2015年04月14日

なんだかんだワンダー/英語塾の代わりにスカパー契約

この春、とうとう英語塾を止めてしまった。もともと、キンダーガーテン卒業して以後、子の英語はいずれにしろ風前の灯火だったのだ。これからはハロウィーンパーティもクリスマスパーティも出席できないけど?いいのかな?と念を押したら、一瞬だけ考えた。が、英語塾に行くくらいなら我慢すると、即座に結論してしまった。あんなに大好きな2大パーティだったのに。英語塾にはそれ程行きたくないのか。それならまぁいいか、と母も思った。

代わりに、楽しみながら英語を学ぼうか。ということにした。ディズニーチャンネルである。子がハマった番組が「なんだかんだワンダー(Wander Over Yonder)」である。登場人物が極めて少ない。子の大好きな「トムとジェリー」並みである。

ワンダーは宇宙を守るヒーローである。青い馬のシルビア(「セオビア」「ソービア」だと子は言っていた)と相棒を組んでいる。そして子が言う。「ワンダーを追いかけまわす人の気持ちが少しはわかるよ。あんなに嫌われているのにワンダーはその人に抱き着くんだよ?!」と嬉しそうに言うのだ。それのどこがそんなに楽しいのか、もはや母にはさっぱりわからないm(__)m。

地デジで放映していた海外ドラマ「超能力ファミリー・サンダーマン」もそうだったが、間違って日本語で聞いても母はさっぱり理解できなかった。日本語で分からないのであれば、英語で聞いたってわかるわけがないm(__)m。そんな母を置き去りにしてゲラゲラと毎日テレビの前で笑いっぱなしの子である。

基本料金とチャンネル1つ分のスカパー料金を支払って子が英語で見始めた番組は、

なんだかんだワンダー
ブログ犬 スタン
ミッキーマウスクラブハウス
ザ・ペンギンズ from マダガスカル
ミッキーマウス(昔のアニメ、ショートショート)

ちょっと前に「クマのプーさん」をやっていた。真剣に見ていた。そのあとは「わんわん物語」。映画「E.T.」は見逃してしまったが、今週後半からは「トイ・ストーリー」1〜4の一挙放映が始まる。そのあとも4月は、

ティンカー・ベルとネバーランドの海賊船
ジャイアント・ベビー
くもりときどきミートボール
キッド
おさるのジョージ2/ゆかいな大冒険!
アヴァロン 千年の恋

と続く。どれもDVDやブルーレイで手に入れることを考えるようなラインアップだ。正直、見ている時間が取れるかどうかを気にした方がよさそうなほど、大量に放映される。


もちろん今までも地デジで見ていた

おさるのジョージ
トムとジェリー

も予約録画で大量に見るようになった。

最初は英語で見るのを嫌がっていた。が、2週間ほど続けたところ最近はこういうようになった。「もはや英語だろうが日本語だろうが、面白い番組は面白い。

言語の習得として、触れている時間数の合計はめやすになる。いろいろなことが言われているが、生まれてすぐにCDでかけ流しを始めたころに、時が満つるのを1万時間として計算してみたことがある。小学生になったら日本語に完全に移行してしまうリスクを考えた。強引に掛け流しが出来るのも子が6歳になるまでだろう。6年間で1万時間を超えるには。

ということで、1日少なくとも5時間はかけ流すようにした。5時間×365日×6年=10950時間である。順調に1日5時間以上、CTP絵本の音読も含めて、かけ流しをしながら子育てをしたのだ。が、わずか数年で、人生設計が狂った。子がフルタイムのキンダーガーテン生になってしまったのだ。平日は最低7時間、多い日は8時間、英語漬けの日々が始まったのだった。読み書きもスピーチも覚えた。先生が連発するライム(韻)がらみのジョークも歌もたくさん覚えて帰ってきた。が、子が英語を自由に操っているという雰囲気はあまり感じられなかった。キンダーガーテン卒業時に子が放った言葉も象徴的だった。「これで、英語とさようならだと思ったら嬉しくてたまらない。

そして小学校。子の言葉通り、子は生き生きとしてきた。あっという間に日本語の読み書きが自在になった。特に漢字が面白いらしい。読むだけならば大人の本の漢字も推測で読む。膨大な量の本を読み始めたのも、このブログの他の記事の通りである。一方、英語塾で習う簡単な英単語のほうは一向に覚えない。とくに書くのが進まない。発音通りにアルファベットを並べるだけ。それで正しいスペルになる単語もあるが、大抵は間違う。当たり前である。それでも一向に気にする様子がない。とにかく、英語に関しては無頓着で投げやりな態度を続けていた。

そんな子が、このたび英語に関して何かが突き抜けたような発言をしたわけだ。

聴こえてくる言語が英語だろうが日本語だろうが構わなくなる現象。留学経験者がよく言うことだが、私も経験した。旅行中に道端に座り込んでガイドブックを読んでいたときに、突然起きた(らしい)。ガイドブックを閉じて再び歩き始めた時、聞こえていた言葉が日本語ではないことに気が付いたのだった。

子は、「なんだかんだワンダー」を見ていて、この現象が起きたらしい。

おめでとう!


余談だが、

番組と番組の間の宣伝を見ていて子が言った。「映画『暗殺教室』も面白そうだけれど、『シンデレラ!』面白そうだよ!」

上記のようなドタバタ喜劇を好む子が「シンデレラ」とな?とわが耳を疑った。子がこともなげに続けて言う。「なんで、姉妹をいじめtないといけないの?変だよねぇ。」「ねぇ、シンデレラの『シンデ』って埃?灰?のことなんだってねぇ、、、」「レラっていう名前の子がいたら悲惨だよね。『シンデ・レラ』→『死んでレラ』。いじめだよねぇ、、、」

なんという発想をするの!と叱っておいた。が、それにしても本当に気にったようである。考えてみれば地デジで見ていた「ワンス」も好きだったのだから、納得できないわけではないが、、、。


まあ、そういうことでスカパーのディズニーチャンネルで英語のリスニングを代用することとなった。以前このブログの記事で大検討して購入した「キャット・イン・ザ・ハット」のシリーズ(こちらの記事→  キャット・イン・ザ・ハット、Knows A Lot About That!(テレビ番組)★リスト/DVD) などのほうがよほど教育的で教養に溢れる。が、まったく英語から離れてしまうリスクを考えると、ほどほどの妥協点と言えるのかもしれない。などと思っていたら何かを突き抜けてしまったのだから世の中、何が起きるかわからないものだ。

英語は一部の語学達者や語学マニアを除くと、一般人にとっては要するにツールである。高名な心理学者の皆さんや英語教育に携わる著名な方々の思惑とはかけ離れた使い方が、一般人にはある。自分が見たいものがたまたま英語だった場合など。もともと英語で作られたものならば、せっかくだから英語で楽しもう、というスタンスが一番である。

もうほどほどにトウの立った大人である母からみると、語学は情報を得るための手段でしかない。たかが手段、されど手段。別の言語が出来るから出来ることは実はかなり多いのだ。外国語を多少でも使う人は同意してくださると思う。つまり、これから子が何になるにせよ、立ちはだかるのは主に英語である。子はたまたま無理やりに英語漬けになった。だから、アルファベットで書かれた単語が当たり前のように読める状態を全く感謝していない。

感謝どころか英語に時間と労力を取られることを大迷惑と感じている。

小学校の間は無理としても、中学、高校と進むにつれて、少しは英語にまつわる世界情勢を理解するようになるのだろうか。実際に便利に使うようになってくれるのだろうか。子がどういう人生を歩むのか知らないが、そうなってくれるとよいと切に思う。

そう思いながら、これから始まるスカパーの支払いに思いをはせるのであった。たった1チャンネルしか契約していないのだけれど。高価な英語塾と比べてしまうと、まさに微々たる金額ではあるのだが。が、何かを一つ、人並みにやるようになった我が家、という感覚があるのだ。なんだか、楽しい。


子は面白い喜び方をした。「我が家もとうとうスカパーデビューですか?!」 万歳をしながら、そう言った。



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語教養番組DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛情の次にたいせつな子育てのルール/母の本棚から出して読んでいたよ

副題に「ドイツ流・子どもの心がわかる本」とある。アネッテ・カスト・ツァーン(Annette Kast‐Zahn)作、 古川 まり訳 。作者の、一瞬日本人かしら、と思うような柔和な顔写真が印象的だ。心理学士。「実生活でも3人の子を持つ母親。問題行動をとる子どもたちの施設や児童心理学の現場で働く」と書いてある。「3冊出版され、ドイツでベストセラーになっている」らしい。日本では平成13年(2001年)の発行だ。

育児休業中に読んだ本の中の1冊である。図書館で借りた本の中でも興味深かったものは改めて買っている。図書館で借りてから買ったのか、何らかのレビューを読んで買ったのか記憶にない。その頃に買った本の半分以上は処分してしまった。そんな中で手元に残った本である。子ども可愛さに目がくらんでいた頃に読んだこの本の示してくれた区別は印象的だった。

親がどんな心持で子どもと接しているとしても、子どもの方は一貫して「親の関心」「親の愛情」を少しでも得るために日々戦っているらしい。また、親から主導権を取って自分の好きなように親を振り回すことに最大の関心事があるらしい。

そんなこと、この本を読むまで知らなかった。

そういう子どもの行動とは、どんなものなのか?まずは、それを知らなければならない。そして、見分けがつくようになったら、次は対策である。

子どもに理解してほしいことは結構単純であることがわかる。まずは「親には育児以外にも用事がある」(本文のまま)ということである。考えてみれば当然なのだ。が、目に入れても痛くないほどかわいいわが子を前にすると頭からぶっ飛んでしまうことも多い。そういう親を街中で見かけることも多い。私もそんな親の一人であった。親が育児以外の用事をこなすためには、子どもに一定のルールを守ってもらう必要がある。暗黙の察しなど赤ちゃんに出来るわけもない。箇条書きに出来るくらいにクリアにしなければ、赤ちゃんや子どもに守ってもらうことは出来ない。また、ルールを明確化して徹底するためにはテクニックが必要である。言われてみればその通りである。なぜそのことに自分が気が付かなかったのか、不思議になるくらい当たり前のことが書かれている。

およそルールというものが苦手な私には苦痛を伴う側面もあったが、知らないままでいたら、今頃どんなことになっていたか。想像するだけでもゾッとする。

そんな内容の本なのだが、

沢山の事例と平易な文章で、とてもわかりやすく読み易い。表紙もとても好感の持てる装丁である。

ということで、

子が母の本棚から出して読んでいた。お風呂に入るように促しても動かない。「面白いんだよ!」と言う。どんなところが面白かったのかと問うてみた。すると楽しそうに言う。「2歳か3歳の子がね、お友達をぶっ叩くの。かみつくの。お友達のおもちゃを壊しちゃうの。」

ふーん。で、それの何がそんなに面白かったの?と重ねて問うた。すると、にーっと笑ってこう言った。「自分はあんなにひどくなかったなぁ〜って。」

母は吹き出した。なるほどなぁ。確かにそうだ。

お友達を叩くことも、かみつくことも、お友達のおもちゃを取ることさえも子はしたことがない。もともとそういうことを全くしないお子さんも多い。子ももともとしない子だったかもしれない。が、いずれにしろ全ては最初が肝心なのだ。初めてそういうことを「しそうになった」ときからNOを徹底するのである。「そういうことをしても何も良いことは起きない」ことを知り尽くしてもらうのだ。そのためにも、1度でも親が妥協しないことである。

0歳児や1歳児に何がわかるのだろうか?と思うだろうか?

そうなのだ。「赤ちゃんだから」「子供だから」ではなく「あなたはルールを守れる素晴らしい人間なのだ」というところから接することがこの本の最大のポイントであるようだ。

子もこの春、とうとう小学校3年生になった。子への意識を改める必要を感じる場面も増えてきた。育児のステージが変化したのかもしれない。

この本を私も再読しよう。子への接し方を改めて点検して、子は「素晴らしい(オーセンティックな)人間なのだ」という意識を自分の中に再構築しよう。そう思った。

愛情の次にたいせつな子育てのルール―ドイツ流・子どもの心がわかる本

中古価格 ¥109から (2015/4/14 10:09時点)



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村に参加しています。
バナーをクリックしていただけると、ブログ更新の励みになります(○^.^○)/
ブログパーツ

posted by kaho at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児書&教育書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする