、同じく男の子で互いにとても仲が良いにも関わらず、それぞれに好みの番組が違うようである。ザ・ペンギンズ from マダガスカルはナンセンスで楽しいし、すすめ!オクトノーツは様々な魚などの生態が手に取るようにわかって面白い。

Dlife BSで無料で見ることが出来るチャンネル。こちら→ http://www.dlife.jp/

参考、過去記事
なんだかんだワンダー/英語塾の代わりにスカパー契約
キャット・イン・ザ・ハット、Knows A Lot About That!(テレビ番組)★リスト/DVD


英語アニメ&ドラマ、視聴番組の変遷(個人的記録と、参考になればということでリストアップ)

キンダーガーテン時代から好きだった英語のテレビアニメ
トムとジェリー(ほとんど会話がないけれど)
おさるのジョージ
ミッキーマウスクラブハウス

小3春から、ディズニーチャンネルでハマった番組
なんだかんだワンダー(ナンセンスギャグなのに(?)絵がめちゃめちゃアーティスティックで美しい。シーズン1のみ繰り返し放送している。シーズン2が待ち遠しい)
ブログ犬スタン(しゃべれる犬と暮らしたいらしい。)

小3夏から、ディズニーチャンネルでハマった番組
ティーンスパイK.C.(作品自体は20作以上あるらしいが放送が7話くらいで止まったまま/2015年9月現在)
マイルズのトゥモロー大作戦(途中で止まっている、新作放送2015年9月23日から再開予定)
フィニアスとファーブ(ミュージカル調でテンポが良い。作品自体は大量にある。繰り返し、放送されている)
スターウォーズ反逆者たち(2015年10月からテレビ東京で放送予定らしい(Wikiより))

小3夏から、Dlifeで見ている番組
フィニアスとファーブ
アルティメット・スパイダーマン(テレビ東京系でも放送中)
ディスク・ウォーズ・アベンジャーズ(テレビ東京の番組、日本語のみ)


ディズニー・ジュニア
小3春、とうとう卒業したらしい。

ディズニー・チャンネル
趣味的に見たいものが減ったらしい。

ディズニー・DX
小3夏、年齢的にも趣味的にも合うようにはなったらしい。

カートゥーンネットワーク
ルーニー・テューンズ・ショーガーフィールド・ショーにハマればよかったのだけれど、、、



なんだかんだワンダー
ブログ犬スタン
ティーンスパイK.C.
フィニアスとファーブ
スターウォーズ反逆者たち
アルティメット・スパイダーマン
ディスク・ウォーズ・アベンジャーズ


ザ・ペンギンズ from マダガスカル
すすめ!オクトノーツ


ルーニー・テューンズ・ショー
ガーフィールド・ショー

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語教養番組DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする