2015年06月22日

2回目の全国統一小学生テスト/結果が戻ってきた

あれは半年前のことだ。3連休の間延び防止に1回目を受けた。小2の秋だった。あれから半年。相変わらず学校の宿題には忠実な子。毎日自らやっ ている。が、あのころ家でやっていた「朝5分」シリーズのドリルはいつの間にか立ち消えた。ということで学校の宿題以外の家庭学習はゼロになってしまっ た。英語塾も辞めてしまったのだから、学校以外の学習すべてがゼロになってしまったことになる。もうね、親としては絶望的。

が、2回目のテストの結果を見てちょっとびっくりした。偏差値が上がっているじゃないですか。しかも、子が自分でも言っていたように、国語は最後まで丁寧に目を通せていたらしい。好成績である。

算数も一部は悪くない。

ん?おお?!おお!!!なんと、とんでもないことに気がつきました。


これ、3年の担任の先生の成績表だ?!


3年になって変わった優しい担任にえらく甘えているなぁとは思っていたのだが。しっかりと影響を受けている子であった。


担任の影響、モロ受け露呈。



さて、お決まりの入塾営業。

早ければ早いほど楽ですよ」 そうでしょうな。でもね、週一とはいえ週に2時間。小3が塾の机に座って勉強するの、どうだろう。
いろんな学校からお子さんが来ていて楽しいですよ そうなんだよね。そこ、魅力。
ゲーム感覚で計算力をアップします」 なるほどなぁ。それは楽しそうだ。子の学校ではそういうことは、やっていなさそうだし。

他にもいろいろおっしゃっていたけれど、忘れた。ともかくも、日常生活から勉強のようなものが立ち消えてしまった日々を過ごすようになって3か月。母の頭にも靄がかかってきていたのだ。それがすーっと消えていったのに気がついた。頭がすっきり。自分の世界に戻ってきたような身の軽い感覚を覚えた。

子の勉強の分野をコントロールし切れていない日々に軽いストレスを覚えていたことに気がついた。コントロールし切れていない割には、成績が下がっていなかったことにホッとしたのも事実だ。このままコントロールするのをやめて成り行きに任せるか、授業料を払って外部にコントロールをお願いするか。

人生の分かれ道?(←おおげさ?)

それとも、当初の予定通り小3の2月までは学校の宿題と読書だけでしのぐか。


そこで逃げ道を考えた。

夏季講習。

これだけならば、まだ正式な参戦ではない。

よいんではないか?

塾だって、あの塾(どの塾)がベストとは限らないのだ。小3の間に塾を選ぶ目を養っていくのも良いプランかもしれない。


が、

書道をどうしよう?

小3はたっぷり遊んでほしいし。

子の言う通り、1日24時間は、短すぎる。

やりたいことが多すぎる。

けっきょく、迷っていなかったことが迷いはじめ、悩ましさが増しただけの結果となったm(__)m。




         
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

タグ:テスト
posted by kaho at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中受、塾〜小4(2016-17) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする